天安からアンニョン

日々の思いや韓流情報などをエッセイ風に書きます。韓国からの発信です。

文大統領就任2か月_批判ちらほらと。

文在寅(ムン・ヂェイン)氏が新大統領となって2か月が過ぎたが、
その人気は依然として高い。腰の低い人間性が大衆の心をがっちりとつかんでいるといえるだろう。
ところで、最近、そんな文大統領のやり方に「ほんと、こんなんでええの?」という疑問符を投げ掛ける
視点もちょっとずつ出てきている。7月27日の朝鮮日報に載ったコラムの要約をご紹介したい。
ヤン・サンフン主筆のコラムで、なかなかポイントをついているようにわたしには思える。

まずは、「非正社員ゼロ」計画。
韓国の多くの会社は正社員よりも非正社員のほうが多いのだが、
文さんが大統領になって「非正社員ゼロ」計画を打ち上げた。
もちろん聞えはいいのだが、非正社員でしかやっていけない会社の事情というものがあるわけで、
そういう内容を慮っての措置ではなく、表面の結果だけをよくしようとする韓国独特の
持病(見てくれ主義)のようなものが端的に現れた格好であるという批判。

そして脱原発。これ自体はわたしも大賛成であるが、しかしやり方がちょっと強引すぎないか。
今建設中の新古里(シンゴリ)原発5号基、6号基の建設を中断してしまった。
すでに何千億円もの大金が投入されているうえに、現場で働いている人々の職場が
一朝にして失われてしまったのである。これは批難されても当然ではなかろうか。

さらに、最低賃金の一気の引き上げ。
2018年からは最低賃金は7530ウォン(日本円、約750円)となり、
ゆくゆくは時給1万ウォン(同、1000円)まであげるという。
これもなんとなく聞えはいいけど、町のコンビニなどの零細企業主からしてみれば、
こんなにあげられたら、経営者やってるより、アルバイトで働いたほうが儲かる、というほどなのだ。
時給7530ウォン時代でもやっていけないという経営者が続出しているなか、
これが1万ウォンとなると大部分のコンビニなどは倒産してしまうだろうと見られている。

大統領府(内閣府に相当)の人事にしても、国会の審査で過去の不正が明確なため
野党の議員らからの絶対反対があっても、大統領の権限で任命してしまう。
本来なら、野党からの反対が強い場合はその旨一度は斟酌し、
野党からもある程度合格点をもらえるような人を人事するのが普通なのだが、
強引に、一方的に、「大統領の命令」という形での人事となっている。
そういう暴挙が国防大臣や外務大臣をはじめ、その他数人の人事が絶対反対の中での
大統領命令という形での人事だった。

文さんは、一見腰が低そうに見えて、実はかなり頑固なタイプだ。
こういった批判が、日本の言論からの批判ではなく韓国内の言論からの批判である点、注目したい。
文さん(新政権)は、世の中というものをあまりにも甘く見すぎているんじゃないか
といいたくもなるこのごろだ。(ライブドアなども参照
http://news.livedoor.com/article/detail/13405310/

匠について _ 学生エッセイ80

学生エッセイシリーズは、韓国の日本語学科の学生らが書いた文章を紹介するコーナーです。
今回はその80回目で、女子学生 K M J さんの作品です。


<匠について>

  日本を説明できる単語はいろんなものがある。和や道(どう)など。その中で私の関心を引いたものは「匠」だった。日本は職人の国だと言われるほど職人精神が深い。韓国にはよく見られない文化なので、興味がわいた。
 日本の職人精神のもとは、江戸時代の「石門心學」から始まる。「石門心學」は仕事自体が修養という意味で、生産性と関係なく、もっと完璧なものを作ろうということ。そして、それ自体が孤高な人格修養の道ということだ。日本の匠の技は多様だ。北海道のシカ狩り、伊万里の陶磁器、吹田の扇など。
  一方、韓国の職人は危機に瀕している。韓国の青年たちは召命意識というより、年俸と落ち着きを追究するためだ。また、弟子を取れば自分の技を惜しみなく伝授する日本の職人と違って、韓国の職人はよく「嫁も知らない秘密」などといって、技の伝授には消極的だ。
 私たちはこれからずっと働きながら生きていく。私はその働きには確かにお金よりもっと深い意味があると思う。



<장인정신>
일본을 설명할 수 있는 단어는 和, 道 등 여러가지가 있다. 그 중에서 내 관심을 끈 것은 ‘匠’였다. 일본은 장인의 나라라고 할 정도로, 장인정신이 깊다. 한국에서는 잘 볼 수 없는 문화여서 그런지 흥미롭게 느껴졌다.
일본의 장인정신은 에도시대의 ‘石門心學’에서 시작되었다. ‘石門心學’는 일 자체가 수양이라는 의미로, 생산성보다 좀 더 완벽한 물건을 만드는 것에 초점을 둔다. 그리고 그 자체가 고고한 인격수양의 길이라고 말한다. 일본의 장인기술은 다양하다. 홋카이도의 사슴 사냥, 이마리의 도자기, 스이타의 부채 등.
반면에, 한국의 장인은 위기에 처해있다. 한국의 청년들은 소명의식이란 말보다 연봉과 안정성을 추구하기 때문이다. 또한 제자가 생기면 자신의 기술을 아끼지 않고 전수하는 일본의 장인과 달리, 한국의 장인은 흔히 ‘며느리도 모르는 비밀’이라며 기술 전수에 소극적이다.
우리는 앞으로 계속 일하면서 살아갈 것이다. 나는 그 일에는 분명 돈보다 좀 더 깊은 의미가 있을 것이라 생각한다.

