天安からアンニョン

日々の思いや韓流情報などをエッセイ風に書きます。韓国からの発信です。

ウェルエイジング(well-aging)

「10月の最後の夜」という歌が韓国にはあります。普通の歌謡曲です。
「シーウォル マジマク バム」という発音になります。
10月が終われば11月。
で、「11月の最後の夜」となれば寒くてどうしようもありません。
また、「9月の最後の夜」、といえばどうでしょう。
「8月の最後の夜」でも、「7月の最後の夜」でも、あまり変わりないような気がします。
つまり「10月」の最後の夜ということで、なにか独特の雰囲気が出てくるわけなんですが、
この感覚はわたしだけのことなんでしょうか。

「10月の最後の夜」にふさわしい、思索するひととき。
「死」について、また「生」について、あれこれ思索してみてはいかがでしょうか。

♦ここから引用♦

韓国にはまだ定着していないが、西洋には'死の学'という学問がある。
人生と死の意味について考え、死を尊厳ある態度で迎える対応方法を教える学問である。
死への準備教育は、米国や欧州など先進国では40年余り前から始まっており歴史が長い。
死に対する哲学的議論が活発で、高齢化によって老人が増え、自然にそうなったもののようだ。
'死の学'の学者フェイフェル(Feifel)の'死の意味(The Meaning of Death)'や
キューブラー=ロス(kübler-Ross)の'死と死んでいくこと(On Death and Dying)'という本が発刊され、
当時社会的に大きな反響を呼び起こしたことも「死の教育」の拡散に貢献した。

米国と欧州では1960年代から、日本では1970年代後半から死の教育が普及し始めており、
現在、死への準備教育が小・中・高校と大学の正規のカリキュラムに含まれているほど一般化している。
死の教育がこのように広がり、'死の学'という学問分野まで樹立された。

反面、韓国では西江(ソガン)大学や翰林(ハンリム)大学など、少数の大学が大学生たちのための教養科目として
死の教育講座を開設運営しているだけだ。

幸い、最近になって一部の大学病院と社会福祉館などが、福祉サービスと患者教育の一環として死への準備教育を実施し始め、一般人にも勉強の機会が生じている。'第2の人生' の目標を探せず放浪する引退生活者に、筆者は死への準備教育を一度受けてみるよう強く勧めたい。
死の教育を通じて人生の意味を改めて悟り、生活の満足度が上昇して死に対する不安が低くなる效果があるというのが学者たちの一致した意見だ。

結論的に言って、死に対する考え方や勉強は、引退後の生活の目的を探す重要な手がかりとなる。このような点で幸せな引退設計の最後は、'死に対する計画'と言える。このように、どう死ぬかに対する幸せな最期(well-dying)の計画がないなら、どう生きるかについてのウェルエイジング(well-aging、上品に老いていくこと)も完成されないという意味だ。

先日、韓国国内で上映された映画のうち、'エンディングノート(ending note)'という日本のドキュメンタリー映画があった。映画の中で、40年余りにわたるサラリーマン人生を終えて退職した男性の主人公は、引退をきっかけに第2の人生を準備しようとする。しかし偶然に受けた健康診断で癌の宣告を受けることになり衝撃をうける。その時彼は残り少ない人生の最後の時間、家族のために何ができるか悩み、自分のエンディングノートを書く場面が出てくる。

この映画の上映以降、日本ではエンディングノートを書くのが大きく流行したが、エンディングノートというのは、一言で言って死ぬ直前に自分がしなければならない事を書いたノートをいう。家族たちに良い思い出を残すために、何をして、これからも長い間生きていかねばならない家族の財政的な裏づけをどうするか。また、友達とはどのように別れるかを書いてみるのだ。このような点でエンディングノートは死ぬ前にやりたいことのリストを書いて見る'バケットリスト(bucket list)'とも似ている。

エンディングノートは遺言状とは違って、法的に何の拘束力もない。日記を書くように、軽く作成し、自分の老後と死について考えてみるのがエンディングノートの目的だ。エンディングノートとバケットリストの作成は、自分の死を後悔なしに迎えられるように手を差し伸べ、家族たちに良い思い出を残すようにしてくれるという点で、人生の終わりで一度やってみるのも無意味ではないだろう。

