天安からアンニョン

日々の思いや韓流情報などをエッセイ風に書きます。韓国からの発信です。

韓国、脱原発宣言

韓国は、文在寅(ムン・ヂェイン)大統領になってから、脱原発宣言という輝かしい歩みを始めた。

6月19日、文大統領は、釜山の機張郡(キヂャングン)というところにある古里(コリ)原発の
第1号機の永久停止記念行事に出席し、"原発新規建設計画を全面白紙化する"と語り、
脱原発時代を宣言した。
これと共に、新再生エネルギー産業を積極的に育成するという意志を改めて強調した。

これをうけて、20日のきょう、新再生エネルギー関連株が軒並み上昇している。
たとえば、20日午前9時14分現在、太陽光エネルギー会社・熊進エネルギー(7,010ウォン▲710 11.27%)は
6.34%(450ウォン)上がった7550ウォンで取引されている。
風力発電関連株シーエスのウインド(25,350ウォン▲1,150 4.75%)は、3.33%(850ウォン)上昇した1万6350ウォンで取引中だ。

これ以外にも太陽光企業であるシンソン・イ・エヌ・ジー(3,605ウォン▲50 1.41%)は6.23%、
太陽光モジュールを製造するエスエネルギー(8,450ウォン▲70 0.84%)が17.16%、
風力発電機の生産専門会社のコスダック会社ユニゾン(3,080ウォン▲270 9.61%)は12.63%急騰しているなど、
新再生エネルギー関連株があれもこれも上昇中だ。

脱原発をしてからの今後の具体的な歩みは、まだ明確ではない。
しかし今重要なことは、「まず」脱原発の宣言をすることである。

そういう意味では、新大統領は、確固たる脱原発の意志をもっているため、今後大きな期待ができるものと思われる。
日本は、この点でちょっと遅れをとってしまった格好だ。

しかし日本の各地で「さようなら原発」の運動が力強く行なわれている。
岐阜のブログ友の便りを見ても、活発になされているようだ。
草の根の人々に感謝の気持ちがふつふつと起こってくる次第だ。がんばれ、さよなら原発!、がんばれニッポン!。

スポンサーサイト

コメント

返事が遅れてしまい、申し訳ありません;;;;;

そうですか、文さんが嫌われる理由としては大きく2つ、
慰安婦問題の合意にいちゃもんをつけているという点と
北に対する姿勢

この2つですね。よく理解できます。

慰安婦問題は2015年の12月に「最終的かつ不可逆的に」解決されたことになっていたわけだけど、
またほじくり返していることに対して腹の立たない日本人はいないと思います。
(ただし、こちらに住んでいての思いというのは、韓国人の立場もわかるなあ、というものです。
でもここの部分はあまりにも微妙で繊細で誤解を招きやすいところでもあるので、
この場で、これ以上論ずることは危険というか、、、不可能かと思い、止めます。)

文さんは、これまでの大統領とちがい権威的でない振る舞いをしているので、こういう点でこちらでは人気がありますね。今のところは。
ただ、これから、アメリカとの関係とか中国との関係、さらに日本との関係などで
かなり難しい立場になっていくものと思われます。
どうなっていくか、注目ですね。

文さん不人気の理由

「朝鮮人を強制連行して慰安婦にした」という問題が韓国で反発を買うようになって久しいのですが、その種を撒いたのは、一日本人によるでっち上げを朝日新聞が大きく取り上げ、その後も執拗に「日本の侵略戦争の一環」として、日本人が日本人を批判し続けてきたことのよるものです。
その後、最近になって本件は「捏造であった」と朝日新聞は小さな記事で「お詫びと訂正」をしたのですが、時すでに遅しです。
いや、もっと問題を大きくしたのは、宮沢首相のもとで出された1993年の河野談話です。この談話では軍による強制連行そのものは認めなかったものの、強制的な慰安労働を認めてしまったのですから、もうどうにもしようがありません。
朝鮮人女性を慰安婦として戦地へ送ったという現実、朝鮮人男性を日本本土の鉱山へ送ったという現実、これは同列に扱われる問題であり、基本的人権や給与の未払いといった問題は、その当時の世界情勢、国際的社会感で論ぜねばなりません。
それが今日的世界観の物差しを持ち出して「悪いことをした」と言ってしまったのですから、“日本の負け”、“韓国の勝ち”となってしまいました。
大方の日本人庶民の捉え方としては、戦中戦前の社会感でもって「日本でも昔は子だくさんの田舎は娘を口減らしのために紡績工場へ売ったのだし、貧しい町の人は娘を娼婦として売ったんだから、朝鮮人慰安婦も同じだ。それに日本人の男は順番に徴兵されて大勢戦死したんだ。鉱山労働してりゃ戦死せずに済む。」といったところでしょう。
ですから、戦後何十年も経ってから慰安婦問題でガタガタ騒ぐな、というのが大方の日本人の思いで、加えて、いったん合意して決着済みのものを覆すとは何事ぞ、となり、文さんは嫌われるのです。
もう一つ、北朝鮮による拉致問題は、日本人庶民に“北朝鮮はどうしようもない国だ。早いこと潰してしまえ。”という強い感情を抱かせています。これが、最近の度重なるミサイル発射実験で、ますます強まっています。
その北朝鮮と親密に行こうという政治姿勢も文さんが嫌われる理由です。
なお、日本が国際問題解決に実に下手くそなのは、平和ボケ民族の日本人であるがゆえに、政権にある者、知識人、庶民、あらゆる階層に国家意識が欠落しており、国家同士の付き合い方と人間個人個人の異民族間の付き合い方がごっちゃになってしまっていることからでしょうね。
韓国人が“韓国は素晴らしい国である”と自慢するように、日本人も“日本国は世界一素晴らしい国だ。日の丸を掲げよう。君が代を歌おう。”と自信を持って自慢せねば何も始まらない、そのように小生は思っています。
大方の日本人の国意識は、国家意識にあらず、“くに意識”であり、その“くに”というのは江戸時代の藩にいまだ止まっているようにさえ思えてなりません。

