天安からアンニョン

日々の思いや韓流情報などをエッセイ風に書きます。韓国からの発信です。

ゆ _ 学生エッセイ81

学生エッセイシリーズは、韓国の日本語学科の学生らが書いた文章を紹介するコーナーです。
今回はその81回目で、男子学生 Y T S さんの作品です。

<ゆ>
日本語の中で特徴的なことはいろいろあるが、ここでは「ゆ」に関して書く。
「ゆ」というのは熱い水を表す。
日本の風呂の文化といえば銭湯である。銭湯の銭はお金の意味であり湯は温めた水を意味する。
この二つの漢字をあわせて、お金を払って入浴する公衆浴場を意味する。
銭湯の入り口を見ると、のれんに「ゆ」とひらがなで書かれているのが見られる。
日本のお風呂の文化をみるとお風呂の文化には「ゆ」というひらがながたくさん使われている。
日本も韓国のように浴槽と言うけれども、湯船とも言う。
これ以外にも湯を沸かす、いい湯加減、お湯があふれる、お湯をかけるなど、
すべて「ゆ」ということばが使われている。
日本の食堂で温かい水をくださいとは言わずお湯をくださいと言う。
また、食べ物にも湯豆腐、お焦げ湯など「ゆ」が使われていて、
漢方薬のようにせんじられて作った薬も湯薬というように湯の漢字が使われている。
この「ゆ」は、その使われ方によって読み方もいろいろである。
温めた水は「ゆ」と読む。主に温泉や銭湯のようにお風呂の文化に使われている。
中華料理ではタンと読んで、煎じて飲む薬の時は「とう」とよむ。
そして、鋳造の材料に使う時は「ゆ」と読む。
意外にも湯は面白く表わされることが多い。
湯気にも湯が入ってるし、白湯、赤ちゃんが生まれたら温かい水で洗うことを生湯(うぶゆ)、
お粥の種類の重湯、卵を入れて沸かしたものも卵湯。
そして、葉を入れて沸かしたお茶は全部湯が入ってる。
桃の葉を入れたお茶も桃湯、桜の葉を入れたのも桜湯、麦を入れたのも麦湯と言う。
日本で湯という字がこんなにたくさん使われているのが不思議で面白い。

<유>
일본어에서 특징적인 것은 여러가지가 있지만, 여기에서는 "유"에 관해서 쓴다.
ゆ라는 것은  뜨거운물을 나타내는 것이다.
일본 목욕이라고 하면 센토이다. 센토란 센은 돈을 말하고 토는 데운 물 을 말한다
이 두 단어가 합쳐져 돈을 지불하여 입욕하는 대중목욕탕을 말한다.
센토의 입구를 보면 노렌에 유가 적혀있는 것을 볼수가있다.
일본의 목욕문화를 보면 목욕문화에는 유라는 단어가 많이 들어가 있다.
일본도 우리나라처럼 욕조라고도 하지만 유부네라고도 한다.
이거 이외에도 물을 끓이다, 물의온도가 적당함, 물이 넘치다,
물을 끼얹다 등모든 단어에는 유라는 글자가 들어가 있다.
일본 식당에서 따뜻한물 주세요라고 안하고 오유 주세요 라고 말한다.
또 음식에도 물두부, 숭늉, 등 유라는 단어를 넣어서 사용하고 한약과 같이 달여서
만드는 약도 일본에서는
토야쿠라고 유라는 글자가 들어가있는 것을 볼 수가 있다. 
이 유는 어디에 쓰이는지에 따라서 읽는 방법도 여러 가지이다. 데운물에는 토나
유 라고 읽는다. 주로 온천이나 센토 목욕문화에 많이 쓰이고
중국 요리에서는 탕이라고 읽기도 하고 달여서 먹는 약에 쓰일 때는 토 라고 한다.
주조재료로 쓰일때는 유라고 읽는다.
이 이외에도 ゆ는 재미있게 표현되있는 것이 많다.
수증기, 김을 유게 라고 하고, 백비탕은 사유 아기들이 태어나면 따뜻한물로 씻는 것을
우부유, 죽에 해당하는 미음을 오모유 계란탕을 다마고유,
그리고 잎을넣고 끓인 차에는 전부 ゆ가 들어간다. 복숭아잎을 넣고 끓인차는 모모유,
사쿠라 잎을 넣고 끓인차는 사쿠라유, 보리를 넣고 끓인차도 무기유라고 한다.
일본 ゆ라는 글자가 이렇게 많이 쓰인다는 것이 신기하고 너무 재미있는 것 같다.

スポンサーサイト

コメント

永築當果さん、どうも。

学生が書くこういう文章はほとんど(100%近く)ネット
からの引用ですよね。ご寛容のほど。
調べるだけでも、かなりの勉強になるので、
ネット、いつもOKだよって言ってます;;;

湯治。
いいことばです。大好きです。
現代でもこの語は生きてますよね。
永築當果さんは毎年奥さんといっしょに湯治されてます
ものでん。うらやましいです。
わたしは、小学校に入る前、祖母と3か月くらいの
湯治をやったことがあるんですが、
昔だからこそできたんでしょうね。3か月なんて
今の時代、ちょっと考えられませんよね。
リタイアしたら、いずれやりたいです。
せめて1週間くらいの湯治。^^
それから、「湯」「散」「丸」の3種類の意味、
よくわかりました。やはり専門家ですから、
ちがいますよね。しかと記憶にとどめておきます。

