FC2ブログ

天安からアンニョン

日々の思いや韓流情報などをエッセイ風に書きます。韓国からの発信です。

"I shall go to Korea" 私が韓国に行く。

韓国の放送局の中でこれだけは中立だといえるのがJTBCという局だ。
この局のメインニュースが毎日午後8時からある。
下は、5月28日(月)にあったものを筆者のことばも補いながらご紹介したい。

"I shall go to Korea" 私が韓国に行く。

米国第34代大統領選挙日を十日後に控えた1952年10月24日、
共和党の大統領候補だったドワイトD・アイゼンハワーはそのように言った。
アイゼンハウアーはその年の初めまで、政治には何の経験もない政治の新人だったが、
彼が大統領候補にまで上り詰めることができた背景には、他ならぬ韓国戦争があった。
米国の国民たちは2年以上にわたり続いていた戦争に嫌気がさしていて、
これを察知した共和党およびアイゼンハワーは、
韓国戦争の名誉ある早期終息を実現するために韓国に直接行くと宣言したのである。

彼は選挙で勝利し、大多数の政治評論家たちは、後々、
「選挙はあの夜("I shall go to Korea"と言った日)、すでに終わっていたのだ」という評価を下した。
66年前の出来事である。

「首脳会談は開かれないだろう。気が変わったら連絡してくれ。」
こんな内容の手紙を先週の週末、トランプが金正恩に出していた。
その波動は韓国だけでなく、全世界を震撼させた。この天地をひっくり返すような「振動」は後日、
南・北・米政治史に再度、とんでもなく劇的なページとして飾りたてられるはずだ。

番狂わせに続く番狂わせ、わずか数日の間に、
今後、別の番狂わせが起きたとしてもそれほど驚かないくらいの耐性ができたとでも言おうか。

いわゆる大国大統領の一言一言に韓半島の運命が行ったり来たりはしたのをこの目でしかと見、
彼がまた何を言っているのか彼のツイッターを覗きこまなければならないこの現実...。
しかし考えてみれば、我々はいつもそんな不確実性の時代を生きてきたのであり、
これからの時間もはっきりしたことは何一つないという事実。

66年前、アイゼンハワーが政界に登場する前から始まっていた休戦交渉も、
2年という長い時間の間に160回近くも退屈な会談があったのだ…
古くてぶ厚い壁が一夜にして崩れ去るだろうなどという願いは、
最初から幻想かつロマン的な考えだったのかもしれない。

Go to Korea.
韓国に行って直接戦争を終わらせるつもりだと話したアイゼンハワーのその発言のように、
先週末、韓半島を揺るがしたその主人公たちもまた、我々が望むその場所で会い、
そんなに長くなるかもしれない交渉の時間を少なくともスタートだけはさせたことくらいにはなるのだろうか...。

話したい内容は、実はもう一つある。
アイゼンハワーの発言「Go to Korea」は、
当時アメリカ社会で流行語かつ慣用語になって、次のような意味でも使用されたと云う。
「Go to korea」=曰く「正面から難題と向き合い、突破する」。


きょうのアンカーブリーフィングでした。(ソン・ソッキー アンカー JTBC)

スポンサーサイト

コメント

三宅和豊さんへ。
トランプはこれまでの大統領とは別格(いい意味でも悪い意味でも)ですよね。
女性スキャンダルやいろんな面でバッシングをうけてますが、
わたしも彼は「なかなかやってる」と思ってます。

半島統一はまだまだだと思ってます。
まずは非核化の実現ですよね。
核という物騒なものをまず取り除けてから、一段一段、ゆっくり登っていくしかないと思います。

韓国人をバッシングする日本人は、ホント、目に余りますね。
唾を吐くのはいいですが、全て自分に返ってくることを知っていただきたいものです。
反論してらしたんですね。ブラボー。
ただ、ああいう方々ってのは、ああ言えばこう言う、で拉致があかないですから、
深入りしないほうがベターかと。
でも反論、カmサハmニダ。^^

トランプさんに期待

久しぶりにコメントさせていただきます。
そうなんですか、アイゼンハワーは。知りませんでした。
やはり政治というものは、一風変わった御仁がリーダーとなって進めたほうがいいようですね。
めちゃ評判の悪いトランプさんですが、小生はけっこう好きです。あのくらい正直に物を言って、既定路線から外れたほうが、この先うまくいくような気がするからです。
まあ、しかし、悲願である朝鮮の南北統一は、あまりにも遠い。そんなぼやきを5月初めにブログに書きました。
https://ameblo.jp/nagatukitouka/entry-12373076549.html
南北首脳会談で、とんでもない奇策でも編み出されんことを祈っています。
ところで、韓国人をバッシングする日本人は目に余りますね。貴兄のこのブログでも5月21日にありますね。たぶん同一人物と思われるのですが、同じ日に小生の一楽日記にもありました。少々反論してやりましたが。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://cheonan.blog.fc2.com/tb.php/373-bcfc1886

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

treenamu

Author:treenamu
韓国在住の日本人で、山歩きやサッカー、リフティングなどが好きです。小説・随筆なども書いてます。鴨長明、ヘッセ、バルザック、モーム、チャンドラーなどが好きです。スローライフがモットーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

韓流 (112)
釜山さむらい (11)
学生エッセイ (88)
ランの窓 (2)
心と体 (12)
韓国のジョーク (4)
ふるさと (59)
詩 (12)
数学 (13)
サッカー (12)
筆者のエッセイ (28)
未分類 (33)

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索メニュー

RSS リンクの表示

リンク

이 블로그 링크에 추가하기

ブロとも申請フォーム

블로그친구신청

FC2Ad

Template by たけやん

動画ランキング