天安からアンニョン

日々の思いや韓流情報などをエッセイ風に書きます。韓国からの発信です。

赤秋

今日は、韓国の「教育新聞」という新聞に載っていたエッセイを翻訳してお送りします。
「赤秋」(せきしゅう)ということばは、筆者は知りませんでした。
やはり日本の書籍を200冊以上も翻訳してきている翻訳の大家だけのことはありますね。



「赤秋」

 かなり長い間、日本の書物を韓国語に翻訳してきたのだが、先月、とうとう最後の翻訳作業を終えた。これまでの仕事を振り返ったことはないが、おそらく200冊はゆうに越えているものと思われる。調べたことはないけれど、たぶん私がこの韓国では一番老いぼれの翻訳作家だと思う。そんな関係もあってかときどき聞かれることがある。「日本語の中で一番好きな表現は何ですか?」。私は躊躇なく答える。赤秋(せきしゅう)っていうことばだけど聞いたことある?って。日本語が朝鮮半島から渡っていったということは多くの人々が知っているけれど、「赤秋」ということばは韓国語にはない。ことばそのまま「赤い秋」という意味だ。何がそんなに赤いといういうのか。紅葉だろうか。あるいは夕日がしばし立ち止まる広大な草原だろうか。

 「赤秋」ということばは、日本では高齢者の青春という比喩で用いられている。物質と出世という世の束縛から逃れ、これからは自分の好きなことを自分勝手にやれるという自由を手にしたということなのである。

 老年期に差しかかった人なら誰でも共感する話だ。青春が青い春の日だとすれば、赤秋は赤い秋だ。春夏秋冬の四季の中で春と秋は対称をなしている。満開の夏を準備する春が青春とするならば、もう一度土に返る冬を準備する時期が秋、すなわち赤秋だ。冬が残っているからまだ終りではなく、それに結実の時でもある。豊かで美しい紅葉はおまけだ。

 荒涼とした秋風がもの悲しく吹いても、華やかだった春の日と暑い夏が過ぎ去ったのだからよく見ればこれもまた休息にもなろう。秋は確かに冷たい季節だが、豊かな収穫の時でもある。仮に炭疽病が流行って苦労した代価をもらえないとしても、私が流した汗の証拠として秕(しいな)と鳴子百合(なるこゆり)が残っている。秕も捨てずに大地においておけば肥やしになるしそこから新しい生命が生まれてくる。虚無であるはずはない。

 アカデミーで2回も主演女優賞をもらったジェーン・フォンダの老年は、社会運動家としてさらに大いなる名声をとどろかせた。彼女は老後を自分自身を取り戻す時期と定義した。幼少年期および成年期に続く人生の第三幕というわけだ。三幕の舞台で繰り広げられる演技は過去との和解だ。自分がなんで今の自分になったのかという棋譜の並べ返し作業だ。今まで生きてきながら数多くの事件と記憶が積み重なっている。間違っていた過去もあるしうまくいったこともある。それらが集まって今の自分ができている。したがって今の自分をばかにしてはいけない。だめなやつだと思うのもよくない。全てが終わったと思うのはもっとよくない。

 今年で86歳。今こそ私の人生で最も特別の時期じゃないだろうかと思う。今が一番幸せだし今が一番楽しいし今が一番自由であると自分自身がそう信じ、そう言い、そのように行動している。それでこそ今後もそうなるだろうこと間違いないので、私は誰よりも「熱い秋」を送ろうと計画中なのである。

  出典:    教育新聞2016年10月10日号。김욱(작가/컬럼니스트) <여든여섯, ‘붉은 가을’을 고대하며>  より
スポンサーサイト

コメント

永築當果さん。
いつもありがとうございます。
ブログへの引用、大歓迎です。
いつでもご自由に。

永築當果さんの薬屋ブログ、拝見しました。
大谷大学名誉教授の佐賀枝夏文さんのすばらしいエッセイ
が載ってましたね。拝読しまして、今じーんときています。

7.4の地震から一夜明けて
日本はまた平静を取り戻してますでしょうか。
日本民族よ、がんばって!と心からの激励を奉げます。

老い、赤秋に生きる

この表題で、ブログ「薬屋のおやじのボヤキ」に先ほどアップしました。
貴兄の翻訳文の一部を勝手に引用させて頂きました。ご容赦ください。
ブログ記事は次のものです。
http://blog.goo.ne.jp/miyakekazutoyo230910/e/c4808614bfbac4f920cc069ee895398f

