天安からアンニョン

日々の思いや韓流情報などをエッセイ風に書きます。韓国からの発信です。

素数って不思議でしゅ(3) _ 数学の話題004

素数について。

先日(2/15)書いた文章のことですが、
意味がよくわからない、というメールもありました。

もう一度書いてみます。

任意の数とその数の2倍の間に素数がかならず存在する」(A)

という定理があるとお知らせしました。

このことをもう一度、考えてみます。

任意の数、などと書いただけでもういやになってしまうかもしれませんが、
ちょっとだけおつきあいいただけるとありがたいです。

任意の数として「2」考えてみます。するとその2倍は「4」です。
ですから(A)の意味は、「2と4の間に素数がある」ということになります。
2と4の間は3だけしかありませんが、この3が素数です。
つまり、(A)は本当だ、ということになります。

任意の数として「6」を考えてみましょう。2倍は「12」です。
6と12の間には「7、8、9、10、11」があります。
7と11は素数です。つまり(A)は本当だということになります。

任意の数として「13」を考えてみます。2倍は「26」です。
13と26の間には
「14、15、16、17、18、19、20、21、22、23,24、25」
があります。
このうち、17と19と23は素数です。
つまり(A)は本当だということになります。

このようにして、任意の数がなんであっても、
たとえば「110354277011198」などという数でも、
その2倍の数(いくらになるか計算してください)との間に
かならず素数が(最低1つは)存在する」という定理です。

この定理(Aのことです)、すごいと思いませんか。

わたしはある本を読んでいてこのことが目に入ったとき、
思わず感動して「うわっ!」みたいな奇声を発してしまいました;;;;

また素数とか数学についておもしろいことがありましたら、書いてみます。
みなさんも楽しんでくださいね。


スポンサーサイト

コメント

数十年ぶりで
数学にふれました。
でも、読んでたら、なんとなく
わかります。うれしい!

ちょっと頭痛いですけど、
よくわかりました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://cheonan.blog.fc2.com/tb.php/86-39655949

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

treenamu

Author:treenamu
韓国在住の日本人で、山歩きやサッカー、リフティングなどが好きです。小説・随筆なども書いてます。鴨長明、ヘッセ、バルザック、モーム、チャンドラーなどが好きです。スローライフがモットーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

韓流 (93)
学生エッセイ (80)
ランの窓 (2)
心と体 (12)
韓国のジョーク (4)
ふるさと (53)
詩 (12)
釜山さむらい (6)
数学 (9)
サッカー (11)
筆者のエッセイ (28)
未分類 (31)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索メニュー

RSS リンクの表示

リンク

이 블로그 링크에 추가하기

ブロとも申請フォーム

블로그친구신청

FC2Ad

Template by たけやん

動画ランキング