天安からアンニョン

日々の思いや韓流情報などをエッセイ風に書きます。韓国からの発信です。

金正男

北朝鮮の金正男が13日、テロに遭い死亡した。
金日成、金正日、ときて第三代目が今の金正恩(キム・ヂョンウン)であるが、
本来なら金正男が跡取りとなっているはずだった。
金正男が第三代目となっていたら、またちがった「北の形」になっていたであろうが、
それは勿論夢物語だ。

マレーシアはクアラルンプール。この空港の中で変にあった。
2001年頃、弟の金正恩によって第三代目の座を奪われたあとは、
叔父にあたる張成沢(ヂャン・ソンテク)が面倒をみていたらしいが、
この人も2013年にバズーカ砲のようなもので処刑されてしまった。
そのあとは、中国政府が金正男のめんどうをみていたらしいが、
この日は、警護はついていなかったようだ。
暗殺の危険性は常時あったはずであるが、なぜ金正男は一人で行動をしていたのであろうか。

北朝鮮の三代にわたる世襲制に対しても「反対だ」とはっきり言っていた人だ。
常に死と隣り合わせで暮していたわけだが、
このテロにより、永遠の世界へと旅立った。

金正男の息子と娘がいるのだが、彼らの行方も今現在わかっていないという。
おそらくどこかにひっそりと暮しているのであろうが、心配であることは心配である。

金正男は、金正恩に首領の座を奪われてからは、
「おれはなんとも思っていないよ」と語っていた。あの座に執着はないと。
だから正恩としても、正男を殺す必要はないのであるが、結果的にこうなってしまった。

実は、生い立ちの点で正男のほうがより「正統」なのだ。
長男であること、そして生母が正男のほうは純粋な朝鮮の人であるが、
正恩のほうは在日僑胞である点、この2点。
(朝鮮血統は白頭血統(ペクトゥ ヒョルトン)、日本血統は富士山血統(フジサン ヒョルトン)と言ったりする。)
この2点のせいで、正恩としては常に目の上のたんこぶ的存在だったのである。
できればいないでいてほしい、というのが現首領様の本音というわけだ。

これまで何度も正男暗殺が試みられてきたらしいが、すべて失敗していたようだ。
5回くらいは決定的な瞬間があったらしい。
どことなく人間的で親しみのもてた正男が暗殺されてしまい、
身内でもなんでもないんだけど、かなり悲しい思いがわが身を取り巻いている。

冥福を祈るばかりだ。。安らかに眠り給え。

【さようなら原発 米沢のつどい(第41回)】

facebook_com_20170122.jpg 



                                                  【さようなら原発 米沢のつどい(第41回)】


  学習会「これからますます増える小児甲状腺がん

  ○日時 2017年1月28日(土)14時~16時
  ○会場 アクティー米沢2F


 原発(核)事故による被害者は子どもも大人も甲状腺を含めて恒常的な低線量被曝の
(外部被がい・内部被がい)環境下に置かれ続けています。
  甲状腺がんの多発は、もはや論争の対象ではなくリアルな現実なのです。
検討委員会でも「多発」を認めざるを得なくなりました。ならばきちんと放射線の影響がないか検証しつつ、がんへの対応を早急に取り組むのが当然です。
  放射能被曝は、人間や社会がいかに無視しても消えるものではなく、命や健康被害、そして遺伝的影響という形で私たちをむしばんでいきます。『避難・保養・治療』の原則に立って放射能や被曝の警戒を緩めてはなりません。
  昨年(2016年)、10月13日には、「甲状腺検査の維持」を要望する請願が福島県議会で全会一致で
採択されました。県民の意思は「縮小ではなく拡充」だとはっきり示されました。
  小冊子(福島の甲状腺検診を縮小)をもとに「子どもと放射線がん」について学習会をひらきます。
情報等をもちより、みなさん是非ご参加して下さい。
 次回、2月のつどいは民間パワーを紹介する「災害時における民間の力」、「電力の小売り事業」ついて講演予定です。

  お問合せは tel 0238-21-0191(平和センターへ) 裏面もご覧ください。


邦人はどうなっちゃうの

韓国はチェ・スンシルゲート問題で今も落ち着かない日々をすごしている。
そんな中、釜山大使館の前に出現した少女像問題を受けて、
長嶺安政駐韓日本大使が1月9日、日本に帰国した。

日本人としては当然、あの少女像は目障りだ。
あんなものは早くとっぱらってほしい。

しかし、あの少女像は、民間団体が作って釜山大使館の前においたものだ。
韓国は、国としてはあの少女像には何もできないのだ。

日本政府がいくら声を張り上げて少女像の撤去を叫んでも、
韓国の民間団体が動いてくれなければ、少女像は撤去されないだろう。

韓国に対して抗議するのは日本としては当たり前とはいえる。
しかし、だからといって、「駐韓日本大使」を引き上げさせるというのはどういうことなのか。

大使というのは、邦人のために邦人を守るためにそれぞれの国に配置されている公務員だ。
大使を自国(日本)に引き上げさせる、これじゃ、残された邦人(わたしのようなもの)は
どうなるのだ。