ホスピスの専門医である大津秀一氏は4年前、病床で死んでいく患者さんたちと最後の対話を交わしながら、彼らが、死の淵で残した言葉を整理して本として発行した。日本と韓国で100万冊以上が売れたこのベストセラーの名前は『死ぬときに後悔すること25』だ。

本当にしたいことをしながら夢をつかもうと努力しなかったこと、
普段余暇を謳歌しながら行って見たい所に旅行に行っていなかったこと、
愛する家族や友達に自分の心を文章や言葉で表現していなかったこと、
もっと謙虚に人生を送っていなかったこと、
健康をもっと大事にしていたなら、
神の教えをあらかじめ知っていたなら…などなど。

ここに概観したように、末期患者たちが語る人生の後悔の数々は、我々が直ちに実践に移すことができる小さな行動だ。死ぬときにこのような後悔をしない生を生きるのが、まさに'ウェルエイジング(well-aging)'ではないかと思う。死を目前にした患者たちが吐露した '後悔する25の過ち' は以下の通りである。

ㆍ1番目の後悔: 愛する人に感謝していたら
ㆍ2番目の後悔: 本当にしたい仕事をしていたら
ㆍ3番目の後悔: 少しだけもっと謙遜だったら
ㆍ4番目の後悔: 親切を施していたなら
ㆍ5番目の後悔: 悪いことをしなければ
ㆍ6番目の後悔: 夢を見てその夢をつかもうと努力していたら
ㆍ7番目の後悔: 感情に振り回されなかったら
ㆍ8番目の後悔: 会いたい人を会ったら
ㆍ9番目の後悔: 記憶に残る恋愛をしたなら
ㆍ10番目後悔: 死ぬほど仕事ばかりしなかったら

ㆍ11番目の後悔: 行きたいところに旅に出ていたら
ㆍ12番目後悔: 私が生きた証を残していたら・・・
ㆍ13番目の後悔: 生と死の意味を真剣に考えたら
ㆍ14回目の後悔: 故郷を訪ねてみたら
ㆍ15番目の後悔: おいしい料理をたくさん味わっていたら
ㆍ16番目の後悔: 結婚をしていたら
ㆍ17番目の後悔: 子どもがあったら
ㆍ18番目の後悔: 子どもを婚姻させておいたら…
ㆍ19番目の後悔: 遺産を予め念頭に置いておいたら…
ㆍ20番目の後悔: 自分の葬式を考えていたら
ㆍ21番目の後悔: 健康を大事にしていたら
ㆍ22番目の後悔: もっと早くタバコをやめたら
ㆍ23番目の後悔: 健康な時最後の意思を明らかにしておいたら
ㆍ24番目の後悔: 治療の意味を真剣に考えたら
ㆍ25番目の後悔: 神の教えを知っていたら

人は死ぬときに最も率直になって真実な心を持つ。
病室で最後の人生を整理しするがん患者らが、心の中から切々と吐露する人生の心残りは、我々に有効な人生の警告だ。
生きている生前の今、心に留めてみてはいかがだろうか?
特に人生の後半戦に突入した人たちに末期患者たちが語る人生の警告は、
'エンディングノート'を整理することにも大きく役立つことになろう。

典拠:http://premium.chosun.com/site/data/html_dir/2014/10/12/2014101200939.html?csmain
ソン・ヤンミン教授が朝鮮日報に「100歳時代、引退大辞典」というコラムを連載していて
上はその23回目の記事です。

♦ここまで引用♦

光奈 広大さんのすばらしいブログ(自由人のカルマ・ヨガ ノート)の2014.09.23号(と10.15号)に似たテーマですが、もっと深い内容があります。
アドレス:
http://mitsunakoudai.blog.fc2.com/page-1.html 究極のリスト
ご参考まで。

筆者が光奈広大さんのブログ(2014年9月23日号)で非常に心に残ったのは、
『自分の心を守りましょう』(伊勢白山道著)という本にある内容としながら、
死ぬ前ではなくて「死後」の話――として紹介している内容です。

