天安からアンニョン

日々の思いや韓流情報などをエッセイ風に書きます。韓国からの発信です。

"I shall go to Korea" 私が韓国に行く。

韓国の放送局の中でこれだけは中立だといえるのがJTBCという局だ。
この局のメインニュースが毎日午後8時からある。
下は、5月28日(月)にあったものを筆者のことばも補いながらご紹介したい。

"I shall go to Korea" 私が韓国に行く。

米国第34代大統領選挙日を十日後に控えた1952年10月24日、
共和党の大統領候補だったドワイトD・アイゼンハワーはそのように言った。
アイゼンハウアーはその年の初めまで、政治には何の経験もない政治の新人だったが、
彼が大統領候補にまで上り詰めることができた背景には、他ならぬ韓国戦争があった。
米国の国民たちは2年以上にわたり続いていた戦争に嫌気がさしていて、
これを察知した共和党およびアイゼンハワーは、
韓国戦争の名誉ある早期終息を実現するために韓国に直接行くと宣言したのである。

彼は選挙で勝利し、大多数の政治評論家たちは、後々、
「選挙はあの夜("I shall go to Korea"と言った日)、すでに終わっていたのだ」という評価を下した。
66年前の出来事である。

「首脳会談は開かれないだろう。気が変わったら連絡してくれ。」
こんな内容の手紙を先週の週末、トランプが金正恩に出していた。
その波動は韓国だけでなく、全世界を震撼させた。この天地をひっくり返すような「振動」は後日、
南・北・米政治史に再度、とんでもなく劇的なページとして飾りたてられるはずだ。

番狂わせに続く番狂わせ、わずか数日の間に、
今後、別の番狂わせが起きたとしてもそれほど驚かないくらいの耐性ができたとでも言おうか。

いわゆる大国大統領の一言一言に韓半島の運命が行ったり来たりはしたのをこの目でしかと見、
彼がまた何を言っているのか彼のツイッターを覗きこまなければならないこの現実...。
しかし考えてみれば、我々はいつもそんな不確実性の時代を生きてきたのであり、
これからの時間もはっきりしたことは何一つないという事実。

66年前、アイゼンハワーが政界に登場する前から始まっていた休戦交渉も、
2年という長い時間の間に160回近くも退屈な会談があったのだ…
古くてぶ厚い壁が一夜にして崩れ去るだろうなどという願いは、
最初から幻想かつロマン的な考えだったのかもしれない。

Go to Korea.
韓国に行って直接戦争を終わらせるつもりだと話したアイゼンハワーのその発言のように、
先週末、韓半島を揺るがしたその主人公たちもまた、我々が望むその場所で会い、
そんなに長くなるかもしれない交渉の時間を少なくともスタートだけはさせたことくらいにはなるのだろうか...。

話したい内容は、実はもう一つある。
アイゼンハワーの発言「Go to Korea」は、
当時アメリカ社会で流行語かつ慣用語になって、次のような意味でも使用されたと云う。
「Go to korea」=曰く「正面から難題と向き合い、突破する」。


きょうのアンカーブリーフィングでした。(ソン・ソッキー アンカー JTBC)

スポンサーサイト

電撃的南北首脳会談

5月26日(土)、電撃的に南北首脳会談が開かれた。
金正恩委員長と文在寅大統領が北側の板門閣にて午後3時から約2時間ほどの対話を行なった。
北の金委員長から25日(金)、南側に要請があったとのこと。
文大統領はフンケイ(望むところと)OKしたという。

さきほど、ここ韓国で27日(日)午前10時から、文大統領が直接登場して
きのうの第二次南北首脳会談についてブリーフィングを行なった。
文大統領直接のブリーフィングのポイントは次のよう。
まず、金委員長は、朝鮮半島における完全な非核化について再度強い意志を示した。
非核化が完成するロードマップについては米との交渉になるため、
これについては文大統領は言及を控えた。
金委員長が一番心配しているのは、北が非核化をしたあかつきに、
米がほんとうに体制の保障と経済支援をしてくれるのかどうかということであった。
この点については、文大統領はトランプ大統領の意思を明確に伝えた。
つまり、北がほんとうに非核化に踏み切るならば、米は必ず体制の保障と経済支援を行なうということを。
そして、6月1日に再度南北首脳会談を行なうこと、
また6月12日の米朝首脳会談のための準備を6月のあたまくらいから米朝で進めていく。
南北は必要があるなら、今回のように格式を抜いてすぐにでも会おうということを約束した。

こういったあたりが、文大統領の報告の内容であった。
トランプがなぜ米朝首脳会談はしないといったのかについては、何の言及もなかった。
キム・ゲガンとかチェ・ソンヒの発言などをうけて、トランプが会談中止宣言をだしたのかもしれないが、
今のところトランプの一旦は「しない」といった動機・原因についてはまだ明確ではない状態だ。
しかし1日後にはまた「やる」用意があるとツイッターに書くなど、
トランプ一流のやり方で国際情勢をハンドリングしている。
27日現在の状況としては、トランプも金委員長も約束の6月12日の米朝首脳会談は
シンガポールで行なう雰囲気ではある。

韓国の野党の韓国党(保守派)のホン・ジュンピョという党首は、
文大統領の成功していく姿を見るのがとてもいやのようで、
ことあるごとにナンクセをつけて、南北および米朝首脳会談が失敗することを願うような発言ばかりしている。
韓国の危機状況ひいては朝鮮半島の危機状況を解決することができるかもしれないという現在において
なんで足をひっぱるような発言ばかりしているのか、その気が知れない。
狂っているとしか思えない。
金正恩のことを狂っていると見ている人間はあまたいるはずだが、
筆者からみたら、金正恩は正常である。
狂っているのはホン・ジュンピョとかそれに順ずる文氏の成功をカタハライタシと感じている連中だ。
当事国である韓国の中にもこういう輩がいるというのは、
情けないことであるけれども、どんな立場でも存在できるという自由の証でもある。

米朝首脳会談中止ということで、一旦は地獄に落ちたような雰囲気だった韓国が
またまた息を吹き返した格好だ。
これから6月12日まではそれほど日数はないが、またどんな変数が生じるとも限らない。
とにかく今のところは、今回の26日の第二次南北首脳会談の成功をはずみに
米朝会談の成功を祈るばかりだ。

地球規模で見ても、今ここ朝鮮半島が熱い。
多くの人の応援が必要なときだ。
日本にいるわたしの友人たちにも、応援の祈りをお願いしている。
多くの友らは、それに応えてくれて成功を祈るというメッセージをわたしに送ってくれている。
うれしいことである。

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

treenamu

Author:treenamu
韓国在住の日本人で、山歩きやサッカー、リフティングなどが好きです。小説・随筆なども書いてます。鴨長明、ヘッセ、バルザック、モーム、チャンドラーなどが好きです。スローライフがモットーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

韓流 (110)
学生エッセイ (87)
ランの窓 (2)
心と体 (12)
韓国のジョーク (4)
ふるさと (58)
詩 (12)
釜山さむらい (6)
数学 (11)
サッカー (12)
筆者のエッセイ (28)
未分類 (31)

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索メニュー

RSS リンクの表示

リンク

이 블로그 링크에 추가하기

ブロとも申請フォーム

블로그친구신청

FC2Ad

Template by たけやん

動画ランキング