調べ直させられました

お焦げ湯? 葉を入れて沸かしたお茶は全部湯が入ってる? 桃湯? 麦湯?
これらは聞いたことがなかったり、使い方が間違っているぞ、と思い、ネット検索してみました。
「お焦げ湯」は、先日の湯治旅行で自分で作って食べたことを記事にしたのですが、これは韓国料理名でした。
「桃湯」はお茶にあらず、これはお風呂。桃の葉エキスはあせもの薬として昔は有名で、当店でも取り扱っていました。「菖蒲湯」などとともに、季節の薬草風呂です。
 お茶で「湯」が付くのは「桜湯」ぐらいなもの。「麦湯」じゃなくて、麦茶だろ。念のためネット検索したら、昔は「麦湯」と言っていたとのこと。“へえ、そうだったんだ”と初めて知りました。
Y T S君もネット検索で調べたものがけっこうあると思われますが、もうちょっと慎重に調べてほしいものですね。
欲を言えば、小生が大好きな「湯治」を書いてほしかったんですがねえ。
あとは「ゆば(湯葉、湯波)」が美味しい料理として挙げられますね。

ところで、「漢方薬のようにせんじられて作った薬も湯薬というように湯の漢字が使われている。」は、そのとおりですが、煎じ薬を自分で作って飲むということは現在はほとんど行われていません。煎じ薬のままの状態で販売されているものは数少ないですが、一番有名なのが「葛根湯液(ドリンク)」です。煎じたものをそのままなり若干濃縮し、瓶詰めにして市販されています。なお、葛根湯原液から水分を全部蒸発させたものが「葛根湯エキス顆粒」とか「葛根湯エキス錠」として市販されています。
ついでながら、飲む漢方薬は、その製法から「湯」「散」「丸」の3種類に大別されます。「湯」は煎じ薬、「散」は生薬を粉末にしたもの、「丸」はそれを固めて錠剤にしたもの、ということになりますが、これは古典的な製法でして、近年は「散」「丸」については量を減じるため、これらを煎じ薬にして水分を飛ばし、安中散エキス顆粒とか、八味地黄丸エキス錠というものが大半となってきました。
近年の製法の効き目のほどはというと、「散」「丸」はまず問題ないですが、「湯」については効果が減ずることが多いです。というのは、揮発成分が飛んでしまうからです。煎じ薬を自分で作っている最中に揮発成分を吸い込みますから、これが何かと効果的なのです。なお、ドリンク剤の場合はけっこう揮発成分が含まれていますから、エキス顆粒やエキス錠より効き目がいいものの、かなり割高になってしまいます。

バーソさん、久しぶりです。

わたしもこの学生の文章を見たとき、
あ、なるほどなあ、って思いました。
「ゆ」っていう語、結構無意識に使ってますから
こういう指摘を受けるまではあまり気がつきませんでした。
とくに「のれんに『ゆ』とひらがなで書かれているのが
見られる」の部分には脱帽って感じでした。
「ゆ」という字、「ゆ」というもの、
「ゆ」に関するものはなんでも好きなんでしょうね、日本人は。
勿論あたくしも好きですけど;;。

バーソさんのご指摘の「般若湯」はいいですよね。
実にお酒も「湯」を使っているんですね。

「盟神探湯」=《クガタチ》ですか。
ハンス ペウォッスmニダ。
(一手 習わせていただきました^^)。

それと、バーソさんの聖書に対する造詣の深さには
いつも脱帽です^。民数記15章確認しました。
確かにバーソさんのおっしゃることが書いてありました。
疑ってのことではなく、あたくし自身の勉強のために。

ユーは何しに?(笑)

日本人には当たり前のことでも、外国人から見れば、
意外だったり、ちょっと驚くようなことが案外あるのですね。
「湯を沸かす」という言い方はおかしい。
「水を沸かす(そして湯にする)が正しいのではないか、
などとよく言われますが、彼我の思考の違いも面白いものです。

「湯麺」は、なるほど「タン」と読みますね。
本来は野菜が入ってない「かけそば」のようなものだったのでしょうか。
他に「酒」も湯と言いますよ。「般若湯」です。(笑)

難読字として「盟神探湯」があります。
《クガタチ》と読みますが、意味は手を湯に入れて探ること。
古代の裁判では、神に誓ってから熱湯の中に手を入れて、
手を火傷した人間は悪人だと裁定されたそうです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%9F%E7%A5%9E%E6%8E%A2%E6%B9%AF

旧約聖書にも似たような裁定法がありますね。
夫を持つ女が姦淫をしたかどうかの試験法として
幕屋の塵を混ぜた水を飲ませると、罪を犯した女は
「股がやせ衰え、腹が膨れる」と書かれています。(民数記5:17-24)
この「股」とは婉曲的な言い方です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://cheonan.blog.fc2.com/tb.php/348-f26c9726

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

treenamu

Author:treenamu
韓国在住の日本人で、山歩きやサッカー、リフティングなどが好きです。小説・随筆なども書いてます。鴨長明、ヘッセ、バルザック、モーム、チャンドラーなどが好きです。スローライフがモットーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

韓流 (94)
学生エッセイ (81)
ランの窓 (2)
心と体 (12)
韓国のジョーク (4)
ふるさと (55)
詩 (12)
釜山さむらい (6)
数学 (9)
サッカー (11)
筆者のエッセイ (28)
未分類 (31)

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索メニュー

RSS リンクの表示

リンク

이 블로그 링크에 추가하기

ブロとも申請フォーム

블로그친구신청

FC2Ad

Template by たけやん

動画ランキング