天安からアンニョン

日々の思いや韓流情報などをエッセイ風に書きます。韓国からの発信です。

韓国と日本から聞こえた「天使の声」

あんな勇敢なこと、自分にできるだろうか。
このコラムの筆者と同じようにわたしも考えさせられたことです。
遠藤未希さんとバク・ジヨン(박지영)さん。
この崇高な精神のかけらでも、受け継ぎたいと思います。
以下、韓国・中央日報のコラムです。


【噴水台】韓国と日本から聞こえた「天使の声」

彼女自身も耐え難いほど怖かっただろう。22歳、大学を休学して乗客案内を担当する乗務員として船に乗ってからまだ1年半だった。だが予想できない事故でも毅然としていた。あわてる生徒たちに3階と4階を行き来しライフジャケットを配り、「お姉さんは?」という生徒たちのあせった呼びかけには、こう答えた。「船員は最後。君たちを救ってから、私は後から出て行くから」。セウォル号沈没事故で最後まで乗客を助けて命を落とした乗務員パク・ジヨンさん(22)のことだ。

  もう1人の人物が重なる。3年前の3・11東日本大震災当時、日本の宮城県の漁村、南三陸町の役場職員だった遠藤未希さんだ。当時の年齢は24歳。結婚8カ月の新妻だった。マグニチュード9.0の大地震が東北地方を襲った午後2時46分、危機を感知した彼女は2階の放送室に飛び込んでマイクを握った。「高さ6メートルの大きな津波(地震津波)が来ています。直ちに高い場所へ避難してください。海岸付近には絶対に近付かないでください」。津波が陸地まで飲み込むのにかかった時間は30分余り、彼女の声はずっと町全体に鳴り響いていた。その差し迫っていた叫びを聞いた7000人余りの町の人たちが、高い場所へ避難して助かった。結局、建物を襲った津波に飲み込まれた彼女は、地震発生後1カ月以上経ってから、冷たい遺体で故郷の海辺に戻ってきた。

  先週のセウォル号事故発生以後、2人のことが脳裏から離れない。2人ともベテランというにはまだまだ若い年齢だった。自身が日常的に遂行していた業務が、これほど危険千万になるということを彼女たちは知っていただろうか。夢にも思わないような危機が目の前に近づいた瞬間、自分ができること・すべきことだけを考えて頑なにその場を守る、その力はどこから出てきたのだろうか。私なら、私だったら、そんなことができただろうかと思うからだ。

  崇高な彼女たちの死は、人々の心を動かした。日本人たちは大震災後3年が過ぎた今でも、「天使の声」という名前で遠藤未希さんを忘れていない。彼女がマイクを握りしめて命を失った現場には追悼の足が途絶えず、小中高校の道徳の教科書には死によって義務を果たした彼女の話が載っている。私たちも、セウォル号を最後まで守ったこの若い乗務員の名前を、長く忘れないでいたい。日常のために簡単に忘れてしまいそうな、私がしているこの仕事の重く厳重な責任を再確認させてくれる、この「天使」のことを。


参考サイト 中央日報
http://japanese.joins.com/article/467/184467.html?servcode=100&sectcode=140&cloc=jp|article|ichioshi



スポンサーサイト

コメント

永築當果(ながつきとおか)さん、コメント、ありがとうございます。わたくしのブログ管理のミスでコメント欄を落としてしまいました;;;;。。。

「韓国のマスコミが、日韓の若い女性を2人並べて大きく評価する記事を書いてくれました。 、、、途中略、、、それにしても、現在の緊張した日韓情勢の中で、よくぞこの記事が書けたものだと敬服します。」

この記事を書いたのはイ・ヨンヒ(이영희)という文化スポーツ部門記者です。立派な見識の方だと思います。

ただ、韓国の人が、日本の多くの方が考えるほど日本叩きにいそしんでいるわけではありません。客観的な立場から日本・韓国の関係を見つめ、なんとかせんとアカンと考える人たちは多いです。政治レベルではどちらもダメなので、残された民間レベルでの歩みをやっていくしかない状況ですね。永築當果さんにも、隣国との友好の面で関心をもっていただければほんとうにありがたく、感謝です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://cheonan.blog.fc2.com/tb.php/120-feedff10

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

treenamu

Author:treenamu
韓国在住の日本人で、山歩きやサッカー、リフティングなどが好きです。小説・随筆なども書いてます。鴨長明、ヘッセ、バルザック、モーム、チャンドラーなどが好きです。スローライフがモットーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

韓流 (94)
学生エッセイ (84)
ランの窓 (2)
心と体 (12)
韓国のジョーク (4)
ふるさと (56)
詩 (12)
釜山さむらい (6)
数学 (10)
サッカー (11)
筆者のエッセイ (28)
未分類 (31)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索メニュー

RSS リンクの表示

リンク

이 블로그 링크에 추가하기

ブロとも申請フォーム

블로그친구신청

FC2Ad

Template by たけやん

動画ランキング