天安からアンニョン

日々の思いや韓流情報などをエッセイ風に書きます。韓国からの発信です。

口づけ

韓国についてしでもごじのなら朴正熙(バク・ヂョンヒ)というっているかといます朴正熙(バク・ヂョンヒ)1970年代大統領です独裁政権として有名ですが韓国国起こし一番大にやった人物ですね最後部下暗殺されます197910)。この有名朴大統領大統領クネ大統領ですそして朴正熙っこつまりクネ大統領従姉きょうの話題ヨンオクという女性金鍾泌(キム・ヂョンピル)元国務総理です金鍾泌氏朴正熙大統領をしていたときの国務総理ナンバー2でしたそのはナンバー2最後までナンバー2きました健在ですが)。こういうナンバー2がいればナンバー1はなんでもできますナンバー2がすごいときそのえます中国でも毛沢東がボスでやっていたとき周恩来がナンバー2でやってましたこの周恩来人格かったため毛沢東体制中国きく発展しました

ここから引用

イギリスの詩人ロバート・ブラウニングのから病気った彼女15年間介護してくれたかれてせにったブラウニングがげた201長詩'One word more(もう一言だけ)'その'Onceand only onceand for one only(一度たった一度そしてそれはたった一人のために)'という表現二回出てくる1951大邱(テグ)教会金鐘泌 (キム・ヂョンピル) 中尉小学校教師ヨンオクをんだいでもある

 金鍾泌625625でユギオ朝鮮戦争のこと直前朴正熙官舎べていためてヨンオクを見た朴正熙ずかしそうに台所だけをったりたりしていた625朝鮮戦争こり朴正熙 (バク・ヂョンヒ) 少佐戦線ヨンオクに、「かあったら金鍾泌のところにした金鍾泌があるだれかにばれてってみるとヨンオクが布団一枚かぶったままで高熱にうなされていたマラリアだったすぐ医者ませるとなんとかがった

 翌年14後退イルサ・フテ195114中国加勢までがった韓国軍隊一挙後退余儀なくされた出来事。)にソウルまでしもどされた金鍾泌ヨンオクがねてきた大邱デグから貨物ダンプに相乗りしてきた金鍾泌結婚決心したいつぬからないが二人とも孤魂 (結婚しないままぬこと) になるのはだった結婚後金鍾泌大尉東部戦線ったヨンオクが氷点下20さの乳飲子をえて廃墟となった春川チュンチョンまでやってきた。「心配になってあのいところでどうやってきるかとって来たの」とった金鍾泌後日、「家内のその情熱のために一生頭がらずにきてきたった

 金鍾泌元総理夫人であるヨンオク女史、2月21日った脳卒中不自由金鍾泌毎日夜遅くまでベッドを見守って月経っていたがたまに見分けられなくなるとそのたびに、デートをみますったすると正気になりったりしたという結婚指輪でネックレスを、息を引き取るにかけてあげた葬儀場ではいた。「これといった恩返しもできなかったけれどして逝ってしまうなんて。」  

 ヨンオク女史生前のインタビューで、「女必從夫ヨピルヂョンブつまりえついていくのみという気持をかみしめながらっていますった評価してほしいとわれると、「神様のような点数をつけるということ自体えられないこととし金前総理故郷夫婦用意して墓碑銘もすでにいてある。「内助んできた永遠伴侶一緒にここに」。夫婦かいってった写真るとなぜかている64一緒ごしてくるしずつおいにみあってしまったのだろう永遠のパートナー、「伴侶という言葉新鮮めて夫婦とはかをえさせられた

朝鮮日報http://premium.chosun.com/site/data/html_dir/2015/02/22/2015022202551.html



ここまで引用



政治家
っていうのはたいていつきで誠意がなく権力欲だけにされる単純人間そんな存在だとばかりってましてがこの金鍾泌 (キム・ヂョンピル) 前国務総理いてこんな政治家にはいるんだなつくづくとえさせられました記事にはないですがさんの臨終のときに金鍾泌氏つきそいの々を皆外して一人だけになりそっとづけをしたそうです真実ばれていたんですねどっかの映画ではなくて現実なんですしかも総理級ですこんなこともあるんですねしいです


スポンサーサイト

コメント

ピプコさんへ。

まずはピプコさんへ謝罪したいと思います。;;;
強い調子で書いてしまったと思います。
(実は友とめいっぱい飲んだあとでかいてしまって、、)
すいませんです。


>日本はどうすればお気に召すのでしょうか? としか、、

ここのところは、実は簡単です。
日本の代表(今はA)が、
老齢の慰安婦のおばあさんがたに
謝罪すればそれで全ては解決です。
おばあさん方が病床から言っているのは、
政府代表の口から「すまなかったねえ」と
一言謝りの声が聞きたいということだけなんです。


