天安からアンニョン

日々の思いや韓流情報などをエッセイ風に書きます。韓国からの発信です。

韓国と日本の音楽 _ 学生エッセイ64

学生エッセイシリーズは、韓国の日本語学科の学生らが書いた文章を紹介するコーナーです。
今回はその64回目で、男子学生 S S M さんの作品です。


「韓国と日本の音楽」
 私は子供の頃から音楽が好きだった。バラ─ド、ヒップホップ、ロックなどいろんな音楽を聞いてきた。いまでも最新曲をたいてい知っている。それで高校2年生の頃、初めて日本語を学んだ時日本のアニメ以外に音楽についても関心をもった。
 もっとも初めに見た日本の歌手はX-JAPANだった。X-JAPANは韓国に日本の文化が入り込んだ以後に私が知っている範囲内では韓国で一番愛された日本の歌手だろう。音楽あるいは日本の音楽に関心がない人たちもX-JAPANの'Endless rain’を聞いたことがないという人はいないだろう。だから私はX-JAPANを通じて自然に日本の音楽に入門し、そのあとに'L'Arc-en-Ciel''bump of chicken'などの 音楽を聞いた。
 とくに'bump of chicken'の音楽は、歌詞が叙情的で詩的だから日本の情緒が見える窓のようなものだった。そして'kokia''Yui''安室奈美恵'などの数多い音楽を聞きながら日本と韓国の情緒があんまり違っていないということを知るようになった。
 続いて最近の日本と韓国の音楽の話をすると欠かせないのが、'アイドル'だ。韓国ではちょっと人気が下火だが、相変わらず多くのグル─プが活動している。'Bigbang'や'KARA'のような韓国のアイドルは、日本での活動も良い成績を収めている。日本にも'モーニング娘'や'AKB48'みたいな国民的なアイドル以外にもいろんなグル─プが活動している。
 特に日本では今'ラブライブ''アイドルマスタ'のようなアニメに出演した声優たちで構成されたグル─プがかなり人気がある。日本の有名な音楽チャートであるオリ・コンチャートにアニメ'ラブライブ'の収録曲が一位にランクされたのは偶然ではない。そのような点は日本の独特な点だと理解している。韓国ではアニメの曲が一位になる場合は絶対ないと思う。その分日本が社会的に多様な趣味を認めるというな意味もあるのだから悪いとは思わない。曲も聞いて見たけど、思ったよりずっと良かった。これからも両国の音楽を愛し、楽しむようにしたい。


[한국과 일본의 음악]
 난 어렸을 때부터 음악을 좋아했다. 발라드부터, 힙합, 락 여러 가지 음악을 들었고, 지금까지도 여러 최신 곡들을 거의 다 알고 있다. 그러다보니 고2때 처음 일본어를 배웠을 때 일본의 애니메이션 말고도 음악에 대해서도 관심을 가졌다.
 가장 처음 본 일본의 가수는 X-JAPAN이였다. X-JAPAN은 우리나라에 일본문화가 들어오기 시작하면서 내가 알기론 우리나라에서 가장 많이 사랑받은 일본 가수일 것이다. 음악, 일본 음악에 관심 없는 사람들도 X-JAPAN의 ‘Endless rain’을 안 들어본 사람이 없을 것이다. 그래서 나는 X-JAPAN을 통해서 자연스레 일본 음악에 대해 입문할 수 있었고 그 이후에 ‘L'Arc-en-Ciel’ 이나 ‘bump of chicken’등의 음악을 들었다.
 특히 ‘bump of chicken’의 노래는 가사가 서정적이고 시적이라 일본의 정서를 볼 수 있는 창이기도 했다. 그리고 ‘Kokia’, ‘Yui’, ‘아무로나미에’ 등등 많은 노래를 들었고 일본 노래를 들으면서 일본과 한국 정서가 그렇게 차이가 많이 나진 않는다는 것을 알게 되었다.
 이어서 최근 일본과 한국의 음악얘기를 하자면 빠지면 안 되는 것이‘아이돌’ 얘기다. 한국에서는 잠시 인기가 주춤하지만 여전히 아이돌의 인기는 많고 엄청나게 많은 수의 그룹들이 활동 중이다. ‘빅뱅’이나 ‘카라’같은 아이돌은 일본 활동에서도 좋은 성적을 거두고 있다. 일본도 ‘모닝구 무스메’ 나 ‘AKB48’ 같은 국민 아이돌 그룹도 있고 그 외에도 여러 다양한 아이돌들이 활동 중이다.
 특히 일본에선 ‘러브라이브’나 ‘아이돌마스터’ 같은 애니메이션에 나온 성우들로 구성된 그룹들도 상당히 인기가 있다. 일본의 유명한 음악차트인 오리콘 차트에 애니메이션 ‘러브라이브’의 수록곡이 1위에 랭크된 것은 우연이 아니다. 그런 점은 일본의 독특한 점이라고 본다. 한국에선 애니메이션곡이 1위가 되는 경우는 아마 평생 보지 못할 것이다. 그만큼 일본이 사회적으로 다양한 취향을 인정한다는 의미도 되니 나쁜 점이라곤 생각하지 않고, 노래도 들어봤는데 생각한 것 보다 훨씬 좋았다. 앞으로도 두 나라의 음악을 사랑하며 즐기도록 하겠다.


