天安からアンニョン

日々の思いや韓流情報などをエッセイ風に書きます。韓国からの発信です。

虚虚実実

潘基文(バン・ギムン)UN事務総長の書いた「虚虚実実」という風刺詩があります。
英語の達人ということで有名な人ですが、
こういう哲学もある方だったんですね。
かなりエスプリのある詩ですので、
ぜひ味わってみてください。

♦ここから♦

「虚虚実実」

建物は高くなったが、
人格はもっと小さくなり、
高速道路は広くなったが
視野はさらに狭まった。

消費は増えたが
喜びはさらに減り、
家は大きくなったが、
家族はさらに少なくなった。

生活は便利になったが
時間は不足し、
持っているものは何倍にもなったが
大切な価値はもっと減った。

学歴は高くなったが、
常識はもっと不足し、
知識は高くなったが
判断力はさらに足りない。

専門家は増えたが、
問題はもっと多くなっており、
薬は多くなったが
健康はさらに悪化した。

お金を稼ぐ方法は習ったが
分け合う方法は忘れてしまったし、
平均寿命は延びたが、
生きる間の人生の意味を模索する術は喪失した。

月に行っては来たが
道を渡ってお隣さんと会うのはもっと大変になり、
宇宙に向けて進みはするが
我々の内面の世界は失われた。

空気浄化器は持っているが、
魂はもっと汚染され、
原子は分割できるが
偏見を打ち砕くことはできないでいる。

自由はさらに増えたが
情熱はさらに減り、
世界平和についてはたくさん語るが
心の平和はさらに減った。


(韓国語 原文)

허허실실(虛虛實實)

건물(建物)은 높아졌지만
인격(人格)은 더 작아졌고,
고속도로(高速道路)는 넓어졌지만
시야(視野)는 더 좁아졌다.

소비(消費)는 많아졌지만
기쁨은 더 줄어들었고,
집은 커졌지만
가족(家族)은 더 적어졌다.

생활(生活)은 편리(便利)해졌지만
시간(時間)은 더 부족(不足)하고,
가진 것은 몇 배가 되었지만
소중(所重)한 가치(價値)는 더 줄어들었다.

학력(學力)은 높아졌지만
상식(常識)은 더 부족(不足)하고,
지식(知識)은 많아졌지만
판단력(判斷力)은 더 모자란다.

전문가(專門家)들은 늘어났지만
문제(問題)는 더 많아졌고,
약(藥)은 많아졌지만
건강(健康)은 더 나빠졌다.

돈을 버는 법(法)은 배웠지만
나누는 법(法)은 잊어 버렸고,
평균수명(平均壽命)은 늘어났지만
시간(時間) 속에 삶의 의미(意味)를 넣는 법(法)은 상실(喪失)했다.

달에 갔다 왔지만
길을 건너가 이웃을 만나기는 더 힘들어졌고,
우주(宇宙)를 향해 나아가지만
우리 안의 세계(世界)는 잃어버렸다.

공기(空氣) 정화기(淨化器)는 갖고 있지만
영혼(靈魂)은 더 오염(汚染)되었고,
원자(原子)는 쪼갤 수 있지만
편견(偏見)을 부수지는 못한다.

자유(自由)는 더 늘었지만
열정(熱情)은 더 줄어들었고,
세계평화(世界平和)를 많이 이야기하지만
마음의 평화(平和)는 더 줄어들었다.