1.死んでみて、誰も悪くなかったことが分かった
2.人生で、あんなくよくよ悩まなければよかった
3.他人が自分のことをどう思うかなんて、気にしなければよかった
4.もっと他人に親切にして、励ますだけでもすればよかった
5.生きている時に、あんなに心配しなければよかった
6.他人の言葉より、もっと自分の思いを信じればよかった
7.一瞬一瞬をもっと大切に生きればよかった
8.他人と言い争いなどしなければよかった
9.もっと他人のために、何でも尽くせばよかった
10.もっと自分自身を大切に扱えばよかった

光奈広大さんのことばで簡潔にまとめられた10項目は、生きるうえでの指針として大きな力を持つものと思えます。2,3,4,5 あたりは、わたくしにはジーンときました。胃の腑の奥までズシーンと響きました。1の「死んでみて、誰も悪くなかったことが分かった」は、この境地になるまでまだまだだな、と感じました


ところで、本文中にある「エンディングノート」。
日本で2011年10月1日に封切となった映画のようですね。
映画のオフィシャルサイトで評を見てみると、
「観た見た! 泣いてるじぶんが笑いだし、笑うじぶんがしゃくりあげる。いやぁ、21世紀のすばらしい落語を呼吸した思い、いろいろ言わずに、100点をあげたい。」とか「自分の最期を見る思い、私もまたこのようにハッピーに死にたい。いい娘だなあ。」といったコメントがあります。自分の父の最期をしっかりと見つめる娘さんのパワーがかなりすごいようです。

終活という造語が使われてますが、なかなか笑わせますね、このことば。
ヤングは就活、ロートルは終活ですか。
蓋し名言、含蓄のあることばだと思います。
ウェルエイジング(よりよく生きる)のためにはよき終活が必須です。

次のことばできょうのブログを締めたいと思います。
「生とともに死はあり、死とともに生はある」。。。(同じことを誰かさんが言っていたらスイマセン)。



イスがタバコよりも悪?

長い時間座って働くことの弊害を知らせる記事です。
わたしたちは、一日のうちかなり長い時間、座ったままでいるんじゃないだろうか。
この「座る」が、体にはかなり悪いことが指摘されてきています。

♦ここから引用♦

最近、米国では'「座る」との戦争'を宣言するサラリーマンが増えている。
別に運動すると言っても椅子に座っている時間が長ければ、健康を害する恐れがあるという研究結果が相次いで出ているためだ。
9月2日、米国の時事週刊誌タイムは '座るのが私を殺している' という記事で長く座っていたら、心臓疾患、糖尿病、肥満、高血圧の可能性が高くなると報道した。

タイムは "一日の活動量とがん発生率との関係を分析した最近の研究43件を調べた結果、1日に座っている時間が長いほど、結腸癌にかかる可能性は24%、子宮ガンは32%、肺がんは21%
増えるものとわかった"、そして "これは別途に運動をどのくらいするのかと関係なく現れた" と報道した。

また、普段運動を一生懸命やっても座っている時間が長ければ運動效果は下がるという研究結果も紹介した。

'座るのは新たな喫煙' '喫煙より悪い「座ること」'という言葉も出ている。

職場に行くと、一日中座って仕事をする米国の会社員たちも事務室で椅子を避けるようになっている。立って働く 'スタンディングオフィス(standing office)' が増えている。

タイムは "一日中ほとんどを座って仕事をする人は300カロリーを消耗するだけだが、立って動くカフェバリスタは1300カロリーを使う" と伝えた。

グーグルなどシリコンバレーの先端企業から始められたという 'スタンディングオフィス' はもう米国内での各種の会社、大学にまで拡大されている。机用のランニングマシーンにも登場した。
高さ調節机の下にランニング・マシーンが置かれており、歩いたり走ったりしながら仕事ができるように考案された製品だ。価格は1500ドル(156万ウォン)程度。

'スタンディングオフィス' は最近、韓国にも上陸した。
釜山ベンチャー企業 'スマートソーシャル' 社員らはすでに8か月も立って働いているという。
腰ディスクで苦労していた李スンウ(35)課長は
"立って働けば腰に良いという話を聞いてやってみたら効果があった"と語る彼は、一日5時間は立って、3時間は座って勤務している。
ソウル大学健康運動科学研究室ヂョン・テウォン教授は
"立って働けば脳活動を促進する物質の分泌が活性化され、業務効率が高まるという研究結果が出ている"、"今後、韓国の事務室の風景もかなり変わるだろう" と話した。

