天安からアンニョン

日々の思いや韓流情報などをエッセイ風に書きます。韓国からの発信です。

ヨク_ 筆者のエッセイ0002

韓国語で「」という語がある。これは「ヨク」と発音する。
日本語で言えば「てめえ」「あほ」「おたんこなす」など、相手を罵り悪様(あしざま)に言う言葉のことである。
問題はこういうことばたちをひとくくりで表わす語が日本語にはないということだ。
「悪口」という語があるが、これは「あいつはうそばっかついている」とか、「てめえなんか、くそくらえだ」などのように相手を罵り悪様に表現するその文章のことを普通「悪口」と言うのではないだろうか。
「そんな悪口は言うなよ」と言えば、「彼のことに関してそんなふうな表現で悪く言うのはやめろよ」 というくらいの意味だと思う。
「ばか」とか「あほ」ということばそのものを表わす語が日本語にあるんだろうか。
言語学を生業といしている小生であるが、はずかしながらそれに該当する語をわたしは知らない。

わたしは韓国生活が25年をとうに越えているが韓国語のヨクについてはその一部しか知らない。日本語の「チェッ」にあたることばだけでも十個くらいはあるんじゃないだろうか。たいていは性や性器(それも女性性器)に関連するものが多いということだ。
韓国語というものを学問的に研究する語学者も多いが、その中には韓国語のヨクを専門的に研究している学者もいるという。
ヨク専門の学会が韓国には存在するらしい。
以前にもどこかに書いたが、ロシア語もヨクの多い言語として有名だそうだ。
ゴーリキーがロシア語のヨクの多さを絶賛したという話もあるらしい。

うちの娘は父さんが(韓国語の)ヨクを言わないから好きだという。
わたしは知らないから出せないだけなのであるが。

母親に叱られるときは、ヨクを浴びながら叱られるから、かなりの痛手のようである。
ダメージは二、三日続く。いいのか悪いのかわからないが、わたしの場合には知らないがために点数をかせいでいるようではある。

友だちと会ったとき、特に男子高校性あたりは、うれしさを表わすために互いにヨクを言い合うようだ。
この前何かのドラマを見ていたら五、六人の学生らが朝教室で顔を合わせる場面があった。
高校生のころは、友だちとただ会っただけでもなんとなくうれしいものだ。
このときの演出がふるっていた。学生らが何らかのスジの通った話をするのではなく、ヨクだけで数分間構成されていたのある。
これには驚きだった。

喧嘩にも、呪いにも、叱られるときにも、情の通い合いにも使われるヨク。
韓国語のヨクは生活の潤滑油として使われる側面が多分にある。
交通事故の現場での言い争い、喧嘩など大の大人が喧嘩する場面でもヨクの言い合いっこをしながら、逆にお互いの興奮を冷ます働きもあるようだ。ことばは烈しいがお互い手や足の暴力ではなくヨクをぶつけ合うことで、さらに大きな争いを予防する格好にもなっている。韓国語からヨクを取ってしまったら、彼らは一言もしゃべれなくなってしまうだろう。

ロシア語の教授(韓国人)に聞いてみた。
ロシア語の博士であるからロシア語のヨクなどはさぞかし知っているだろうと思って聞いてみたのである。
彼の言うにはほとんど知らないという。
モスクワで七、八年勉強し、現地で言語学の博士号(ロシア語)を取ってきた人であるが、ロシア語のヨクは知らないそうだ。
子どもの頃から現地に住んでネイティブとしてマスターしない限り、その言語のヨクは覚えられないものであるということをこのときはじめて知った。

英語でも韓国語でも、ことばを学ぶという立場からすれば、どんな単語でも学びたいし覚えたいものだ。子どもが知っていて大人のオレが知らないという図式がどうにもがまんできないわけである。

これはわたし一人に限ったことではないと思う。誰だって学ぶ以上は「子ども」よりは上になりたいはずだ。
スポーツやピアノやコンピュータといった技術・芸術系のものは、学べば子ども以上にはなる。
が、ことばに限っていうと、頭が固まった大人になってからいくら学んでも決して子ども以上にはなれない。
博士号を取ったとしても子ども以上にはなれない。そういう厳しい現実がことばの世界にはある。

もちろん勉強さえすれば、理屈を捏ねくり回し論文を書き、博士号を取って専門家として一人前にやっていくことはできるから、それほど悲観すべきものでもない。
けれどヨクをどれくらい知ってるのか、ことわざをどの程度知っているのか、擬声語・擬態語をどれほど知っているのかということばの奥深さの点になると、相手が子どもでも勝ち目はない。

そのことが肚の底から納得できたとき、その言語の専門家としての第一歩が踏めたと言えるのかもしれない。

スポンサーサイト

コメント

はい。

ヨクというのは、きれいなことばじゃないので、
あまり使わないほうがいい、というより、
普通には使ってはいけないですよね。
完全に友達だけの場とか、そういう中なら
冗談で使っても大丈夫かな、って感じですよね。

ヨクってこと

ヨクって、あまり使わないほうがいいのでしょうか.

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://cheonan.blog.fc2.com/tb.php/20-748ee58c

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

treenamu

Author:treenamu
韓国在住の日本人で、山歩きやサッカー、リフティングなどが好きです。小説・随筆なども書いてます。鴨長明、ヘッセ、バルザック、モーム、チャンドラーなどが好きです。スローライフがモットーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

韓流 (94)
学生エッセイ (82)
ランの窓 (2)
心と体 (12)
韓国のジョーク (4)
ふるさと (55)
詩 (12)
釜山さむらい (6)
数学 (9)
サッカー (11)
筆者のエッセイ (28)
未分類 (31)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索メニュー

RSS リンクの表示

リンク

이 블로그 링크에 추가하기

ブロとも申請フォーム

블로그친구신청

FC2Ad

Template by たけやん

動画ランキング