天安からアンニョン

日々の思いや韓流情報などをエッセイ風に書きます。韓国からの発信です。

下痢 _ 筆者のエッセイ0006

韓国生活一か月目ぐらいで激しい下痢をした。
何のまえぶれもなくとつぜんのことだった。

ある朝、急に下痢になった。原因はわからない。
前日に何か不審なものを食べたかと思い、しきりに頭を巡らしてみるが、
思い当たるものはない。

とりあえず近くの薬屋にはいり、下痢の薬を買って飲んだ。
どうやって買ったかは覚えていない。

まだ韓国語がよくできないころだったから、妻といっしょにいって買ったような気もするし、
紙に書いてもらってその紙を見せて買ったような気もするが、
たしかなところは覚えていない。
とにかく薬を買って飲んだ。

するとそれがまたすごい効きようで、飲んだらすぐなおってしまった。
下痢はその後もたまにはあるが、すべて原因があるものだけ。

生ガキを食べたとか、ピーナッツを多量に食べたとか。
原因のわからない下痢はそのとき一度きりだ。

韓国生活もだんだん長くなってくると、
韓国に住んで一か月ぐらい経つ頃下痢をしたという人が、意外に多いことがわかった。

韓国に限らず新しい地に住めば、水も食べ物も空気もすべてが変わるわけだが、
一か月ほどで腸内菌が新しい環境に順応するという。
そのころに激しい下痢をするらしい。

あのときの下痢は、韓国に適応したという免許証のようなものだったのだろう。
水による洗礼ならぬ、さながら下痢の洗礼といったところか。『おしょうしな韓国』より)




スポンサーサイト

コメント

弟子の手本^

手前味噌ですが、
学生からうれしいメールが来ました。
以下がメール内容。

こんばんは。ス_ンです(^^)

昨日授業がおわってすぐ慶州へ旅行にいきました!
もちろん姉と。。。。
慶州へきたら先生のことが思い出したので、メールしてみました。
先生のエッセイに천마총が書いてあったから、そこも行ってきました!
やはり私は雨女ですので、慶州に向かう時、運転が大変だったです。。(;_;)
明日も降ったり止んだりするようです!日曜日の朝早くソウルに帰ってくる予定ですが、日曜日から晴れだそうですね(>_<)
これで間違いなく雨女ってことが証明されました。はは!
先生のエッセイのおかげで即興旅行をきめて、そしてすごく楽しみながらブラブラしてます。
ありがとうございます!(^^)!

また、火曜日の授業に伺います♡
先生も風邪をひかないように気をつけてください。

という内容で、本を読んで実際にギョンジュ旅行に行く。
行動力とバイタリティが噛み合わさった
すごいエナジーだと思います。
こういう学生がけっこういて、
教師冥利に尽きますね。

재미 있게 봤습니다

ヒヨンさん、楽しく読んでくれてありがとう。
日本語が上手そうですね。
がんばってください。

제가 태어나기 전의 이야기지만
재미 있게 읽었습니다.
下痢, 고생하셨네요.

サンナクチ

韓国の薬、1度試してください^^。

「生のタコの踊り食い」ですか。
これは、たぶん、「サンナクチ」のことじゃないかと
思いますね。
「サンナクチ」というのは、
直訳すると「生きたタコ」の意味です。
小さめのタコを小刻みしてごま油と塩ちょっとで
そのまま食べます。
足なんかはぐにょぐにょと動いています。
それをそのまま食します。
海の珍味といっていいでしょうかね。
わたし、これ、実はかなり好きです。
でも、10歳以下ぐらいの子供は、ちょっと危険です。
タコの足の吸盤が舌やのどや口蓋にくっついて
窒息することがあるからです^^。
そういう事故は、もちろんほとんどないですが、
何年かに1回くらいは、それに類した事故があります。
が、これを食べて中毒で顔の形が変形した
という事例は、まだお目にかかったことがありませんね^^。

「サンナクチ」、釜山などが有名です。
是非1度、お試しください。

こんにちは

韓国の薬は「えらく効く!」って云いますものね!

私の部下は、ヤメろと地元の商社の人に注意されてたのに、
胃袋には自信あるからと、「生のタコの踊り食い?」を
食して、翌日、中毒で顔の形が変わってましたよ!。






感謝です

薬屋のおやじさん、
アドバイス、まことに感謝です。
そうなんですよね、
「しばしトイレとの往復が“今せねばならない仕事”」
なんですよね。
しかと頭に刻み込んでおきます。
今後とも、このような常識を覆すアドバイス、
よろしくお願いします。
わたしだけじゃなくて、
このブログをご覧になっている多くの「ファン」の方々にも
とても有益であると思います。
こういったアドバイス、ほんと、感謝ですよね。

下痢の洗礼

薬屋のおやじにとって、これは初耳です。
“外国在住1か月症候群”とでも言えましょうか。
でも、日本国内であっても“水が変われば体に気をつけよ”と昔から言われていますから、外国なら、さもありなん、と言えるでしょうね。

さて、下痢止め。これは考えものです。
特に食中毒の場合。腸は、“毒があるから排出しよう”と考えている(腸は第二の脳と言われ、考えるのです!)のですから、微温湯を飲むなどして排出を手助けしてやらねばならないのです。
下痢止めを使って無理に止め置くと、毒が体中に回ってしまい大変なことになります。
下痢止めを使うケースは、多少体を害してでもどうしても出席せねばならない重要な会合などに限るべきです。
一般的には、お腹を温めて横になり、しばしトイレとの往復が“今せねばならない仕事”であると心得ることです。
薬屋のおやじからの差し出がましいアドバイス、お許しください。





26年も

かれこれ、これも26年前の話です。
ああ、時間は途方もなく過ぎてしまったなあ、って
感じですね。
でも、26年も前のことなのに
記憶はあまりにも鮮やかです。
手で触れるくらい具体的です。
フシギです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://cheonan.blog.fc2.com/tb.php/101-bd74083d

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

treenamu

Author:treenamu
韓国在住の日本人で、山歩きやサッカー、リフティングなどが好きです。小説・随筆なども書いてます。鴨長明、ヘッセ、バルザック、モーム、チャンドラーなどが好きです。スローライフがモットーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

韓流 (90)
学生エッセイ (79)
ランの窓 (2)
心と体 (12)
韓国のジョーク (4)
ふるさと (52)
詩 (12)
釜山さむらい (6)
数学 (9)
サッカー (11)
筆者のエッセイ (28)
未分類 (30)

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索メニュー

RSS リンクの表示

リンク

이 블로그 링크에 추가하기

ブロとも申請フォーム

블로그친구신청

FC2Ad

Template by たけやん

動画ランキング