天安からアンニョン

日々の思いや韓流情報などをエッセイ風に書きます。韓国からの発信です。

正しいことばが生の限界を克服する原動力_ その2


まず、適切なことばを使用する習慣が必要である。
ことばは、普段の習慣を他人が自動的に相手を評価するものである。
これは、人の脳細胞の98%がことばの支配を受けているという学者らの話から
容易に知ることができる。

なぜなら、ことばは脳細胞を刺激して行動を誘発する能力があるからである。
人の舌は船のキーのようで、船が小さいキーによって方向を決めていくように、
人の舌は体の小さな器官として彼の体を支配し、
その人自身の満足および不満を判断する考えを作成するからである。
したがって満足ある生のためには、否定的で退廃的なことばは捨て、
柔らかく丁寧なことば、肯定的で礼儀正しいことばを使うべきである。

第二に、肯定的な生活習慣が必要である。
不満いっぱいの人々を見ると、「お前のせいだ」ということから始めて、
「だめだ」、「できない」、「時間の無駄だ」、「やったってどうせだめだ」などといった、
自分のことを棚に上げ、世界のすべてのことはオレがやれば
一点の不具合もなくできるんだという錯覚に陥っている姿をよく見ることができる。
こうした気持ちでは、満足できる人生には決してならない。
今は満足してはいないが、「これもオレのせいさ」と考えてさらに熱心に努力し、
「できる」という肯定的な気持ちに転換して希望を持つという肯定的な生活習慣が必要である。

第三に、生の限界を設定しないようにしよう。
カーネギーは言った。
「ない」「失った」という限界のあることばを言わなければ成功できると。
人は自分の自画像をどのように描くかということが重要である。
つまり、自分の肖像画を子供の頃からどのように描くかということである。
自分の自画像を正しく描けば、小さなことにも満足できる人になり、
そうでなければ不満に満ちた人になるだろう。
大体のところ、小さなことであれ大きなことであれ、
結果に対して自分である程度の満足と改善する習慣を持ち、
また自分の限界を設定しないという共通点を持っているもののようだ。
その例は、私たちの隣人や職場にいくらでも見つけることができる。

[한국어 원문]
우선, 올바른 말을 사용하는 습관이 필요하다. 말은 평소의 습관을 타인이 자동으로 상대를 평가하게 한다. 이는 사람의 뇌 세포 98%가 말의 지배를 받는다고 하는 학자들의 말에서 쉽게 알 수 있다.
왜냐하면 말은 뇌 세포를 자극하여 행동을 유발하는 능력이 있기 때문이다.
사람의 혀는 배의 키와 같은데 배가 작은 키에 의해 좌우로 방향을 정해 가는 것과 같이 사람의 혀는 작은 몸의 지체로서 그 몸을 지배하게 되고 그 사람 스스로 만족과 불만족을 판단하는 생각을 만들기 때문이다. 그러므로 만족하는 삶을 위해 부정적이고 퇴폐적인 언어를 버리고 부드럽고 공손한 언어, 긍정적이고 예의 바른 말을 사용하여야 할 것이다.

둘째, 긍정적인 생활습관이 필요하다. 불만 가득한 사람들을 보면‘너 때문이야’라는 것으로 시작하여‘안 된다’, ‘시간 낭비야’,‘해봐야 안돼’라는 등 자신에 대한 돌아봄 없이
세상의 모든 것이 자신이 하면 어느 것 하나 그르침 없이 잘 될 것이라는 착각에 살고 있는 것을 흔히 볼 수 있다. 이러한 마음들은 결코 만족할 수 없는 삶이 된다. 지금은 만족하지 못한다 하나 ‘나 때문이야’라는 생각으로 더 열심히 노력하면서 ‘할 수 있다’라는 긍정적인 마음으로 희망을 가지는 긍정적인 생활습관이 필요하다.

셋째, 삶의 한계를 설정하지 말자. 카네기는 말하기를‘없다’‘잃었다’라는 한계가 있는 말을 하지 않아야 성공한다고 하였다. 사람은 자기의 자화상을 어떻게 그리느냐 하는 것이 중요하다. 즉 자기의 초상화를 어릴 적부터 어떻게 그리느냐 하는 것이다. 자기 자화상을 성공적으로 그리면 작은 일이라도 만족할 줄 아는 사람이 되고 그렇지 않으면 불만으로 가득찬 사람이 되는 것이다. 대체적으로 작은 것이든 큰 것이든 결과에 대하여 스스로 어느 정도의 만족과 개선하는 습관을 가지고 있으며 또한 스스로 한계를 설정하지 않는 공통점을 가지고 있다고 보아진다. 그 예는 우리 이웃과 직장에서 얼마든지 찾아볼 수 있다.


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://cheonan.blog.fc2.com/tb.php/28-0317d994

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

treenamu

Author:treenamu
韓国在住の日本人で、山歩きやサッカー、リフティングなどが好きです。小説・随筆なども書いてます。鴨長明、ヘッセ、バルザック、モーム、チャンドラーなどが好きです。スローライフがモットーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

韓流 (93)
学生エッセイ (80)
ランの窓 (2)
心と体 (12)
韓国のジョーク (4)
ふるさと (53)
詩 (12)
釜山さむらい (6)
数学 (9)
サッカー (11)
筆者のエッセイ (28)
未分類 (31)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索メニュー

RSS リンクの表示

リンク

이 블로그 링크에 추가하기

ブロとも申請フォーム

블로그친구신청

FC2Ad

Template by たけやん

動画ランキング