天安からアンニョン

日々の思いや韓流情報などをエッセイ風に書きます。韓国からの発信です。

韓国のカップル事情  _ 学生エッセイ57

日本から留学している学生のエッセイ、ご紹介。(学生エッセイ57)
筆者はTCCさん(3年女子、日本人)。


「韓国のカップル事情」

  街を歩いて、バスに乗って、お店に入って、必ず思うこと。
カップルばっかり!どこもかしこも目に付くのはカップル。
もちろん同性同士や家族連れも見かけるがそれ以上に目に入ってくるのはカップルだ。
周りを気にすることなく仲良くしているので、なおさらなのかもしれないが…。

  韓国では、「付き合う」ことがもはやステータスのひとつなのではないか、と思うほどカップルが多い。
そして、街行くカップルを見ていて、志帆とあることに気付いた。
カップルの特徴として、大きく二つに分けることができるということ。

ひとつは、誰が見ても仲良さげにラブラブしているカップル。
これがおそらく80%を占めていると言える。
そして残りの20%は、彼女が拗ね(たフリ)、彼氏が機嫌を取るというカップルだ。
ここで重要な点は、彼女側は完全拗ねているわけではないということだ。
構ってほしいのか、素直ではないのかそこは分からないが、
結局はそれを経て80%の仲良しカップルになる。という、調査結果が私たちの中で出された。

だが、最近その「付き合うことがステータス」という考えが間違いかもしれないと思い始めてきた。
なぜかというと、韓国人の友達、聞く人聞く人ほとんどが自分はソロだというのだ。
それに付き合っている人は思っているより少ないよ、と。

とても衝撃だった。私たちが今まで見てきたものは一体何だったのだろう。
そう思ったところで不意に、英語の先生が話していた言葉を思い出した。
彼はアメリカ人なのだが、韓国人のカップルはいちゃつき過ぎだ、鳥肌が立つほどだ、と。
アメリカ人が言うのだからよっぽどなのだろうと少しの偏見を持ちながら思ってしまったが、
確かに韓国人は距離が近いうえにオープンな感じだ。
結果それが、カップルが多いという錯覚を起こしたのではないだろうか。

日本でもオープンじゃないだけで思ったよりカップルが隠れているのかもしれない。
と考えが落ちついたところで、また新しい韓国人と日本人の違いに気付けて楽しくなった。

韓国のカップル事情について、最近新しい疑問ができた。
日本では見ない光景、カップル+友達という光景だ。
ダブルデートとかではない。
友達は一人だったり、二人(同性)だったり様々である。
気まずくないのか、の前になぜいるのかと思う、この「カップル+友達」設定は
これから観察していろいろ推測していこうと思う。

スポンサーサイト

コメント

こんにちは。ピプコさん。

「太鼓持ち的な友達の介在」っていう図式もあるんですが、
まったくそうじゃなくて、ただあっけらかんとして
アベック(2人)に、第三者がついて歩いているっていう
図式もけっこうあるんですよね。この部分は日本では
ほとんど見れない光景じゃなかと思います。

で、本文にあるように、
「自分はソロで、付き合っている人は思っているより少ないよ」という部分についてちょっと解説してみます。
恋人関係になくても、男と女で冗談を言い合ったり
肩を叩いたり、という行為が、
日本の何倍も多くこちらでは見られるという事実が
あります。
身体距離が近いといえば、わかりやすいかもしれません。
韓国の人は、日本人よりも、何をする場合でも
その身体距離が近いです。
日本からの留学生(女性2人)が、あるクラスにはいってました。韓国人のある男とある女の学生が非常に近い距離で
ノートを見せ合ったり、冗談を言い合ったりしているのを見て、
てっきり恋人同士だと思った、と言ってました。
彼女らの目には、まちがいなく恋人同士と見えたわけです。

学生がわたしに質問にくるとき、顔と顔をぶつけるようにして質問するなども、珍しいことではありません。
(ちょっと極端な表現かも^)
ま、それぐらい身体距離が近いですね。
男女問わず、です。
卒業写真を撮るときなども、ぐっと近づきますから、
こちらが「おっ」と後ずさりするくらいですかね。

毎度です

….アベックですね…!

気になるのは「+友達」ってところ。
カップルで会話が弾まないから、太鼓持ち的な
友達を介在させるっていう、ある意味傲慢な
カップルの頼みを聞いてあげている優しい友達って
図式だと思いますけど、友達があまりにもかわいそうですね。
そんなコトを仕掛けるなら、ちゃんと友達の分の異性も
スタンバイさせておけよ!って思いますね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://cheonan.blog.fc2.com/tb.php/268-28bae61d

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

treenamu

Author:treenamu
韓国在住の日本人で、山歩きやサッカー、リフティングなどが好きです。小説・随筆なども書いてます。鴨長明、ヘッセ、バルザック、モーム、チャンドラーなどが好きです。スローライフがモットーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

韓流 (91)
学生エッセイ (79)
ランの窓 (2)
心と体 (12)
韓国のジョーク (4)
ふるさと (52)
詩 (12)
釜山さむらい (6)
数学 (9)
サッカー (11)
筆者のエッセイ (28)
未分類 (30)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索メニュー

RSS リンクの表示

リンク

이 블로그 링크에 추가하기

ブロとも申請フォーム

블로그친구신청

FC2Ad

Template by たけやん

動画ランキング