FC2ブログ

天安からアンニョン

日々の思いや韓流情報などをエッセイ風に書きます。韓国からの発信です。

ムーミン世代

現代の韓国の若者たちの世相の一つとして、「ムーミン」というのがある。

最近の若い層で「意味の無いプレゼント」のやり取りが流行だ。
相手が必要だったり好きそうなものを選ぶ代わりに、最大限「使い物にならないもの」を探して送る。
休息する時は、波が打ち寄せる場面など意味もなく単調な映像を見る。

若者たちは自らを「ムーミン世代」と呼ぶ。
「ムーミン」とは、「無い」の「無」と、英語で「意味」をあらわすミーン(mean)を合わせたことばだ。
「意味のあることをしなければならないという強迫観念から逃れたい」と訴えているわけである。
ちなみに韓国語でも「無」は「ム」である。

大学生ヂョン・ソヒョン(22)氏が家に来て真っ先にすることは、「無刺激映像」を見つけることだ。
ヂョンさんは主に猫が一人で遊ぶ場面などを一日中放送しているユーチューブチャンネルを見ている。
声はほとんどない。
ヂョンさんは、「ぼーっとして時間を過ごしていると、緊張が解ける」と語る。

ムーミン世代は無刺激、無脈絡、無爲休息などを追求する。
相手が喜ぶプレゼントを選ぶ過程そのものがストレスという考えから、相手にとって意味のないプレゼントをする。
草履を作る材料、縮地法教本(注1)、レンガといったものが「ムーミン世代」向けのお勧めプレゼントとして人気だそうな。
 
休む時にも意味を探さず、考えない。
おいしい店をあさったり、旅行をするのは禁物だ。
金魚鉢の中の魚が歩き回ったり、焚き火が燃え上がる映像を見ながら、ぼうっとしている。

「モンテリギ」というイベントがある。
「モン」は「ぼーっとしていること」といった意味であり、「テリギ」はそれを楽しむほどの意味である。
したがって「モンテリギ」は、「ぼーっとしていることを楽しむ」といった義となり、
このイベントに参加した人は、3時間くらいを草むらの上などでただ「ぼーっと」しているのである。
賞もあるという。
見た目にもいちばん「ぼーっと」としていた人が表彰されるわけである。

筆者もムーミン世代なのかも?

猫がじゃれるユーチューブや、お母さん猫やお母さん犬が、自分の赤ちゃんでなく他人(他の動物)の赤ちゃんに乳を与える
チューブなどを見て楽しんでいる。
きのうは、お母さん虎が豚の赤ちゃんに乳を与えているチューブをみた。
豚の赤ちゃんを大きくしてあとで食べるんじゃないの、なんていうブラックなコメントもあったけど、
たぶんそれはないだろうと思う。

最近は、秋田犬(あきたいぬ)のチューブを見るのが楽しみだ。
秋田犬ってこんなにかわいいものかと、最近になってはじめて知った。
わたしは本来「猫派」なのだけれど、秋田犬を知ってからはこの犬だったら「猫派」も「犬派」もないな、と思った次第だ。

注1:縮地法というのは、瞬間移動の忍術みたいなもの。現実的にはたぶん無理なんだと思う。
  したがって縮地法教本というのは、日本でいえば忍者の巻物に相当する。
注2:ムーミンの記事は、朝鮮日報(20180124付け)を土台としている。

スポンサーサイト

コメント

どろんこさん、毎度です。

ムーミンが「無」+「mean」と知ったときには
ちょっと驚きましたね。^^。

ある韓国のお坊さんが書いた『無所有』なんていう本が
ベストセラーになったりもしています。

本当の「無」がわかったら、
それは悟りですけどね^^。

なにはともあれ、こちら韓国のトレンドは、
「無」のようです。

ムーミンというと日本では動物キャラクターだが?

韓国の若者がなんで可愛らしい動物キャラクター「ムーミン」なのか? そんなわけは絶対ない。なんで?
一瞬そう思ったのですが、韓米複合語だったんですね。

日本の若者よりずっと忙しそうな韓国の若者のようですから、こうでもしないと息が詰まるのでしょうねえ。

「焚き火が燃え上がる映像を見ながら、ぼうっとしている。」ですか。小生は一昨日、温泉宿で「「焚き火が燃え上がる“生の場面”を見ながら、ぼうっとしている。」実にいいもんですなあ。なんも考えずに1時間が過ぎていきました。心が洗われました。

日本ではNHKのBSテレビで、動物写真家・岩合光昭氏の猫の動画(海外ロケが多い)が1時間番組で毎週流れており、小生、これをよく観るのですが、「ぼうっとしている」わけにはまいりません。「次はどう動く」「あれっ、予想と違う動きだ」といった調子で見入ってしまい、頭が疲れます。
ということは、普段、小生は「ぼうっとしっ放し」ということか。そうかもしれません。毎日が忙しくもなく、息が詰まることもないですからね。
いずれにしても、猫や犬の動画を観ているってのはいいもんですね。人間世界からしばし離れられますから。

小生のブログへのコメント有り難うございました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://cheonan.blog.fc2.com/tb.php/362-e761c6ee

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

treenamu

Author:treenamu
韓国在住の日本人で、山歩きやサッカー、リフティングなどが好きです。小説・随筆なども書いてます。鴨長明、ヘッセ、バルザック、モーム、チャンドラーなどが好きです。スローライフがモットーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

韓流 (112)
釜山さむらい (11)
学生エッセイ (88)
ランの窓 (2)
心と体 (12)
韓国のジョーク (4)
ふるさと (59)
詩 (12)
数学 (13)
サッカー (12)
筆者のエッセイ (28)
未分類 (33)

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索メニュー

RSS リンクの表示

リンク

이 블로그 링크에 추가하기

ブロとも申請フォーム

블로그친구신청

FC2Ad

Template by たけやん

動画ランキング