出典:
朝鮮日報  http://premium.chosun.com/site/data/html_dir/2014/09/19/2014091902571.html?csmain

♦ここまで引用♦

仕事をするときは座っていても、あとで別に運動しているから大丈夫、と考える人が多いと思う。
けど、それがあんまり大丈夫じゃないみたいだ。
立って仕事をするにはそれなりの準備が必要だから、すぐにできない人も多いだろう。
なるべく歩き、なるべく立って一日を過ごすようにこころがけたいものだ。

薬が病気を作る?

今年、血圧の基準値(上)が、120くらいから150くらいに変更されるなど、
薬をめぐる論争はあとを絶たない。

製薬会社から学会にお金が流れたり、お願いが流れたりして
「基準値を110くらいにしてほしい」となれば、
薬を飲む人が圧倒的に増えるのだから、製薬会社はぼろ儲けということになる。

すべての製薬会社がこうだとは言えないまでも、かなりの部分、
こんな構造になっているんじゃないかと 思わせられる報道がけっこうある。

今回は薬剤師が教える薬の危険ということで、大いに参考になるような内容だ。
そもそも人間というやつは、自分で病気を治す力を持っているわけであって、
薬で治すというのは、ある意味、邪道であるようにも思える。

(韓国で)わたしの近くに住むある医者は、「食べ物と運動で治せない病気はない」とまで言う。
それも過大表現かもしれないけれど、
それくらいに、本来は自分の体は自分で治れる構造になっていると思うのだ。

♦ここから引用♦
薬が病気を作る?薬剤師が教える薬の危険 抗うつ剤を飲むとうつ症状に、自殺や他害行為も   「Thinkstock」より

「週刊東洋経済」(東洋経済新報社/9月13日号)は『飲む前に知る! クスリの裏側』という特集を組んでいる。
「普段何げなく服用している薬は本当に必要なのだろうか。安全なのだろうか。
相次ぐ不祥事で製薬業界の信頼が揺らぐ中、本当に必要な知識を身に付けたい」という内容だ。
2014年4月に日本人間ドック学会などが発表した新たな「基準値」
(「新たな健診の基本検査の基準範囲」)は、
正常とされる血圧の数値は「上の値は129まで、下の値は84まで」だったのものを
「上の値は147まで、下の値は94まで」とするなど、
大きく緩和されたものとなった。
この背景には、薬剤費を抑えたい政府の意向があったのではないかと業界関係者は見ている。

世界第2位のノバルティスファーマ、国内最大手の武田薬品、製薬会社による臨床研究の
不正や疑惑が次々と噴出する中、
医師も製薬会社のもくろみに加担し、持ちつ持たれつの関係であることが明らかになり、
業界の信頼は失墜している。

「業界全体として、悪事を働いているという認識が薄かった。明らかになっていない不正が
他にもあるはず」と大手製薬幹部(特集記事より)

「高血圧は薬で下げるな」「薬剤師は薬を飲まない」などといった、薬や医療の不必要性を
論じる本が売れているという。
普段、何げなく飲んでいた薬に、多くの人が疑わしい気持ちを抱き始めている現状を表している。

・薬が病気を作る
今回知っておきたいのは、特集記事『「薬が病気を作る」は本当だった!』だ。
薬漬けの医療に疑問を感じ、13年12月に『薬剤師は薬を飲まない』(廣済堂出版)を上梓した薬剤師・宇多川久美子氏による記事だ。

病院は、病気と診察すれば薬を出そうとする。それが、単なる風邪であってもだ。
「よくあるのは、医師による“3分診療”の後、抗生剤、せき止め、鼻炎、解熱剤……と
4~5種類の薬を出されるパターンだ。
(略)せき、鼻水、熱といった症状を速やかに抑えるのに薬は効果的だ。
しかし、薬はあくまで対症的に鼻水を止め、せきを止め、熱を下げるだけだ。
(略)風邪薬は、症状を生んでいる原因を撃退してはくれない。
風邪に伴う症状は、ウイルスと闘い排除しようとしている自らの免疫反応。
(略)となると、風邪をひいたときにすべきことは、安易に薬を飲んで症状を抑えることではない。
ウイルスという敵と闘っている体をフルサポートすることだ」(同記事より)

