天安からアンニョン

日々の思いや韓流情報などをエッセイ風に書きます。韓国からの発信です。

ローマ教皇フランシスコ、韓国へ。

アルゼンチン出身の教皇フランシスコは、1936年12月17日生まれで、教皇就任は2013年3月13日。
コンクラーベで選ばれて第266代ローマ教皇となった。
非常に庶民的で倹約を旨とし、人々に暖かく語りかけるその人柄は全世界から絶大な信頼と人気とを誇っている。この教皇が2014年8月14日に韓国を訪れる。韓国は8月13日から国際数学者会議が開催され、すぐこの教皇お迎えの日となる。慌ただしい日々が続く。
キリスト教国の韓国は、ローマ教皇の知名度や人気が非常に高く、
人々の関心はワールドカップほどにも高まっています。

0809교황님
 <写真の中の韓国語>
KBSでは、教皇フランシスコにお伝えしたいことばを集めています。
emailと掲示板に自分の写真と教皇へ伝えたいメッセージを送ってください。
全国から集まった写真とメッセージは、KBSニュースHPを通して紹介し教皇にお伝えする予定です。

下はKBSニュースからです。


♦ここから引用♦
<アンカーコメント>
8月14日に訪韓するローマ教皇が韓国国民に伝える映像メッセージをKBSを通じて送ってきました。
フランシスコ1世はもてなしに感謝しますとし、
韓国国民たちと愛と希望を一緒に分かち合いたいと言いました。
ノテヨンの記者です。

<レポート> <録音>
 教皇 :  "愛する兄弟姉妹の皆さん! 数日後私は神の導きで、韓国で皆さんと一緒にいるのです。"
 固有の白いガウンをまとった教皇は、まず、感謝の意を伝えます。

<インタビュー> 教皇:  "今までみなさんが見せてくれたもてなしに感謝いたし、
皆さんが私と一緒にこの使徒的旅程が、韓国の教会や社会のために実を結ぶように一緒に
祈ってくださることを望みます。"

殉教者たちに対する<福者宣言>も再度明らかにします。

<インタビュー> 教皇:  "復活したキリストの光が、尹持忠(ユン・ジチュン)パウロと123位の同僚、
すべての信仰の殉教者たちの証しとして輝きます。
私は来る8月16日、ソウルでこの方たちを福者として宣言いたします。"

韓国の兄弟姉妹達と愛と希望を共にしてみたいというフランシスコ。

<インタビュー> 教皇:  "キリストの名のもと、愛と希望の福音を皆さんと一緒に分かち合おうという喜びで私は皆さんのところに参ります。神様が皆さんを祝福し聖母マリアが皆さんを加護してくださることを祈ります。"

KBS:http://news.kbs.co.kr/news/NewsView.do?SEARCH_PAGE_NO=&SEARCH_NEWS_CODE=2908620

♦ここまで引用♦

上のニュースの内容中、尹持忠パウロ云々という部分は、
尹持忠パウロという韓国の殉教者と123人の同僚らを「福者」としての称号を与え、栄誉を祝するということです。「福者」というのは、カトリックでの特別な用語ですね。


スポンサーサイト

コメント

フランチスコ教皇は、
18日、月曜日、
午前中、明洞(ミョンドン)聖堂で平和を願うミサを執り行い、その足で空港へと向かい、午後1時ごろ韓国を発ってバチカンへ。
4泊5日の日程を強行軍で通されました。
韓国に来るきっかけとなったのは、
韓国でカトリックアジア青年の集まりがあって、
これに教皇様がご参加いただけないものかと責任者が書いた手紙だそうです。
ご無理とは存じますが、、、としながら敬虔な態度で
書かれた手紙を読んで教皇が感動され、
アジア最初の訪問国として韓国に行こう、ということになったんだそうです。
宗教をはなれて、フランチスコ教皇は多くの感動を与えて
帰国されました。
赤ちゃんたちにキスしてあげる場面がなんといっても
いちばん印象に残る場面です。
社会の底辺で苦労している人たちに対する愛は、
実に本物でした。とってつけたようなところはどこにもなく、
昔から本人の志向だったことがその自然な物腰から
見て取ることができました。
慰安婦のおばあさんたちの手をとり、
一人ひとり十分に時間をとりながらことばもかわされました。
世界平和のためにこれからも長い間祈りとメッセージを
お願いいたします。

さきほど(午前中)、グァンファムン(光化門)のところで
「福者」宣言式が行われました。
124名の殉教者がはれて「福者」として公式に認められた
わけです。
われわれの生活とは直接的な関係はないですが、
カトリックとしては大きな行事ですね。
カトリック信者でない一般の人もフランシスコ教皇を見るため
100万人以上の人が集まったそうです。
2002年の日韓W杯以来の人出ですかね。
266代目の教皇フランシスコは、子供(赤ちゃん)が大好き
みたいで、パレード会場で近くに赤子がいると必ず頭をなで
たり、頭にキスしたりしてました。された赤子は今はわかりま
せんが、後々大きくなって録画など見れば、すごい栄光であっ
たことがわかるでしょうね。

福者(ふくしゃ Beatus)というのは、
カトリック教会において、死後その徳と聖性を認められた信者に与えられる称号。
この称号を受けることを列福という。
その後、さらに列聖調査がおこなわれて聖人に列せられることもある。  (wikiより)
今回、韓国で行われるのは、
尹持忠パウロという殉教者を含めて124人の人が
ローマ教皇によって「福者」の称号が与えられるということです。

韓国がキリスト教の国ということ、
初めて知りました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://cheonan.blog.fc2.com/tb.php/164-accb4888

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

treenamu

Author:treenamu
韓国在住の日本人で、山歩きやサッカー、リフティングなどが好きです。小説・随筆なども書いてます。鴨長明、ヘッセ、バルザック、モーム、チャンドラーなどが好きです。スローライフがモットーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

韓流 (90)
学生エッセイ (79)
ランの窓 (2)
心と体 (12)
韓国のジョーク (4)
ふるさと (51)
詩 (12)
釜山さむらい (6)
数学 (9)
サッカー (11)
筆者のエッセイ (28)
未分類 (30)

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索メニュー

RSS リンクの表示

リンク

이 블로그 링크에 추가하기

ブロとも申請フォーム

블로그친구신청

FC2Ad

Template by たけやん

動画ランキング