天安からアンニョン

日々の思いや韓流情報などをエッセイ風に書きます。韓国からの発信です。

フュージョンの国 その一 _ 学生エッセイ0015

韓国の若者、大学生がどんな文章を書くのか。
学生エッセイシリーズは、韓国の日本語学科の学生らが書いた文章を紹介するコーナーです。
今回はその15回目で、jsgさんの作品です。(あとで、その二もあります)。

<フュージョンの国 その一>

ある日、私は日本の番組を見て驚いたことがある。
日本の有名な番組に俗に言う‘オカマ’が出演していたのだ。
‘オカマ’とは少し違うけど、韓国にもカミングアウトした芸能人がいる。
その芸能人はそれをきっかけに何年間か番組に出ることすらできなかった。
けど、それと引き換え日本では性的少数者も普通に番組に出たりするのだ。
確かに性的少数者をネタにして笑いを取ったり、差別する場合もある。
でも、韓国では番組に出ることさえできないのに対しこれは大きな差である。

このようにみると、日本がいろんなことに対して認めてあげる多元化した国という事がわかる。
きっとこうなるまでには、いろんな努力と苦難があったのであろう。

日本には外国の食べ物が元の形を変えてたくさん入っている。
そいう代表的な食べ物にはカレー、トンカツ、テンプラ、肉じゃがなど
みな日本では一般的に食べられている食べ物である。

カレーはインドのカリー、トンカツはオーストリアのシュニッツェル、
肉じゃがはイギリスのビーフシチューからなど、
いろんな国から長くは何百年も前から入っている。

日本は外国との交流と戦争などを通じて長い間をかけて外国の食べ物を受け入れてきた。
このような過程を通して日本は外国の食べ物を日本人の好みに合わせて日本化して来たと言える。

また、日本人は人種的にいくつのルーツを持つ混血民族という説はほぼ定着しつつある。
日本人のルーツは大雑把に見て、南アジアにルーツを持つ縄文タイプ、
北方アジアにルーツを持つ弥生タイプの二つが一般的である。
だから日本人は韓国や中国と同じアジア人ながらも西洋の血統も混ざっていて
西洋の面影も見られる。
このような混血民族は自然的かつ人工的に成り立った。
その結果、日本は外国人との混血はもちろん外国人の移住も多く、
あちこちで外国人が働き生活する姿がいとも簡単に見かけられる。

私が考える日本のイメージはフュージョンの国だ。
食べ物や文化、人種もいろんな国が混ざって調和を保っている。
そうしながら、日本の伝統を保っているのが羨ましい。
韓国も西洋の文化がたくさん入り、生活の発達はしたものの、
韓国だけの伝統を失くしつつある。
韓国も日本みたいに自分のものを残しつつ、
他のものもよく取り入れるようになっていったらいいと思う。

[한국어 원문]
어느 날 일본방송을 보고 깜짝 놀란 적이 있다. 일본의 유명 방송에 속히 말하는 ‘오카마’가 떡하니 출연한 것을 보고 말이다. 오카마와는 조금 다르지만 우리나라에도 커밍아웃을 한 연예인이 있다. 그 연예인은 몇 년 동안 방송에 나오지 못했다. 하지만 그와 반대로 일본에는 성적 소수자라 말할 수 있는 사람들도 평범하게 방송에 나오고, 생활을 한다. 분명히 성적 소수자를 네타로 삼아 개그를 하거나, 차별을 하는 경우도 있다. 하지만 우리나라에서는 방송에 나오는 것조차 불가능한 것에 반해서는 굉장한 차이이다. 이렇게 일본은 다양한 것을 인정하는 다원화 세계이다
일본에는 외국의 음식이 원래의 모습을 바꿔 많이 들어와있다. 그런 음식으로는 대표적으로, 카레, 돈카츠, 덴뿌라, 니쿠쟈가 등 모두 일본에서는 일반적으로 많이 먹는 음식들이다. 카레는 남인도의 커리, 돈카츠는 오스트리아의 슈니첼, 니쿠쟈가는 영국의 비프스튜에서 들어오는 등 여러 나라에서 길게는 몇 백 년 전부터 들어와 있다. 일본은 외국과의 교류와 전쟁 등을 통해 오랜 시간을 통해 외국의 음식을 받아들여왔다. 그러한 과정에서 일본은 외국 음식을 일본인의 입맛에 맞도록 외국의 음식을 일본화 해왔다.
또한, 일본인은 인종적으로 몇가 지의 루트를 갖는 혼혈민족이라는 설은 거의 정착되어 있는 사실이다. 일본인의 루트는 크게 남아시아에서 왔다는 죠몬타입, 북방아시아에서 왔다는 야요이타입의 두가지가 일반적이다. 그렇기에 일본인은 한국이나 중국인과 같은 아시아인이면서도 서양의 혈통이 섞여있어 서양인의 모습이 많이 보여진다. 이러한 혼혈민족은 자연적, 인공적으로 이루어졌다. 그러한 결과, 일본은 외국인과의 혼혈은 물론, 외국인의 거주도 많아 곳곳에서 외국인이 일반적으로 일하고 생활하는 모습을 볼 수 있다.
흔히 일본의 퓨전의 나라고 한다. 음식이나 문화는 물론, 인종도 여러 나라가 섞여 조화를 이루고 있다. 그러면서도 일본의 전통 문화를 유지해 가는 것이 부럽다. 우리나라도 서양의 문화가 많이 들어와 생활의 발달은 많이 이루어졌지만 우리나라의 전통성이 많이 사라지고 있는 실정이다. 우리나라도 일본의 그런 점을 배워 우리 것을 남기며 외국 것을 잘 수용할 수 있게 되었으면 좋겠다. (온고지신)


スポンサーサイト

コメント

お礼

小生のブログへのコメント有り難うございます。
韓国の文化をよく知らない小生です。
韓国の方々がどんな考えを持っているのか、お気に入りに設定し、これから読ませていただきます。

ヨミンラク

そうですね。
わたしがよく行くうちの大学の近くの「ヨミンラク」っていう
韓定食屋さんも、フュージョン定食ですね。
伝統韓定食も勿論いいですけど、この最近流行りの
フュージョンもけっこうわたし好きです。
今度いらっしゃたら、ここ、ご案内いたします^^。

ヒュージョン韓定食

フュージョンの国で思い出しました、昨年、久しぶりにソウルの仁寺洞へ出掛けて、ランチに伝統韓食を食べようと注文したのですがヒュージョン韓定食でした。韓国の食も時代と共に変化していましたよ。

その時の感想をブログに載せまました。

http://yoichi.mo-blog.jp/kaki/2013/02/post_e440.html

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://cheonan.blog.fc2.com/tb.php/47-1269d455

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

treenamu

Author:treenamu
韓国在住の日本人で、山歩きやサッカー、リフティングなどが好きです。小説・随筆なども書いてます。鴨長明、ヘッセ、バルザック、モーム、チャンドラーなどが好きです。スローライフがモットーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

韓流 (93)
学生エッセイ (80)
ランの窓 (2)
心と体 (12)
韓国のジョーク (4)
ふるさと (53)
詩 (12)
釜山さむらい (6)
数学 (9)
サッカー (11)
筆者のエッセイ (28)
未分類 (31)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索メニュー

RSS リンクの表示

リンク

이 블로그 링크에 추가하기

ブロとも申請フォーム

블로그친구신청

FC2Ad

Template by たけやん

動画ランキング