広瀬隆さんの竹島、尖閣に対する観点

広瀬隆さんが2013年6月2日、福島市で公演されたビデオがありました。
テーマは【原発、福島・人権 そして憲法】です。(
http://hibi-zakkan.net/archives/27880186.html
時間的にはちょっと古いものですが、内容は今現在でもまったく新しい内容です。
尖閣と竹島のことがあまりにもわかりやすく述べられていますのでここに参考の意味で掲載させていただきます

**************************************ここから引用。
takeshima_senkaku.jpg

(27分くらいから。ビデオからの引用。)

尖閣は1894年8月1日から1895年4月17日までの日清戦争の間に日本領土に組み入れたものです。
竹島は1904年8月22日から1905年9月5日までの日露戦争の間に日本領土に組み入れたものです。
尖閣も竹島も、本来日本のものではありません。
じゃ中国や韓国のものか。
そうでもないのです。
地図を見ればすぐわかるように、
尖閣は台湾か琉球(沖縄)の間にあり、強いて言えばやはり台湾あるいは琉球のものとなるでしょう。
竹島も地図で見ればわかるように、韓国のものでもないし日本のものでもない。
なのになぜオレのものだとお互いに言い合うのか。
資源の問題があるからです。
解決方法は、尖閣も竹島もだれのものでもないとしたうえで、
資源は双方で分け合う。
この方法しか解決方法はない。

それから明治維新が1868年にはじまるでしょう。
そっからの歴史が大事なんですよ。
この1875年って、明治8年ですよ。
明治8年に日本軍が朝鮮に侵入してるんです。
明治維新のやつらがやったんですよ。
侵略はこっからはじまってるんです。
なぜこれを言いませんか、だれ一人。
おかしいですよ、日本に文化人一人でもいるのかって。
わたしが腹たつのは一番ここなんです。
そもそも「江華島事件」ってのを引き起こしていて、
朝鮮の鎖国を解くといってね。
自由にしてやると言いながら、そして日本軍が上陸していって、
王宮を占領したんでしょ。
これをやりはじめたんでしょ。明治すぐに。
そうして、1894年に日清戦争をはじめるわけですよ。
その日清戦争の間にですよ、1895年に尖閣諸島を日本領土に編入したんです。
日本の領土じゃないの!これ(尖閣)は。
戦争で取ったんです。
で、戦争の勝利の戦利品として台湾を植民地化したんでしょ。
ここのちがいわかるでしょ。だれがみたって。
台湾は日本が1945年に敗戦したら、台湾を返したでしょ。
尖閣諸島だって返さなきゃいけないんです、だれかに。
まず聞いてください。
そして、そのあとですね、日清戦争に勝って、
閔妃を暗殺してしまうんですからね。
王宮の実権者です、最高の実権者を殺しちゃうんです。
アメリカがイラクでやったことと同じことをやってるわけです。
ね、この当時。
そうしてこんどは何をやりましたか。
今度は、これ日露戦争です。
10年おきに戦争やってきてる。
1904年に韓国の外交権を剥奪するんです。
日露戦争をはじめるためにね。
そのなかで、竹島の領土編入を決定して、
そして満州に乗り込んでいって、
この同じ日(1905年2月22日)に、竹島を島根に編入したんです。
いいですか。
奉天を占領して、満州の支配を開始して、
そうして1905年に日露戦争に勝ったということでみなきちがいのように大喜びしたわけです。
そのあとなにしました?
同じ年ですよ、韓国を日本政府代表が支配して、
日本人の統監、これはのちの総督ですけれど、朝鮮総督ですよ、(これをおいて)
韓国支配を正式に開始して、そうしてほどなく日韓併合といって、
日本が韓国を併合して韓国を完全植民地化したんでしょ。
おんなじ過程で考えていけば、竹島だっておかしいんですよ。
戦争中のどさくさにまぎれて取っただけなんです。

やったのはだれかっていうことです。
当時の吉田松蔭なんいうのをみんなでもちあげてきている。
あんなばかなやつなんていないですよ。吉田松蔭なんて。
*****************************************************ここまで引用。**************

