天安からアンニョン

日々の思いや韓流情報などをエッセイ風に書きます。韓国からの発信です。

米沢生物愛好会

今回は、ブログで知ることになったふるさとの会_米沢生物愛好会をご紹介します。




米沢生物愛好会は昭和30年に発足した自然愛好者からなる団体である。
斜平山をホーム­グラウンドとして置賜地方はもとより、福島県会津地方にも足を伸ばし
自然観察や歴史調­査を行い、報告書の作成をしている。
今までの調査では米沢市内のウコギ垣調査や会津街道の自然歴史調査が高く評価されている。
会員は米沢市民や置賜地区在住の方で構成され、現在60人位である。
4月から11月まで月1回の月例会、年1回の県外研修などを実施している。
大人ばかりでなく、登山や自然観察を通して子ども達の健全育成にも役立つ取り組みを心がけている。

今の会長は石栗正人さん。
植物の大家だ。
                                                   yukitsubaki_20160113_201304.jpg


ユーチューブを見ていただくとわかるが、              

ユキツバキの説明をされている姿が印象的だ。
このツバキは、そんじょそこらにはないツバキで、天然記念物になっているらしい。
希少なツバキなのだ。どんな花を咲かせるのだろう。
こんな会があったら、是非参加して、
地元に生える植物について、もっと深く知りたいところだが、、。

米沢生物愛好会スペック
米沢生物愛好会会長 石栗正人さん
米沢生物愛好会 分野:生き物
活動主会場: 米沢市内中心
開催日程: 毎月1~2回
連絡先: 米沢生物愛好会 会長 石栗正人 米沢市矢来2-5-42 TEL0238-22-3278


活動概要
生物愛好会の歴史は古く、昭和29年(1954)にきのこ博士であった故・清水大典氏が
「きのこ展」「野草展」を始めたことをきっかけに市民有志が集まり結成された。 
活動としては、
(1)月例会での調査観察会から環境保全の大切さを発信すること、
(2)活動記録をまとめた年2回発行の会誌「かただんご」の発行、
(3)観察会と親睦を兼ねた一泊旅行、
(4)郷土の文化遺産であるうこぎ垣の分布調査や植栽手入れのボランティア活動、
(5)会員の知識と趣味を発表する「愛好会展」等々、精力的な活動を行っている。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://cheonan.blog.fc2.com/tb.php/296-499c0114

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

treenamu

Author:treenamu
韓国在住の日本人で、山歩きやサッカー、リフティングなどが好きです。小説・随筆なども書いてます。鴨長明、ヘッセ、バルザック、モーム、チャンドラーなどが好きです。スローライフがモットーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

韓流 (94)
学生エッセイ (84)
ランの窓 (2)
心と体 (12)
韓国のジョーク (4)
ふるさと (56)
詩 (12)
釜山さむらい (6)
数学 (10)
サッカー (11)
筆者のエッセイ (28)
未分類 (31)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索メニュー

RSS リンクの表示

リンク

이 블로그 링크에 추가하기

ブロとも申請フォーム

블로그친구신청

FC2Ad

Template by たけやん

動画ランキング