有事の場合、最後まで残って邦人のために尽力し守りサポートしてあげたあと、
最後に引き上げるのが大使の役割ではないのか。

それを一等先に自国に帰る。
こんなことが当たり前のように行われているのは、どう考えてもおかしい。

韓国にはすでに数万人単位の日本人が住んでいる。
少女像問題が惹起されたからといって、
これらすべての日本人が危険に晒されることはないのだけれど、
日本政府のやりかたには、大きな疑問を感じた次第だ。

数年前のイ・ミョンバクのときにも一度同じことがあった。
政治的な問題が発生したとたん、駐韓大使を帰国させたのだ。
抗議の方法がまちがってんじゃないの。
今後同じような問題が生じた場合、
大使を帰国させるというやりかただけはやめてほしいものだ。
大使は最後まで残るべきだ。
命を張ってでも邦人を守る。それこそが大使としてのありかたではないのか。

鷹山とケネディ

アメリカの駐日大使は現在キャロライン・ケネディさんという59歳ほどのアメリカ女性だ。
もちろんご存じの方も多数いらっしゃると思うけど、ご存じない方もいらっしゃるはずだ。
筆者も知らなかった(韓国生活なので;;;;)。

久しぶりにふるさと・米沢のローカル新聞・米沢日報を見てみたら
このキャロライン・ブーヴィエ・ケネディ駐日米大使のことが出ていた。
このキャロラインさんが、あるとき
「父は上杉鷹山を尊敬しておりました」と発言したという。
この女性、その名前かえもわかるようにあの第35代アメリカ大統領ジョン・F・ケネディの実の娘(長女)である。
つまり、あのケネディ大統領が日頃から上杉鷹山のことを敬愛していたという話なのである。

わたしはジョン・F・ケネディが上杉鷹山のことを尊敬してやまなかったということは、昔なにかの記事で読んで知ってはいた。でもそんなことは人の話であり、さらにはどっかの記事の片隅にでていたことだったのでそれほど実感としてはなかった。でもやっぱりケネディは上杉鷹山をほんとうに尊敬していたんだ。実の娘が言うくらいなのだからこれはホンモノだろう。うれしさがふつふつとわいてきたことだった。

ケネディが何故日本人も知らないような人物の名前を知っていたのか。それはケネディ本人に聞いてみないとわからないことであるが、明治時代にすでに世に出ていた内村鑑三の英文での論文などを読んでいたからだと思われる。内村は明治の日本、新しい日本を外国に知らしめるために日本の文化や人物に対して盛んに英文での論文を出していた。そうした文章のどれかをケネディは読んでいたのであろう。大統領になるほどの人物はやはり目の付け所が人とは違う。

内村鑑三の作品は現在『代表的日本人』(岩波書店)などを通して読むことができる。この本は、内村が独断と偏見で(^^)それまでの日本人5人(西郷隆盛・上杉鷹山・二宮尊徳・中江藤樹・日蓮)を取り上げて叙述した文章である。そのなかの一人が上杉鷹山だ。この鷹山の部分を教科書としてわたしは現在大学である一つの授業をやっている。ふるさとの話を韓国人学生の前でやれるので、この授業は常にルンルンののりでやっている。もう10年以上もやっている。やりかたを少しずつ変えながらも教材はこの本だ。たまに学生が質問に来る。「ヨーザンというサムライは、市民の人たちに今でも影響を与えてますか?」といったものだ。「もちろん。今でも鷹山の影響はすごいものがあるよ」などとわたし。鷹山を学んで米沢を訪れたという学生もいる。(一人だけだけど)
米沢日報は、キャロラインさんを米沢にご招待しようという動きを紹介する内容となっている。

ps: 米沢日報: キャロライン駐日米大使からお便り (2013年の記事だった;;;)
         2014年9月27日、キャロライン・ケネディ駐日米大使は、上杉鷹山ゆかりの地・山形県米沢市
         を訪れた。こんな記事がネットではたくさん出ていた。;;;。2年以上も前の出来事だったの           
         だ。キャロラインさんは、2013年11月19日から駐日米大使として勤務している。


きょうはクリスマス・イブですね。
今夜はどんな夜になりますか。
ご夫婦で、恋人と、親と、友だちと、、、さまざまだと思います。
テロの現場で命の危険を感じながら過ごしている方々も多数いることを思うと
それほど心楽しいイブでもないのですが、
1年のマムリ(まとめ、韓国語)をしながらすばらしきよき年をお迎えください。

                    メリークリスマス&ハッピーNew Year!