スポンサーサイト

コメント

韓国の外務省が、両国の友好関係というものを斟酌して判決を出してほしいとの声明を出したんですか。
恥ずかしいですね、わたし、知りませんでした。
でもほんとよかったと思います。かなりの驚きとともに安堵でした。

わたしの学生がこういう’平衡のとれた’学生だけではないですが、
とくに日本語科の学生は、こういう学生がやっぱ、多いですね。
ニホンオタク的な子が多いです。おもろいです。

多種多様はよいこと。

 韓流ドラマも韓国の音楽のテレビは見たことがないですが――というより日本のその種のテレビも見ませんが――でも「KARA」は好きなグループでした。我が家のデジタルフォトフレームに彼女たちの動画を入れてあるほどです。

 昔、飛鳥奈良時代の頃から、日本に渡来した朝鮮人と土着の人が混じって、日本人を形成してきたのでしょう。顔も似てますし、生活スタイルも近いはず。お互いにもっと交流するのが本来で、自然なことだろうと思っています。

 このたび産経新聞の元支局長の判決が出る際、韓国の外務省が、両国の友好関係というものを斟酌して判決を出してほしいとの声明を出したそうで、無罪判決と共に、かなり驚きました。おお、よかったと思いました。
 そういう気持ちにみんながなれば、人種的にも距離的にも、世界で一番仲のいい国同士になれるはずです。
 過去を見て、それにこだわりすぎるなら進歩はまったくありません。現在を見て、未来を見ていけば、お互いにもっと仲良くなれると思います。

> 曲も聞いて見たけど、思ったよりずっと良かった。
そうです。「思ったより」とは、意味のない先入観は捨てなくてはいけないということでしょう。

> その分日本が社会的に多様な趣味を認める
> というような意味もあるのだから悪いとは思わない。
国際的にも多様な趣味、思考、生き方を認めるというのが大事なんでしょう。

> これからも両国の音楽を愛し、楽しむようにしたい。
こういう平衡の取れた考え方の学生がいると楽しみですね。 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://cheonan.blog.fc2.com/tb.php/288-829f9d65

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

treenamu

Author:treenamu
韓国在住の日本人で、山歩きやサッカー、リフティングなどが好きです。小説・随筆なども書いてます。鴨長明、ヘッセ、バルザック、モーム、チャンドラーなどが好きです。スローライフがモットーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

韓流 (94)
学生エッセイ (82)
ランの窓 (2)
心と体 (12)
韓国のジョーク (4)
ふるさと (55)
詩 (12)
釜山さむらい (6)
数学 (9)
サッカー (11)
筆者のエッセイ (28)
未分類 (31)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索メニュー

RSS リンクの表示

リンク

이 블로그 링크에 추가하기

ブロとも申請フォーム

블로그친구신청

FC2Ad

Template by たけやん

動画ランキング