天安からアンニョン

日々の思いや韓流情報などをエッセイ風に書きます。韓国からの発信です。

肥田舜太郎さん

 히타_슌타로_20170325

2017年3月20日に永眠された肥田舜太郎医師。
自ら広島で被爆しながらも100歳という大長寿を全うされた偉大なる人物だ。
自分も被爆という凄惨な体験をしながら、
同じ被爆者の心の支えとなり治療にも専心されてきた。
原爆を地球から廃棄すること、戦争は絶対にしてはいけないこと、
原発もこの地上から廃絶することなどを、第一線に立ちながら叫び続けてこられた。
こちら韓国にも2013年3月16日、”反核医師会と保健医療の進歩フォーラム”の主催で来られ
「ふくしま、その核の惨状を語る」と題して主に'内部被ばく'の危険性について講演された。

この中で肥田医師は、
原発があること自体が問題であるゆえまず原発の廃絶から始めないといけないと韓国の聴衆らに訴えた。
そして被爆者として歩んで来ながら一番感じることは、
自分の命は自分が守るしかないということ。
生命というものについて考えれば考えるほどその主人公は自分なんだということに気づいたという。
われわれの生命の源は太陽。できれば太陽といっしょに起きて太陽といっしょに寝るという
昔ながらの生活をしたいものだと語る。
朝ごはんを食べること、そして「んにゃ んにゃ」とよく噛んで食べることこそ重要なのだそうだ。

肥田医師は1917年の1月1日生まれなので、満100歳プラス3か月この地上生活をされた。
頑健に生まれついたこともあるだろうけど、
自分の命は自分が守るんだという強い意志のもと、
よく噛んで食べ、味噌汁をすすい、早寝早起きの生活をしたからこそ
被爆しながらも100歳を越えるまで生きられたものと思われる。
その心は、生命体への愛、被爆者への愛、人類への愛に満ちていた。
あまりにも大切な日本の財産が、また一人永遠の旅へと向かわれた。       ご冥福をお祈りいたします。

                                                               写真の出展:http://nonukesnews.kr/175

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://cheonan.blog.fc2.com/tb.php/335-655cbb0a

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

treenamu

Author:treenamu
韓国在住の日本人で、山歩きやサッカー、リフティングなどが好きです。小説・随筆なども書いてます。鴨長明、ヘッセ、バルザック、モーム、チャンドラーなどが好きです。スローライフがモットーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

韓流 (94)
学生エッセイ (81)
ランの窓 (2)
心と体 (12)
韓国のジョーク (4)
ふるさと (55)
詩 (12)
釜山さむらい (6)
数学 (9)
サッカー (11)
筆者のエッセイ (28)
未分類 (31)

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索メニュー

RSS リンクの表示

リンク

이 블로그 링크에 추가하기

ブロとも申請フォーム

블로그친구신청

FC2Ad

Template by たけやん

動画ランキング