ナガツキトオカ様、いつもどうも。
ご指摘の通り、去年9月の慶州地震(M5.8)がやはり
けっこう影響しているように思えます。
いずれにせよ、脱原発宣言はすばらしいことですよね。
日本もはやく脱原発をかかげないといけないんですけどね。

ところで、

>日本でことのほか嫌われている文さんです。

文さんは、やっぱ、嫌われてますか。
慰安婦問題での合意を覆すような言動のせいでしょうか?
どんな面で嫌われているのかちょっとコメントいただけると
うれしいです^^。

文大統領、ご立派

このブログ記事で始めて知りました、韓国の脱原発。
日本での取り上げ方は小さいようで、yahooニュースを見逃してしまいました。(小生、もう2年になりますか、新聞は読んだことがありません)
今朝、丹念にyahooニュース項目を見て、やっと発見。
韓国前政権時代には脱原発政策はなかったように思うのですが、ニュースによると「昨年9月、南東部・慶州で、過去最大規模となるマグニチュード(M)5.8の地震が発生」がけっこう影響しているようにも思えますね。
ところで、廃炉第1号は釜山ですから、文大統領には、こう言ってほしかったです。
「ここで大事故があったら北西風に乗って日本にも多大な放射能汚染をもたらす。隣国にどう申し訳できようか。」
日本でことのほか嫌われている文さんです。こう言えば大きな得点稼ぎができようというものですが、韓国内の反日勢力に対してはマイナスの効果となるのでしょうかねえ。

日本における草の根運動で小生のことを取り上げていただき、恐縮です。
でも、草の根運動も消耗してきています。
岐阜では3か月ごとにデモ行進があり、一頃は数百人の参加があったのですが、今回は200人ほどに減ってしまっています。岐阜市から40kmしかない名古屋市となると、もうここ2年、デモなしです。岐阜で都合がつかなかったら名古屋でデモ参加したいと思っている小生は寂しい思いをしています。
「皆が参加しなくなったら自分も止めとこう」というのが日本人の風潮でしょうが、「放射能はいやだ。この自分の考えは変わらない。」というのであれば「行動を起こさなきゃいかん。」と思う小生です。
ガンジーの言葉にケツを押されて、都合がつけばデモに参加している小生です。
 マハトマ・ガンジーの言葉
  あなたのすることはほとんど無意味であるが、
  それでもしなくてはならない。
  そうしたことをするのは世界を変えるためではなく、
  世界によって自分が変えられないようにするためである。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://cheonan.blog.fc2.com/tb.php/341-f99ac2bf

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

treenamu

Author:treenamu
韓国在住の日本人で、山歩きやサッカー、リフティングなどが好きです。小説・随筆なども書いてます。鴨長明、ヘッセ、バルザック、モーム、チャンドラーなどが好きです。スローライフがモットーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

韓流 (91)
学生エッセイ (79)
ランの窓 (2)
心と体 (12)
韓国のジョーク (4)
ふるさと (52)
詩 (12)
釜山さむらい (6)
数学 (9)
サッカー (11)
筆者のエッセイ (28)
未分類 (30)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索メニュー

RSS リンクの表示

リンク

이 블로그 링크에 추가하기

ブロとも申請フォーム

블로그친구신청

FC2Ad

Template by たけやん

動画ランキング