つまり、一般的な風邪の際には薬ではなく、「体を冷やさないようにして早めに寝て、十分な睡眠」を取ることが重要なのだ。
これからの季節、注意したい。

なお、インフルエンザも高熱が出るのは、
「それだけ体温を上げることで免疫力を活性化しているから」で、
「インフルエンザは自然治癒する感染症である」というのが世界の常識だという。

「病気はその原因により、2種類に分けることができる。
(1)インフルエンザのようにウイルスや細菌などが原因の伝染病・感染症や、急性の症状の病気。
(2)糖尿病や高血圧、高脂血症などのように生活習慣の乱れや加齢が原因となっている慢性的な病気。
私たちはこれらのどちらも『病気』という同じ概念でとらえ、病気になったら薬を飲んで治してしまおう、と考えがちだ。
しかし(1)と(2)は薬の果たす役割に大きな違いがある」(同記事より)

(1)の急性症状に対する薬は感染を止め、症状を一時的に抑えるもので、完治した時点でその薬がいらなくなるという特徴がある。一方で、
(2)の慢性的な病気に対しては体に現れている症状を抑えるだけの効果しかない。
これらの病気の多くが病気を生じさせる習慣を積み重ねてきた原因は患者そのものにあり、
本当の意味で治療するには、「病気の原因である生活習慣を改める以外に道はない」のだ。

・薬剤師を活用して生活習慣の見直しを
しかし、生活習慣病の患者が今飲んでいる薬を専門家の相談なしに突然やめてしまうことは危険だ。
この場合、薬剤師を活用するのがいいという。

「薬剤師は、薬学的疑問を抱いたり患者から申し出があった場合、医師に処方箋の内容を問い合わせる『疑義照会』をすることができる。
(略)(2013年度の調査では)疑義照会により、年間82億円もの薬剤費が削減されたという」(同記事より)

さらに、「薬のほとんどは合成物であり、体にとっては『異物』。(略)主作用の陰で、体に別の作用がもたらされている」(同)、
つまり多かれ少なかれ副作用があることも知らねばならない。

例えば、抗うつ剤。抗うつ剤の副作用は「うつ症状」なのだという。
「現在、抗うつ剤の主流はSSRIやSNRIといった薬で、
脳内で不足しがちになるとされるセロトニンやノルアドレナリンの再取り込みを阻害し、
脳内にたまりやすくする。
セロトニンは安らぎや幸福感を、ノルアドレナリンはやる気や自信を与える神経伝達物質だ。
ところが、これらの抗うつ剤の一番の副作用は『うつ症状』なのだ。
薬の添付文書には自殺願望が高まることがあるといった注釈がついている。
人に暴力を振るうなど、他害行為を招く作用があることもわかってきている」(同記事より)

抗うつ剤の副作用でうつ症状を生むとは……本末転倒もいいところだ。

病気に対しては薬よりも生活習慣を見直し、自然治癒するのが基本であることを再認識させられた。
健康もカネで買えると思っているフシがある日本人にとっては、考えさせられる特集だ。

出典:ビジネスジャーナル http://news.livedoor.com/article/detail/9261811/


♦ここまで引用♦

本文にもあるけど、薬はほとんどが合成物であり、体にとっては「異物」。
多かれ少なかれ副作用があることは当然。
化学合成で作られた薬が必要のこともあろうけど、
できれば自分の体は自分の回復力で治したいものだ。


和顔施 _ 痛快!より(3)

「痛快!サルもできるツボ療法」というメルマガを愛読してるんですが、
ここにあったことばです。心にひびくものがあって、ご紹介します。
             (3月23日に続き、3回目のご紹介となります。)

笑顔が一つの「行」として認められるほど重要なことらしい。
笑うことは、自分にもいいし他人にもいいものだ。それは知っていたけど、
「行」になるほど重要なものであるとは知らなかった。
おもしろいのでご紹介します。

