天安からアンニョン

日々の思いや韓流情報などをエッセイ風に書きます。韓国からの発信です。

発音 _ 筆者のエッセイ0020

 韓国に来て驚いたりたまげたりしたことの寄せ集めがこのエッセイ集の主なテーマだ。英語の発音もそのなかの重要な一つである。日本人の英語の発音を聞くと、こちらの人はたいてい笑う。聞いた瞬間、つい吹き出してしまうといったふうに笑うのだ。すべての英語の発音ではなくて、一部の英語の発音であるが。代表的なのは「マッカーサー」と「マクドナルド」。マッカーサーは韓国語式には「メガド」となり、マクドナルドは「メッドナルドゥ」といった感じか。どちらかというと英語の発音に近いといえるが、メガドは日本語と同じくらい英語の原音からはほど遠い感じだ。でも日本人の発音を聞くと吹き出してしまうのである。

 はじめはなんで笑っているのかわからなかったが、発音のせいで笑っているのだとわかったときかなり面食らった。マクドナルドっていう発音がかなり変な音として聞こえているのだ。言われてみれば英語の発音とはかなりちがう発音であることはたしかだ。ハンバーガーの店、あのMcDonald‘s を英語の発音で聞いてみると「メkダーナrズ(※)」と聞こえる。そばにアメリカ人がいなくても今はネットに入ればいとも簡単に英語の原音を聞くことができるので、実際、一度聞いてみてほしい。

 英語の発音をカタカナで正確に表記することは無理だ。音の出しかたが根本的に日本語と英語ではちがっているのだからそれは無理のない話だ。あえて表記するとすれば上のようになるわけだ。パーティーなどという語も、本来「ティ」という音節は日本語にないのであって、いつからかはわからないが「ティ」という表記を作り出して使っているのである。だったらコンセプトやインターネットなども、「ト」ではなく「トゥ」という表記を使って「コンセプトゥ」、「インターネットゥ」という表記にできないものか。英語の単語の最後にくる「t」や「d」を「トゥ」や「ドゥ」という表記にするのである。ちょっとだけでも英語の発音に近い表記になると思われるのだが。このように表記しそのように発音するだけでも、日本人の英語の発音を聞いて、韓国人がいまほどは笑わなくなると思うけど。彼らが笑うからというより、英語の単語をわざわざ日本語式にくずして発音せんでもいいのではないかというのがわたしの主張だ。

 お年寄りらがわからないからという反対意見もあるにはあるが、それも的を射た反論ではないと思う。コンセプトゥ(concept) をコンセプトといったからわかるのではない。concept ということばの意味が、「概念」とか「計画」などというものであることを知らないとどうしようもないのだ。英語がはいってくるのは、現代の世の中にあってはしかたのない現象だ。さからってもなんの意味もない。自然にまかせるべきだとわたしは考えている。そして、どうせ英語の単語を使うなら、英語の原音に近く表記し発音するのがいいと考えている。

 だいぶ前のことになるが、知り合いのアメリカ人女性のところに行って、わたしと妻(韓国人)と、MacArthur( マッカーサー) の発音を聞いてもらい、どちらが英語に近いか判断してもらうことにしたことがあった。わたし「マッカーサー」、彼女「メガドゥ」。アメリカ人の彼女、しばし頭をひねっていたが、「どちらも英語の発音からは遠いわね」と言った。「マッカーサー」に関しては引き分けにおわったわけだ。
 巻き舌の音とか、唇を噛んで出す音など、英語には日本語にない音がいくつかある。それらはどうしようもない音なので今まで通りに表記するにしても、末音の「t」や「d」は、「トゥ」や「ドゥ」という表記にしてほしいものだ。「ロナルド」と表記される人の名前でも、末音が「d」で終わるのか、スペイン人やイタリア人のように「do」となっているのか区別できない。外国で生活していると、こういった部分がけっこう不便をきたすのである。