この問題は、ここまでにしましょうか。

こういう問題は、文章では誤解が生じてしまい
コジレてしまう可能性が大です。
いつかお会いして、目と目を見ながら
じっくりとお話しすべきかと思います。
そんな機会があってくれたらと、そう願う次第です。

「議論の余地なし」などとおっしゃらず、
いつでもご意見、お待ちしております。
(どんなコメントでもうれしく承ります。)
ブログもいつも楽しませております。
これからもよろしく。

>こういうことは、歴史上、日本以外の国は例がないと思います。

ちょっと驚きの御見識で、仮に本当にそうお考えであれば、
もはや議論の余地などなく、日本はどうすれば
お気に召すのでしょうか?としか答えはありません。
なん度も時の宰相は謝ってますし、国際女性基金も
作ったけれど、そんなもの要らないと突っぱねられて
しまってるのが現状です。
そんな中で、金氏の説は少々乱暴で雑ですが、
「冷静で公平な韓国人」のお一人として、
明るい両国の未来への希望でもあると感ずるわけです。

ピプコさん

ピプコさん、おばんです。

「正論」だと思います、いうのは、もしかして
「(元慰安婦たちを)引っ張り出し、難しい問題を作り出してしまった。
誰の発想なのかは知らないが、胸が痛む」、この部分でしょうか?

わたしも日本人として、慰安婦の問題など、ないほうがいいと思います。
でも日本は、軍(=国家)の方針として、「慰安所」設置をやったんですよね。
こういうことは、歴史上、日本以外の国は例がないと思います。
誰が引っ張り出したかはわかりませんが、
「引っ張り出すことができる」余地があったということだと思います。
隠しおおせることだったら永遠にそのままにしておくのがいいですが、
いつか出てしまう問題だったら、早めに出てしまったほうがいいかとも思います。
出てくるべくして出てきた問題だと言えるのではないでしょうか。
誰の発想かはわたしもわかりません。
なんで出してくるんだよ、と、ほんと、言いたいです。
でも、
歴史は、嘘で固めることはできません。
出るべき膿はすべて出してから、
再出発すべきだと、わたしは思います。


あるいは、
韓国についてもっとよく知り、理解した上で両国の友誼(ゆうぎ)を深めようという心が感じられない。
(日本の政治家たちが)当分は意地を張るだろうが、
韓国は必要以上に日本を刺激し、批判するようなことを少し慎むべきだ」と語った。

この部分でしょうか?ここの、
「韓国は必要以上に日本を刺激し、批判するようなことを少し慎むべきだ」
という部分は、わたしもまさにそうだと思います。
韓国は、必要以上に日本を刺激するのは慎むべきだとわたしも思います。
慰安婦でも、独島でも、
そのまま、なにも言わないで、
そっとしておくのが一番なんですよね。


はたまた、
金元首相は「かつて相手をした(日本の)政治家たちはそれでも度量があったが、
(慰安婦の存在を否定する)菅官房長官は本当に理解に苦しむ」と述べた。

この部分でしょうか?

この部分なら、納得です。かつての日本の政治家は度量があったが、今はない。
菅官房長官とかAなどは、理解に苦しむ。まさにそうです。

DBSさん

DBSさん、こんばんは。
NO.2が重要という話、共感していただいてうれしいです。
1が一番ですが、2もそれ以上に重要ですよね。

こんにちは

金鍾泌氏は現在、別件でとても注目されてますね。
いろいろな意味で「正論」だと思います。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/02/25/2015022500730.html

ナンバー1と ナンバー2 の部分、
僕も似たように思ったことあります。
ナンバー1はもちろん一番重要だけど
ナンバー2がどういう人間かで、
その組織はうまくもいくし、崩れたりもしますよね。
なるほど、です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://cheonan.blog.fc2.com/tb.php/233-ca6e4f7d

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

treenamu

Author:treenamu
韓国在住の日本人で、山歩きやサッカー、リフティングなどが好きです。小説・随筆なども書いてます。鴨長明、ヘッセ、バルザック、モーム、チャンドラーなどが好きです。スローライフがモットーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

韓流 (94)
学生エッセイ (84)
ランの窓 (2)
心と体 (12)
韓国のジョーク (4)
ふるさと (56)
詩 (12)
釜山さむらい (6)
数学 (10)
サッカー (11)
筆者のエッセイ (28)
未分類 (31)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索メニュー

RSS リンクの表示

リンク

이 블로그 링크에 추가하기

ブロとも申請フォーム

블로그친구신청

FC2Ad

Template by たけやん

動画ランキング