♦以下、引用♦

夕方近く、生後8ヶ月の孫をだっこして農協の直売場に入った。
お客は少なく、店員は疲れきった表情で黙々と商品を棚に並べていた。
愛想のいい孫は、直売所の店員のそばを通りかかって目が合うと、ニコッと無邪気に笑って答えていた。
無愛想気味だったレジの店員にも笑顔を振りまき、直売場全体に明るい空気がながれ、
孫が“天使”のように感じた。

和やかな笑顔(和顔)は、人を幸せにする布施行のひとつで、それを仏教では“和顔施”と云っている。
本来、“布を施す”と書く“布施”は、僧侶(インド)が、蚊や虫、暑さなどから身を守るために
巻いていた黄色い布を、信者たちがその布を施すことから“布施”という言葉が生まれたそうだ。
しかし今では、布施というとお金やものを寺や僧侶に施すことがほとんどとなってしまったが、
お金やものを持っていない人でも子どもでもできるのが「無財の七施」の一番目“和顔施”なのだ。

そして笑顔(和顔施)は、相手も自分自身も癒され(自利利他)、
「苦しみ」「怒り」「不安」「疲れ」も消え去って生きる力の元ともなっている。

          メルマガ「痛快!サルもできるツボ療法 2014/04/20 第458号」より。



韓国人の疾病の特徴は?

24万人を対象に10年以上追跡調査した結果がでました。
KBSのニュースからです。

♦ここから引用♦
<アンカーコメント>
保健当局が国民24万人を対象に10年以上収集した疫学情報を分析し、
韓国人疾病の特徴的な現象を見つけました。
どんな調査結果が出たのでしょうか。

<レポート>                                     0403chirbyong.jpg                           
50代半ば夫婦の寝ている姿です。
夫のすごいいびきに奥さんは眠りを妨げられ、最終的に他の部屋に行きます。

京畿道安山の中年夫婦500組を4年間追跡調査した結果、
睡眠障害があれば配偶者に対する不満足が2倍高くなることがわかりました。
同じ地域の成人1000人を対象とした血液検査では、
血清中のビタミンD濃度が低ければ、
非アルコール性の脂肪肝リスクが3倍高いこともわかりました。

女性で肥満で喫煙者であれば、首の痛みの危険が高く、
食べ物をバランスよく食べれば代謝症候群の危険が低いという分析もでました。
保健当局が、特定の地域24万人の健康検診の記録などを10年以上追跡した結果です。

シン・チョル(高麗大学安山病院の人間遺伝体研究所)所長の話:
         「韓国人だけが持つ生活習慣、環境的要因、
           遺伝子が西洋人とは明らかに違うということができます」


韓国人ゲノム疫学調査資料を活用した論文は230本以上です。
このような大規模な疫学情報は、
糖尿病や高血圧など韓国人に多い慢性疾患の特徴を把握するのに役立つものと
期待されます。

  出典:KBS http://www.kbs.co.kr/



♦ここまで引用♦


「夫のすごいいびきに奥さんは眠りを妨げられ、最終的に他の部屋に行きます。」

という部分がありますが、韓国では夫婦はいっしょに寝ることが多いです。
年をとって、70代、80代になるとそれぞれ別々に寝る
ということもかなり増えてきますが、
新婚からずっと、基本的には夫婦いっしょに寝ます。
(わが夫婦もしかり。ちなみに妻は韓国女性)。

みなさんのところは、いかがですか^^。



« 新しい日記に行く  | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

treenamu

Author:treenamu
韓国在住の日本人で、山歩きやサッカー、リフティングなどが好きです。小説・随筆なども書いてます。鴨長明、ヘッセ、バルザック、モーム、チャンドラーなどが好きです。スローライフがモットーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

韓流 (91)
学生エッセイ (79)
ランの窓 (2)
心と体 (12)
韓国のジョーク (4)
ふるさと (52)
詩 (12)
釜山さむらい (6)
数学 (9)
サッカー (11)
筆者のエッセイ (28)
未分類 (30)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索メニュー

RSS リンクの表示

リンク

이 블로그 링크에 추가하기

ブロとも申請フォーム

블로그친구신청

FC2Ad

Template by たけやん

動画ランキング