(글 반기문 UN사무총장)



スポンサーサイト

コメント

こんにちは

>なぜか幸わせ感というか生の歓びみたいなものが減っている

こんな話を思い出しました。金持ちが貧しい人を毎日援助していて、
大変感謝されていましたが、その援助がちょっと遅れたとき、
「今日は遅いですね」、と言って催促されたのだそうです。

また、キリストによって10人のライ病人が難病を癒されましたが、
感謝したのはそのうちの1人だけだった、という話もあります。

私の話ですが、子供の頃、食べておいしかった(同じ)ものを、
いま食べても、おいしいとは感じず、不思議に思うときがあります。

前回の私のコメント、意図はこうでした。3行目を修整。

 ならば、これからは真の「実」のほうを考えていけるはずです。
 そう考えると、もっと良くしていくのは一人ひとりの務めである、
 (以前よりも)今はいい時代になった、とも思ったのですが。
         ↓     ↓
 ならば、これからは真の「実」のほうを考えていけるはずです。
 そう考えると、もっと良くしていくのは一人ひとりの務めである、
 それができるはずの今はいい時代になった、とも思ったのですが。

バーソさん、コメントありがとうございます。

たしかに以前よりいい時代になったとは思うのですが、
なぜか幸わせ感というか生の歓びみたいなものが
減っている時代ともいえるような気もするんですよね。

バン・ギムンさんの風刺詩で印象深いのは
「専門家は増えたが、問題はもっと多くなっており、
薬は多くなったが、健康はさらに悪化した」あたりですかね。

次から次へと薬は開発されて出てきますが、
健康はさらに悪化している、というフレーズは
まったく同感です。
これは(世の中)何かが間違っているということではないでしょうか。

この詩を読んで、現在の己の位置を考えさせらたので、
ここにアップしてみました^^。

「挙々実々」

なるほど、すべて、ごもっとも、ごもっとも、と思います。
外面はきれいになっているようでも、内面は汚くなっている。
 「生きる間の人生の意味を模索するすべは喪失した」
 「内面の世界は失われた」「心の平和は減った」・・・
書かれていることはみな、自分に当てはまるような気がします。

しかしながら、ひと昔ふた昔前のことを思うと、どうでしょう。
日本も韓国も、食べることで精一杯、生きていくことに必死。
学歴、医療、住宅、空気浄化器、自由といったようなものは、
大抵の人には備わっておらず、まさしく「虚」の事柄でした。

現在はどうでしょう。両国とも経済大国と呼ばれるようになり、
人々の暮らしの環境は「虚」から「実」になりました。

ならば、これからは真の「実」のほうを考えていけるはずです。
そう考えると、もっと良くしていくのは一人ひとりの務めである、
(以前よりも)今はいい時代になった、とも思ったのですが。

永築さんのおっしゃるとおり、
韓国人は「日本に追いつけ追い越せ」と意欲的な方が多いですね。今も。それでもやはり、文化的・経済的に高い段階に進んでくると、1970-80年代のあの爆発的なエナジーは減っているといえるのではないでしょうか。情熱を持ち続けて生きて行きたいですね。

情熱はさらに減り…

バン・ギブンさんのおっしゃることは、日本人には100%当てはまります。
でも、小生、何となく韓国人は「日本に追いつけ追い越せ」と意欲的な方が多いのではないかと思っているのですが、それでもやはり「情熱はさらに減り」が支配的なのでしょうか。
小生、高齢者の仲間入りをしたとはいえ、まだまだ「情熱は衰えることなく」の精神を持ち続けたいと、自分で自分を叱咤激励しているところです。これは少数派か?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://cheonan.blog.fc2.com/tb.php/139-95f9db84

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

treenamu

Author:treenamu
韓国在住の日本人で、山歩きやサッカー、リフティングなどが好きです。小説・随筆なども書いてます。鴨長明、ヘッセ、バルザック、モーム、チャンドラーなどが好きです。スローライフがモットーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

韓流 (90)
学生エッセイ (79)
ランの窓 (2)
心と体 (12)
韓国のジョーク (4)
ふるさと (51)
詩 (12)
釜山さむらい (6)
数学 (9)
サッカー (11)
筆者のエッセイ (28)
未分類 (30)

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索メニュー

RSS リンクの表示

リンク

이 블로그 링크에 추가하기

ブロとも申請フォーム

블로그친구신청

FC2Ad

Template by たけやん

動画ランキング