永築當果さん。
いつもありがとうございます。

さすが、東洋医学の基礎をお持ちのナガツキさんですよね、
五行論における色の解釈、おもしろく読ませていただきました。

人生の第三幕っていう捉え方、わたくしも納得です。
筆者のキム・ウク氏は86歳ということですが、
これから赤い秋=熱い秋を楽しもうと計画中とあります。
そのエナジー、元気さに感動です。
90を目の前にしてこのバイタリティ。
人間、土に帰るまで現役なんだなあ、と感じさせられました。
キム・ウクさんから見ればまだまだ若輩のわたくしですが、
今から赤い秋を大いに楽しんでやろうじゃないかと
あれこれ計画を大きな紙に書いたりしています。
それがまた、うれしいです。

ナガツキさん、いい「赤秋」を見つけたら、
またコメント、お願いします。

赤秋にはチト早いか

小生も「赤秋」という言葉は知りませんでした。いいですね「赤秋」って言葉。
「青春」と「赤秋」の対比、これはやはり日本人が作った言葉かもしれませんね。
中医学(漢方)を少々齧っている小生ですから、五行論からすれば、バーソさんがおっしゃるとおり「白秋」となりますから。
小生が感覚的に捉えるに、イメージ的には「赤秋」は後期高齢者以降の感がします。
まだ、そこまで行っていない小生。
年齢(68歳)からすると、「黄秋」といったところですが、五行論では「黄」は春夏秋冬の季節の変わり目に入る「土用」の色となり、「秋の土用」は今年は10月20日から11月6日までで、日本の季節感とも大きなズレがあります。
ということで、「赤秋」という言葉をたいそう気に入った小生ですが、使うのは当分先になりそうです。
もっとも、還暦のお祝いで「赤いちゃんちゃんこ」を羽織るのですから、もう「赤秋」を使ってもいいとも言えます。
迷いますね、使う時期。
ジェーン・フォンダが言う「幼少年期および成年期に続く人生の第三幕」、これはいいですね。このエッセイの筆者も同様に思っておられるようです。
小生もそう。今、人生の第三幕を粛々と生きているといったところです。ただし、まだ、筆者が言われるような『私は誰よりも「熱い秋」を送ろうと計画中なのである』という境地には至っておりませんから、やはり「赤秋」はもう少し先になりそうです。
いずれにしましても、「赤秋」という言葉を紹介してくださった天安さんに感謝。カムサムニダ。

バーソさん、いつもどうも、す。

上には上があるということが
うれしいですね。
こういうすごい人もいるんですよね。

わたしもマネできればマネをしたいです。
後から行くものは、先達を越えてこそ
先達も喜んでくれるだろうと思います。
がんばりましょう^^。

バーソさんの文章には、いつも、わたし、感心してるんです。(このコメントもそうだし、ブログ本文のほう、ね)

なるほど。青春があれば、赤秋もある、ですか。
この言葉は知らなかったので、Wikipediaを見たら、こうありました。
 古代中国の五行思想では、「春」には「青(緑)」が当てられる。
 同様に、「夏」を「朱(赤)」、「秋」を「白」、「冬」を「玄(黒)」に当て、
 それぞれ「青春」、「朱夏」、「白秋」、「玄冬」という。
そうはいっても、秋は赤で、冬は白のほうが日本人の感覚的に合いそうですが、
そうすると夏の色が困りますね。冬の黒もちょっといただけません。

> 秋は虚無であるはずがない。
そう思います。
晩年が虚無なら、人生は春と夏だけしかない、となりますから。
四季があるのは、それぞれ存在理由があるからでしょう。

> それらが集まって今の自分ができている。
そう思いますね。
なんやかんや言っても、自分の道は自分が選択して歩んできた道。
道は一本の道であり、晩年はちょっと歩きにくくなっているだけです。

> 私は誰よりも「熱い秋」を送ろうと計画中なのである。
これはすごいですね。86歳でも大変な意欲がありますね。
やりたいことがあるからでしょう。
できれば真似したいものですが、才能のほうが残念ながらありません。

天安さんの翻訳も、流暢で、テンポの良さがあると感じましたよ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://cheonan.blog.fc2.com/tb.php/323-15cbafb2

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

treenamu

Author:treenamu
韓国在住の日本人で、山歩きやサッカー、リフティングなどが好きです。小説・随筆なども書いてます。鴨長明、ヘッセ、バルザック、モーム、チャンドラーなどが好きです。スローライフがモットーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

韓流 (91)
学生エッセイ (80)
ランの窓 (2)
心と体 (12)
韓国のジョーク (4)
ふるさと (53)
詩 (12)
釜山さむらい (6)
数学 (9)
サッカー (11)
筆者のエッセイ (28)
未分類 (31)

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索メニュー

RSS リンクの表示

リンク

이 블로그 링크에 추가하기

ブロとも申請フォーム

블로그친구신청

FC2Ad

Template by たけやん

動画ランキング