天安からアンニョン

日々の思いや韓流情報などをエッセイ風に書きます。韓国からの発信です。

中国で、韓国式のオンドルが人気


中国で、韓国式のオンドルが人気というニュースです。
オンドルっていうのは、床暖房と思っていただいたらいいです。
昔からある韓国の伝統的な暖房システムです。
日本でも1000年ぐらい前に一時オンドル形式が見られたのだが
またすぐに消えてしまったという歴史があるみたいです。
きょうは中国で最近、この韓国式のオンドルが新しいアパート・マンションに応用され
人気を呼んでいるという話題。KBSニュースからです。

**********************************************************ここから引用。
<アンカーコメント>
最近、中国ではオンドルの韓流ブームが吹き荒れています。
韓国式オンドル文化が人気をよび、
韓国業者も本格的な中国市場の攻略に乗り出しました。
ヂョン・ヂョンフン記者です。

 <レポート>
中国内陸都市のシアン(西安)では最近、マンション工事の真っ最中です。
このアパート団地には、家ごとに韓国式オンドルを設置しています。
0106ondol.jpg  暖かい水が通るパイプを敷いて床を作ると韓国式オンドル暖房が完成されます。
既存の中国のマンションに設置されていたラジエーターよりは暖かくて効率的で人気が高いために、
分譲価格も20%ほど高いです。

<インタビュー> 
グォパン(西安のオンドルマンションの居住民):
「(暖房器は)空間を占めて加熱すると壁がよごれるけど、このオンドル式の暖房は、
床にパイプを埋めて床全体を温めるため暖かくてきれいです。」

2012年の一年間、中国でこのように韓国式オンドル・ボイラーを設置したマンションだけで10万世帯にもなります。

韓国のオンドル文化が人気をよぶと、国内企業は現地法人や工場まで立てて、
製品の生産と販売まで本格的に中国市場攻略に乗り出している。

2000年に初めて中国市場に進出したあるボイラー会社は、12年後の今、販売量が30倍も増えました。

<インタビュー>  キム・ビョンゴン(キトゥラミボイラー中国法人長):
「ボイラー自体よりはオンドル文化の優秀性について説明すると、
中国人たちもオンドル文化を好きになって自然に売上げに反映してきている状況です。」

「オンドル韓流」が、中国人の奥の間まで進出しています。

http://news.kbs.co.kr/news/NewsView.do?SEARCH_PAGE_NO=&SEARCH_NEWS_CODE=2784062
**********************************************************ここまで引用。

中国ではこのようにかなりの人気を呼んでいるオンドル方式。
日本ではいかがでしょうか。
床暖房はかなりなされているとの噂も聞きますが、実際のところはどうなんでしょうか?
とても便利で効率的でうれしいですよ。オンドル。



♦お知らせ♦
エッセイ集『おしょうしな 韓国』。ほのぼのエッセイです。
Amazon()から閲覧可。
書評:one Korea daily news
 

スポンサーサイト

コメント

さむらいさん、こんにちは

釜山サムライさん、いよいよご登場ですね。

感謝です。
楽しんで書いて、
楽しんで読んで、
楽しんで語り合えたら、
それ以上の喜びはありません。
わたしたちは、自由です。
なんの気兼ね、わずらいなく、
このサイトに書くことができます。
これからの出来事に、わくわくしている天安です。

文づくり

木口せんせい~~
このサイトがいつから作られたのかはしれないのですが先生らしくおもしろいことを造られましたね。
ここに掲載された文をことごとく読んでみました。
(目玉が飛び出るところだったのです^^)
簡単ながらもおもそろい。時には有益な文もありますね。
文を書くというのはわたしにとってはまことに不慣れなことだと思いましたが
他人が書いたのを見るごとにしぜんに首肯いたものです。
昨日、テレビ番組でジャングル万里という新刊を出した趙廷來先生の座談をじっくりと
聞いていたら本当に大した人物だとあらためて感じられました。
文づくりは私には生まれつきのふさわしくない遠い国の話だと思ってきました。
ところが。昨年、先生が出刊された本を読みながらふっと思ついたことがありました。
小説のように長い文でわずらわしいストーリーの文ではなくいつも回りで見て、感じるのを
散文体の形式で簡単に書くのだけでも文づくりができると。。
で、勇気を出して少しずつ書いてみることにしました。
そして忘れつつある日本語の作文のためにもやつてみようかと思います。
どうか、先生の親切なご指導お願いいたします。ちなみに心労して作られた
このサイト。お互いに役に立つ文でいっぱい詰められるのをお祈りながら。。
釜山さむらいより~~

オンドル

北風さん、コメント、ありがとうございます。
オンドルは漢字表記が「温突」ということで、
わかりやすいですよね。
「温かい」「煙突」ということでしょうね。
北風さんが40年前に見た「座敷の下に煙道を廻すもの」、
これが本物のオンドルです。
現在のスタイルは、贋物のオンドルといっていいかと
思います^^。マンションでは本物のオンドルの設置は
不可能なのでボイラーで温水を循環させる方式でやってます。
ただ、このボイラーの技術が韓国の場合、ハンパなくて
かなりハイレベルのボイラー技術を持ち合わせているようです。ボイラー技術を目にするたびに感動・驚きを
感じてます。

オンドル

40年ほど前に雑誌の写真で、中国東北のソ連国境に近い寒冷地の住宅にオンドルがあるのを見たことがあります。
当時ですから液体をパイプで循環させるのではなく、土間より少し高くした小上がりの座敷の下に煙道を廻すものでした。
国境の厳寒地で真冬に子どもたちが裸足で遊んでいました。
最近は煙道ではなく、パイプ循環なのですね。
日本は煙道オンドルの歴史がないため、最初からパイプ循環の床暖房ですが、あまり普及していません。
2年毎に循環水(不凍液クーラント)を交換しなければならないのもありますが、日本人はどうも夏の暑さには対処しても、冬の寒さにはわりと我慢する人が多いように思います。
電気カーペットが結構売れているようですね。
オンドルなどの床暖房は下から暖めるので、非常に暖房効率が良いです。
我が家の過去の経験では、たとえ高気密高断熱でない住宅でも、20度くらいでポカポカでした。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://cheonan.blog.fc2.com/tb.php/39-72c061f3

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

treenamu

Author:treenamu
韓国在住の日本人で、山歩きやサッカー、リフティングなどが好きです。小説・随筆なども書いてます。鴨長明、ヘッセ、バルザック、モーム、チャンドラーなどが好きです。スローライフがモットーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

韓流 (93)
学生エッセイ (80)
ランの窓 (2)
心と体 (12)
韓国のジョーク (4)
ふるさと (53)
詩 (12)
釜山さむらい (6)
数学 (9)
サッカー (11)
筆者のエッセイ (28)
未分類 (31)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索メニュー

RSS リンクの表示

リンク

이 블로그 링크에 추가하기

ブロとも申請フォーム

블로그친구신청

FC2Ad

Template by たけやん

動画ランキング