韓国激震

本ブログは、なるべく政治的なことは書かないというコンセプトでやっている。
しかし今回は、慶州地震ならぬ「韓国激震」ということでアップする。
大統領「バク・クネ」地震ともいえる激震が韓国全土をおおっている。
毎週毎週、週末に100万、200万単位の市民デモが繰り広げられている。

こんなことは、筆者が韓国に来た1988年以来、はじめてのことである。
この「まじめ」な大統領が、なんでこんなことになってしまったのか。
ただただ驚くばかりである。

彼女(バク・クネ 朴槿惠)は、大統領になったとき、
自分には欲というものはない、ただ「大韓民国」と結婚した女だ、と語った。
その気持ちは今も同じだと思う。
彼女にはこれまでの大統領のように
何億、何十億、何千億と掠め取ってやろうなどというセコイ欲はない。
「大韓民国」を夫として仕えようという意志でもってこれまでやってきたと思う。
それは確かなのだが、一人の女のためにすべてを失おうとしている。

昔の記事をちょっと見てみよう。(別ブロ)。
バククネが大統領に就任した2013年2月当時は、
第18代大統領として彼女は「はじめての」が、6つも付く栄光に輝いている。
1.はじめての女性大統領。
2.はじめての独身大統領。
3.はじめての父娘大統領。
4.はじめての過半数得票の大統領。
5.はじめての理工系出身の大統領。
6.はじめてジンクスを破った大統領。
 (投票率が高いと野党に有利であるというジンクスをやぶり、75.8%という高い投票率にもかかわらず与党の彼女が当選した。)

といった記事を別のブログに書いている。
就任当時は、彼女にはかなり好意的だった。(ブログ筆者は。)

♦また、2013年2月25日のブログ(別ブロ)には 「大統領の就任式」と題して、
バク・クネ大統領の就任式の2013年2月25日には、ヨウィドの韓国・国会議事堂の広場で
就任式が開かれカンナムスタイルでおなじみの歌手「サイ」も参席してお祝いのムードを盛り上げた。
参席者は全部で6万人ほど。韓国人、外国人がだいたい半々ぐらい。
著名外国人としては、メルケルドイツ総理やタイの総理「インラク チナワット」なども来賓として出席した。
バク・クネ氏の人選は、すばらしいという評価は下されていない模様だ。
難航していて、どうもイマイチ ばしっといかないので、もどかしく感じている人も多いようだ。

といったことを筆者は書いている。
2013年、大統領就任当時は、このように筆者もかなり好意的だったのだ。
しかし、今、どうだ。

      バク・クネ、すぐに下野しろ。

の200万単位のデモだ。このように落ちぶれてしまうとは、誰が予想したろうか。

過去記事の就任式に関するブログでちょっと目がいくのは、
「バク・クネ氏の人選は、すばらしいという評価は下されていない。
難航していて、どうもイマイチ ばしっといかないので、もどかしく感じている人も多いようだ。」
と書いてある点だ。

いまから思えば、このときすでにバク・クネは、
あのチェ・スンシル(崔順實)のアドバイスを受けていたものと思われる。
バク・クネの人選は、最初のころからみんなが「えー???」と思うようなものばかりだった。
人の話を聞かないで、自分ひとりで決めてしまう、といった「批判」が多かったものだが、
それは、陰でチェ・スンシルの話だけを聞いていて、
国務総理の話や野党らの助言などにまったく耳を傾けない性向の表れであったのだ。

韓国激震のいちばんの本質は、
バク・クネという女性が、大統領という最も公人であるべき立場にありながら
私的な「親友」かなんか知らんけど、一私人にかしずき、
そういう一私人のアドバイスを頼りに国政を行っていた、というこの一点であると筆者は考える。

21世紀は確かに女性の時代であると思うのだが、
政治の面においては、(あるいは全ての面においてもそうかもしれないが)
女性だからなんでもOKというわけにはいかない、ということなのであろう。
血なまぐさい「男の論理」よりは、
ぽにゃぽにゃと柔らかい「女の論理」が重視されていくべきであることにはかわりないけど、
女が頭に立つとき、こういう事態も起こりうるものだという
非常に強烈な「反面教師」の役割を
バク・クネは演じてくれたものと思う。

きょう12月6日(火)、国会聴聞会があって、韓国の9個の大企業の総帥らが
国会に来て聴聞会を行うことになっている。
今午後3時だが、すでに行われているのだろう。
どのような回答がなされるのか、
全国民、注視だ。

« 新しい日記に行く  | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

treenamu

Author:treenamu
韓国在住の日本人で、山歩きやサッカー、リフティングなどが好きです。小説・随筆なども書いてます。鴨長明、ヘッセ、バルザック、モーム、チャンドラーなどが好きです。スローライフがモットーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

韓流 (89)
学生エッセイ (78)
ランの窓 (2)
心と体 (12)
韓国のジョーク (4)
ふるさと (51)
詩 (12)
釜山さむらい (6)
数学 (9)
サッカー (11)
筆者のエッセイ (28)
未分類 (30)

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索メニュー

RSS リンクの表示

リンク

이 블로그 링크에 추가하기

ブロとも申請フォーム

블로그친구신청

FC2Ad

Template by たけやん

動画ランキング