天安からアンニョン

日々の思いや韓流情報などをエッセイ風に書きます。韓国からの発信です。

コーヒー _ 学生エッセイ0038

韓国の若者、大学生がどんな文章を書くのか。
学生エッセイシリーズは、韓国の日本語学科の学生らが書いた文章を紹介するコーナーです。
今回はその39回目で、女子学生CSRさんの作品です。
(違和感のある部分は、ブログ管理者が適当に直してます。)

<コーヒー>

  私の取っている授業の中で「コーヒー」という教養科目の授業がある。中間テストの試験範囲の中でコーヒーの歴史について学んだのだが、興味深いことにコーヒーの歴史という内容なのに日本という国が出てくるではないか。コーヒーといえば普通欧州からというイメージが強いと思う。ところが『コーヒー』という教科書に日本のことが数多く言及されている。コーヒーを炒れる器具とか、日本人たちがコーヒーを炒れる飲み方、さらに欧州へと移民に行ってコーヒー栽培を行なう日本人など、コーヒーと日本人はとても深いつながりをもっているのだ。
  私がワーキングホリデーで日本にいたときのことを考えてみると、UCCコーヒーショップがとても多かったように記憶している。その時は何も知らなかったため「チェーン店だね、コーヒーの香りがいいね」などといいながら飲んでいたその店が、日本初のカフェだと知ってほんと驚いた。
  店ではアメリカンをよく飲んでいた。注文すると私の席のところに来て不思議な器具で直接コーヒーを煎れてくれたのを思い出す。たぶんそれは日本人が開発した日本式のコーヒーの煎れ方ではないかと思う。
  私は、日本と韓国のコーヒーに関しては「両方ともただ輸入して飲んでるんだろ」となんとなく思っていたけど、日本は韓国より170年も早くから具体的な歴史をもっていたのだ。考えてみると、日本はいつも古いものを大切に保管し保存しているのを見ることができる。韓国も最先端、最新式ばかりを目指すのではなく、古いものを見直し古いものの良さを未来に伝えていく姿勢も必要かと思った。


スポンサーサイト

コメント

日本のコーヒーの歴史が170年もあるんすか。
韓国の学生から教えてもらって、ちょっと恥ずかしいです。
でも、ありがとう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://cheonan.blog.fc2.com/tb.php/153-9ca21f3c

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

treenamu

Author:treenamu
韓国在住の日本人で、山歩きやサッカー、リフティングなどが好きです。小説・随筆なども書いてます。鴨長明、ヘッセ、バルザック、モーム、チャンドラーなどが好きです。スローライフがモットーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

韓流 (91)
学生エッセイ (79)
ランの窓 (2)
心と体 (12)
韓国のジョーク (4)
ふるさと (52)
詩 (12)
釜山さむらい (6)
数学 (9)
サッカー (11)
筆者のエッセイ (28)
未分類 (30)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索メニュー

RSS リンクの表示

リンク

이 블로그 링크에 추가하기

ブロとも申請フォーム

블로그친구신청

FC2Ad

Template by たけやん

動画ランキング