天安からアンニョン

日々の思いや韓流情報などをエッセイ風に書きます。韓国からの発信です。

上杉鷹山(3)

米沢は、わがふるさと。
米沢といえば、やはりこの人、 「上杉鷹山」(うえすぎようざん)のことを
ご紹介するシリーズです。
わたしのオリジナルの文章ではなくて、
内村鑑三著『代表的日本人』という岩波文庫の本の中から、
抜粋してアップしたいと思います。
内村鑑三の文章のリズムも味わっていただければ幸いです。



上杉鷹山その(3)です。 3月25日ブログ上杉鷹山(2) の続きです。


    鷹山が藩主になったときには、上杉家は、十五万石の大名でありながら、昔のままの百万石の家臣を抱え、当時の慣習やしきたりをことごとく踏襲していたのです。したがって、新領では藩の維持が難しく、負債は何百万両にものぼりました。税とその厳しい取り立てにより住民は土地を追われて減り、貧困が全領を覆ったと聞いても不思議に思いません。米沢は羽前の南部に位置し、海岸はなく、土地の産出力と自然の資源の面では、日本でかなり悪いほうでした。万事がそういう事情のため、希望は絶え果て、藩の崩壊とその藩に支えられている住民の破産は、遠からず必至とみられていました。藩の総力をあげても五両の金を工面できない状態が、たびたびありました。これを聞けば、藩全体のおちいっていた深刻さがよくわかるでしょう。10万余りの住民をかかえ、750平方マイルの領地を所有する大名としては、およそ信じがたいような極貧状態でした。少年の鷹山がまずなすべき仕事は、この状態に歯止めをかけ、少しでも我慢のできるまで回復させることでした。そして、もし守護神春日明神が、さらに加護を与えるようならば、領地を、いにしえの聖賢のいう理想国に作り上げることでした。

    藩主の地位に就いてから2年後、鷹山は、はじめて自領の米沢に足を踏み入れました。それは晩秋のことで、ただでさえ悲哀のたちこめる状態であるところへ、「自然」がさらにもの悲しさを添えていました。行列が、荒れ果てた、だれ顧みるものもないさびれた村を、一つまた一つ通るたびに、目の前に展開する光景を見て、多感な年若き藩主の心は深い衝撃を受けました。乗り物のなかで、鷹山が、自分の前にある火鉢の炭を一生懸命に吹いている姿を、供の家来が見かけたのは、そのときでありました。家来の一人が、

 「よい火をお持ちしましょう」

と申しました。                     


                                           ここまで上杉鷹山(3)。『代表的日本人』(内村鑑三)より


スポンサーサイト

コメント

鷹山のエピソードの中では、上の部分が一番
印象的な場面かもしれません。

童門冬二の代表作
『小説上杉鷹山』 (学陽書房 1983) 
が韓国語に翻訳されてこちらで出版されています。

そのタイトルは「上杉鷹山」ではなくて
『불씨』となっています。この「불씨」というのは、
発音は「ブルシ」で、意味は「火種」とか「熾き火」
といった意味です。

つまり韓国語訳を試みた翻訳家は、
「上杉鷹山」エピソードの中で、上掲の部分を
一番の出来事と感じ、韓国版のタイトルをつけたものと
思われます。

ちなみに、上掲の「火種」は、その後米沢藩で
藩が終わるときまで消え絶やさずずっと継ぎ火をして
保存していったということです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://cheonan.blog.fc2.com/tb.php/96-7f1eea33

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

treenamu

Author:treenamu
韓国在住の日本人で、山歩きやサッカー、リフティングなどが好きです。小説・随筆なども書いてます。鴨長明、ヘッセ、バルザック、モーム、チャンドラーなどが好きです。スローライフがモットーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

韓流 (91)
学生エッセイ (79)
ランの窓 (2)
心と体 (12)
韓国のジョーク (4)
ふるさと (52)
詩 (12)
釜山さむらい (6)
数学 (9)
サッカー (11)
筆者のエッセイ (28)
未分類 (30)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索メニュー

RSS リンクの表示

リンク

이 블로그 링크에 추가하기

ブロとも申請フォーム

블로그친구신청

FC2Ad

Template by たけやん

動画ランキング