天安からアンニョン

日々の思いや韓流情報などをエッセイ風に書きます。韓国からの発信です。

初雪

かばんと女の子(天安中心街)    天安市内でバスを降りるひとたち

11月26日(木)、天安(チョナン)に初雪が降りました。
初雪っていうのは、ちょっと降ってやむのが普通だと思うのですが、
今年の天安の初雪は「ドサ雪」。
それでも二十センチくらいでしょうか。

最近は雪が少なくなっている傾向がありますので、
雪という情報に対してもみんなあんまり気にもとめないのですが、
このいきなりのドサ雪に交通は一時麻痺してました。

わたしは朝六時五十分ごろ家を出て職場に向かうのですが、
車はやばいと思いバスでいくことにしました。
一分と待たずにバスがやってきました。
これは運がいいぞ、と思って乗り込んだはいいのですが、
十メートルもいかないうちにストップ。
前のほうをみると、えんえんと車がつかえています。
雪のため、なんらかの事故があったみたい。

でもわたしはバスの中。
やおら本をとりだし読書三昧。
バスで十分の距離が一時間20分ほどかかりましたが、
おかげでいちばん後ろの席で百頁くらい読めました。
とってもトクしたような朝になりました。

読んでいたのは『ぼくは数式で宇宙の美しさを伝えたい』でした。
自閉症と診断された息子が、実は数学の天才だったんですね。
ジェイコブという息子をどうやって育ててきたのかという
母親の育児奮戦記です。

既存の自閉症の専門機関などにまかせていたら
もてる天才も開花しなかったかもしれないというクリティカルな面なども見え
とても感動的な書ですね。

自分で考え、判断してゆくことの重要性をあらためて感じさせられました。
母親ならではなの鋭い感性があったからこそ、
息子がもてる天才をすなおに開花させることができたのだと思います。

あ、ちょっと大事なことをわすれてました。
この日、キム・ヨンサム元大統領のヨンギョルシク(永訣式)がありました。
永訣式というのは日本式には告別式に相当するものでしょうか。
線香をあげ自宅からお棺を出して国立墓地(顯忠院 ヒョンチュンウォン)に運び
土葬して土を盛り上げお墓を作りました。
自宅から国立墓地まで行く途中、初雪がちらりほらりと降ってました。
天からのラブレターを一身にあびながら
元大統領は最後の別れをつげることになりました。
この人ほど金銭的にきれいに生きた大統領も珍しいです。
ノ・ムヒョン大統領(自殺したが)がその面では同志といえるでしょう。
キムヨンサムは、私利私欲をこえて韓国のために生きた
「きれいな」大統領でした。
ヨンサムの発音から「YS」という略号で親しまれています。
ちなみにこの前のイ・ミョンバクは「MB」、キムデヂュンは「DJ」。

 

スポンサーサイト

コメント

かばんと女の子

かばんと女の子という写真は、
わたしの住む天安市の中心部の広場
「アラリオ広場」にある彫刻です。
世界的にも名の知れた彫刻家の作品たちだそうです。
この広場に十数点の作品がありますが、トータル
何十億だか何百億だかになるそうな(日本円でも)。
天安は、彫刻・芸術の街としても韓国ではちょっと
知られています。ちなみにここにおいてある彫刻のうち
いちばん高いのが頭だけちょっと見えている女の子の
彫刻だそうです。(お金のことだけ書いてスイマセン)。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://cheonan.blog.fc2.com/tb.php/285-7dc4df0c

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

treenamu

Author:treenamu
韓国在住の日本人で、山歩きやサッカー、リフティングなどが好きです。小説・随筆なども書いてます。鴨長明、ヘッセ、バルザック、モーム、チャンドラーなどが好きです。スローライフがモットーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

韓流 (94)
学生エッセイ (81)
ランの窓 (2)
心と体 (12)
韓国のジョーク (4)
ふるさと (55)
詩 (12)
釜山さむらい (6)
数学 (9)
サッカー (11)
筆者のエッセイ (28)
未分類 (31)

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索メニュー

RSS リンクの表示

リンク

이 블로그 링크에 추가하기

ブロとも申請フォーム

블로그친구신청

FC2Ad

Template by たけやん

動画ランキング