天安からアンニョン

日々の思いや韓流情報などをエッセイ風に書きます。韓国からの発信です。

みみをすます(5) _ 谷川俊太郎の詩(5/5)

みみをすます
みちばたの
いしころに
みみをすます
かすかにうなる
コンピューターに
みみをすます
くちごもる
となりのひとに
みみをすます
どこかでギターのつまびき
どこかでさらがわれる
どこかであいうえお
ざわめきのそこの
いまに
みみをすます

みみをすます
きょうへとながれこむ
あしたの
まだきこえない
おがわのせせらぎに
みみをすます

**********************************************

以上で5日にわたりアップしてきた谷川俊太郎作「みみをすます」を終わります。

きょうの5回目では、

「ざわめきのそこの
いまに
みみをすます」

の部分に俊太郎独特の言い回しを見て取りました。
「ざわめきのそこの いまに みみをすます」

これは詩人独特の文法です。おそれいりました。おもしろいです。

さて、
詩をこのように分けてアップするのはどうかと思いますが、
このブログは詩集ではないのでお許しのほど。

「みみをすます」。
この発音をするだけでも詩ですよね。
すばらしいことばです、「みみをすます」。

わたしたちは、自分の体にみみをすまし、足もとの雑草にみみをすまし、
流れる雲にみみをすまし、山の向こうにみみをすまし、
水に空気に雪に氷に
みみをすまして生きていきたいものです。

「みみをすます」全体を通してカタカナは、

ハイヒール、モカシン、プランクトン、コンピューター、ギター

の5つが使われています。
「ああめん」「おるがん」などはカタカナが普通ですが、あえてひらがなで書いてます。
このあたりの深いニュアンスは、俊太郎本人に確認してみたいところです。

カタカナを全く使わないで全部ひらがなで書いてもよかったのではないかと
わたしには思われるんですが、
なぜこの5つはカタカナで書いたんでしょうか?
不思議です。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://cheonan.blog.fc2.com/tb.php/73-483c2a43

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

treenamu

Author:treenamu
韓国在住の日本人で、山歩きやサッカー、リフティングなどが好きです。小説・随筆なども書いてます。鴨長明、ヘッセ、バルザック、モーム、チャンドラーなどが好きです。スローライフがモットーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

韓流 (94)
学生エッセイ (82)
ランの窓 (2)
心と体 (12)
韓国のジョーク (4)
ふるさと (55)
詩 (12)
釜山さむらい (6)
数学 (9)
サッカー (11)
筆者のエッセイ (28)
未分類 (31)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索メニュー

RSS リンクの表示

リンク

이 블로그 링크에 추가하기

ブロとも申請フォーム

블로그친구신청

FC2Ad

Template by たけやん

動画ランキング