(※)  「メkダーナrズ」。
この表記は、苦しまぎれの表記である。「メ」のつぎにすぐ「ク」ではなく「k」の音が続き、「メク」って感じになる。でも「ク」じゃなくて「k」なので「メk」って表記にしてあるわけだ。「ナルズ」のところも「ル」ではなくて「r」の音が子音でつづくので「ル」ではなく「r」としてある。こんな表記は実際には使われていないのだが、わたしとしてはなるべく英語の発音に近づけるための一つの方法として使用してみたのである。実はこんな方法は韓国語を表記する場合にも使いたいと思っている。より原音に近い発音の表記ができるからだ。たとえば「キムチ」という基本的な単語も「キムチ」ではなく「キm チ」と表記すればより韓国語の原音に近く表記できるのである。


                                                        (『おしょうしな韓国』より)

スポンサーサイト

コメント

おお、わがズーズー弁がNYにもありましたか。
いいっすね。

でも今ふるさとのズーズー弁が「まともに」しゃべれる人は
ほとんどいなくなってしまいましよね。
あたしたちの父親の世代あたりが
最後のズーズー弁ネイティブだったかと思われます。
さびしいですが、しかたないですかね。
ダニエル・カールさんのような人が
新しい息吹きを吹き込んでくれることで、
多少は活性化してるのかな。
それにしても、なんで
鹿児島弁(など)は大衆の前でも全然OKなのに、
東北のズーズー弁はしょうしい(はずかしい)のだ?!。
もっと堂々とズーズー弁を駆使するズーズー弁ネイティブはいないのか、と訴えたいわたしです。

こんばんは

>「メkダーナrズ」
確かにそんな発音だったと思いますけど、
これはあくまでも米語のしかもNY近辺の
ヤッピーイングリッシュっていう、いわば
ズーズー弁。もっと酷いのは「Mickey-Doナーズ」
っていうもうわけ分らんアクセントもあるんだそうです。
米語でも標準的にはマクダァーナーズ、
更に英国英語(??)でもマクダァナルズと、
比較的日本に近いんだそうです。
ちなみにフランスでは「マクド…」
奇しくも大阪と同じでした。

英語圏でない外国で暮らしていると
この英語系のことばの発音の聞き取りなどが
難しいですね。
いっそアメリカなど、
英語そのものの国での聞き取りのほうが
やさしいものと思われます。
それにしても英語は、一人勝ちのゲームを
進行中です。
ずっとこのままのベクトルで最後は英語一色に
なってしまうのか。
それとも、どこかでこの現象にブレーキがかかり
なにか別の方向性が現れるのか。
別の方向性が出るとしたらどんな形なのか。
どちらにしても、ことばの行く末は気になるところです。

マッカーサーがメガドゥ?!

語学には縁遠い小生ですが、中国語はとんでもない発音に思えるのに対し、韓国はお隣りであるがゆえに日本語の発音にけっこう近いのでは、と勝手に思っていました。
でも、大きな違いがあるんですね。
同じ日本語でも方言となると、仮名表記が難しいものがけっこうあります。だいぶ前に定着した名古屋方言の「デラウマ」。当地岐阜(名古屋から40km)でも使いますが、これは「ど偉い旨い(=大変美味しい)」を「デェーリャア ウミャァ」(正しい発音とはちょっと違いますが)と、ゆっくり発音するのが一般的です。最初に「デラウマ」と聞いたとき、意味が分かりませんでした。
言語表記・発音は難しいものですね。
英語の子音も難しいですね。conceptは「コンセプト」ではなく「コンセプトゥ」が近いでしょうが、いっそ「コンセプ」で済ませてしまったほうが、より間違いが小さいような気もします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://cheonan.blog.fc2.com/tb.php/255-df974a79

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

treenamu

Author:treenamu
韓国在住の日本人で、山歩きやサッカー、リフティングなどが好きです。小説・随筆なども書いてます。鴨長明、ヘッセ、バルザック、モーム、チャンドラーなどが好きです。スローライフがモットーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

韓流 (94)
学生エッセイ (82)
ランの窓 (2)
心と体 (12)
韓国のジョーク (4)
ふるさと (55)
詩 (12)
釜山さむらい (6)
数学 (9)
サッカー (11)
筆者のエッセイ (28)
未分類 (31)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索メニュー

RSS リンクの表示

リンク

이 블로그 링크에 추가하기

ブロとも申請フォーム

블로그친구신청

FC2Ad

Template by たけやん

動画ランキング