ビデオを見ていただくとおわかりですが、非常にわかりやすい解説をされてます。
だれが見ても納得です。むべなるかな、である。
広瀬さんの講演はだんだん熱をおびていきます。
これを聞くと、
竹島と尖閣が本来は日本のものではなかったということのようですね。
結論として、
竹島、尖閣ともに海底に資源があるならば、関係国が共同開発して利益をわけていくしかないと言っています。
日本人の立場からすれば、尖閣はちょっと手放すのがもったいない、という感じですが、
でも、天(神様)の立場からすれば、広瀬さんのおっしゃることが正論だと思います。
竹島を地下開発すれば、日本列島が沈み込んでしまうという記事をどっかで
読んだことがありますので、竹島はそっとしておいてほしい。
尖閣は、地下開発が進めば、日本、台湾、中国で分けていくことになるのでしょうか。

きょうのテーマは、竹島、尖閣の所有の問題よりも、
日本人の中に、このように客観的に論を進めることのできる人がいた、という驚きがブログ筆者としてのテーマです。
脱原発、反原発で有名な広瀬隆さんが、
日本の近代史にもこのように客観的で論理的で人道的な立場での見解をお持ちだったことに驚きを禁じ得ません。
吉田松蔭や松下村塾に対する観点は、各自のものがあってもいいかと思っています。

最近の広瀬隆さんの講演が下のサイトからご覧になれます。是非ご視聴のほど。

広瀬隆氏講演会 「日本の終わりは、年内の、目の前まで来ている!!」というテーマのもと、 
1.「福島のいまと岡山のこれからー第一部」 20170514 (1時間40分)
https://www.youtube.com/watch?v=L0TfZJ8ow4c
2.「福島のいまと岡山のこれからー第二部」 20170514 (1時間35分)
https://www.youtube.com/watch?v=JaJatNptL3o

【さようなら原発 米沢のつどい (第46回)】

sayonara_20170729_ Logo

Good-bye,NukeS !

さようなら原発 米沢のつどい (第46回) 20170729

映画「太陽の蓋」上映。

伝国の杜 2f会議室  7月29日(土) 14:00~ と 18:00~。 チケット:500円。

お問い合わせ:38-3072 (高橋寛)


「史上最悪の危機」を迎えた日、官邸内では何が起きていたのか。当時の閣僚たちが実名で登場する
究極のジャーナリスティック・エンターテインメント。

韓国、脱原発宣言

韓国は、文在寅(ムン・ヂェイン)大統領になってから、脱原発宣言という輝かしい歩みを始めた。

6月19日、文大統領は、釜山の機張郡(キヂャングン)というところにある古里(コリ)原発の
第1号機の永久停止記念行事に出席し、"原発新規建設計画を全面白紙化する"と語り、
脱原発時代を宣言した。
これと共に、新再生エネルギー産業を積極的に育成するという意志を改めて強調した。

これをうけて、20日のきょう、新再生エネルギー関連株が軒並み上昇している。
たとえば、20日午前9時14分現在、太陽光エネルギー会社・熊進エネルギー(7,010ウォン▲710 11.27%)は
6.34%(450ウォン)上がった7550ウォンで取引されている。
風力発電関連株シーエスのウインド(25,350ウォン▲1,150 4.75%)は、3.33%(850ウォン)上昇した1万6350ウォンで取引中だ。

これ以外にも太陽光企業であるシンソン・イ・エヌ・ジー(3,605ウォン▲50 1.41%)は6.23%、
太陽光モジュールを製造するエスエネルギー(8,450ウォン▲70 0.84%)が17.16%、
風力発電機の生産専門会社のコスダック会社ユニゾン(3,080ウォン▲270 9.61%)は12.63%急騰しているなど、
新再生エネルギー関連株があれもこれも上昇中だ。

脱原発をしてからの今後の具体的な歩みは、まだ明確ではない。
しかし今重要なことは、「まず」脱原発の宣言をすることである。

そういう意味では、新大統領は、確固たる脱原発の意志をもっているため、今後大きな期待ができるものと思われる。
日本は、この点でちょっと遅れをとってしまった格好だ。

しかし日本の各地で「さようなら原発」の運動が力強く行なわれている。
岐阜のブログ友の便りを見ても、活発になされているようだ。
草の根の人々に感謝の気持ちがふつふつと起こってくる次第だ。がんばれ、さよなら原発!、がんばれニッポン!。

« 新しい日記に行く  | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

treenamu

Author:treenamu
韓国在住の日本人で、山歩きやサッカー、リフティングなどが好きです。小説・随筆なども書いてます。鴨長明、ヘッセ、バルザック、モーム、チャンドラーなどが好きです。スローライフがモットーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

韓流 (94)
学生エッセイ (81)
ランの窓 (2)
心と体 (12)
韓国のジョーク (4)
ふるさと (55)
詩 (12)
釜山さむらい (6)
数学 (9)
サッカー (11)
筆者のエッセイ (28)
未分類 (31)

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索メニュー

RSS リンクの表示

リンク

이 블로그 링크에 추가하기

ブロとも申請フォーム

블로그친구신청

FC2Ad

Template by たけやん

動画ランキング