天安からアンニョン

日々の思いや韓流情報などをエッセイ風に書きます。韓国からの発信です。

原理原則 _ 学生エッセイ79

学生エッセイシリーズは、韓国の日本語学科の学生らが書いた文章を紹介するコーナーです。
今回はその79回目で、男子学生 S D H さんの作品です。
日本文化のキーワードについてのエッセイ課題での文章です。



<原理原則に従う社会>
私が日本に行き、暮らしながら一番のキーワードに感じたものは「原理原則」である。
それを一番はっきりと感じたのは、日本の銀行で初めて通帳を作る時のことだった。
韓国で通帳を作るというのは簡単なものである。番号札を引き、銀行員さんの前に座れば10分以内で作れるものだ。
しかし、日本の銀行員さんは違った。座って通帳を作りたいと言ったら、書類を出しては
そこに書かれている注意事項や契約内容などを一々読みながら説明をしてくれるのだった。
結局通帳を作るのに1時間半もかかってしまった。
最後に銀行員さんに、みんなこうして通帳を作るのかと聞くと、逆に他の国ではちゃんと書類を読まないで
どうして通帳を作れるのかを反問されたので、さすがに答えようがなくなり適当にごまかしてしまった。
そこで原理原則さというのをを強く感じた。
この出来事を友達に話すと、その友達も似たようなことがあったらしい。
それは携帯を買う時のことだったらしいが、 書類を一々全部読んで契約するのに2時間もかかったそうだ。
それを聞いて、日本人は原理原則が大好きなんだなと思った。
勿論原理原則を守ることは悪いことではない。守るべき秩序なのだから。
しかし、ちょっとひねくれた考え方をすると、一連の話は責任を回避する行動のようにも思える。
あの時全部読んであげたことを担保として、責任を拒めるという図式だ。
原理原則が正しいとか間違ってるとかの話ではない。
私はただ日本人からそんなイメージを強く感じたのである。


「원리원칙에 따른 사회」
내가 일본에 가서 생활하며 가장 중요한 키워드로 느낀 것은 '원리원칙'이다.
그것을 가장 똑똑히 느꼈던 것은 일본 은행에서 처음으로 통장을 만들 때였다.
한국에서 통장을 만드는 것은 간단한 일이다. 번호표를 뽑고, 은행원 앞에 앉으면 10분 이내에 만들 수 있다.
하지만, 일본 은행원은 달랐다. 앉아서 통장을 만들고 싶다고 했더니, 서류를 꺼내서는
그 서류에 쓰여있는 주의사항이나 계약내용 등을 하나하나 읽으며 설명해주는 것이였다.
결국 통장을 만드는데 1시간 반이나 걸리고 말았다.
마지막에 은행원에게 다들 이렇게 통장을 만드느냐고 묻자, 되려 다른 나라에서는 서류를 똑바로 읽지 않고
어떻게 통장을 만드냐고 묻기에, 영 대답할 길을 찾지 못하고 적당히 얼버무리고 말았다.
그 때에 원리원칙 다움을 강하게 느꼈다.
이 일을 친구에게 말하자, 그 친구도 비슷한 일이 있었다고 한다.
그것은 핸드폰을 살 때 였는데, 서류를 일일히 전부 읽는 바람에 계약하는 데에 2시간이나 걸렸다고 한다.
그것을 듣고, 일본인은 원리원칙을 정말 좋아한다는 것을 느꼈다.
물론 원리원칙을 지키는 것은 나쁜 것이 아니다. 지켜야 할 질서이기 때문이다.
하지만, 비뚫어진 시선으로 바라보자면 일련의 이야기는 책임을 회피하는 것처럼 느껴지기도 한다.
그 때 전부 읽어주었던 것을 인질삼아 책임을 거부할 수 있는 것이다.
원리원칙이 올바르다느니, 잘못됐다느니 하는 이야기가 아니라, 그저 나는 일본인에게서 그런 이미지를 강하게 느꼈다.

スポンサーサイト

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

treenamu

Author:treenamu
韓国在住の日本人で、山歩きやサッカー、リフティングなどが好きです。小説・随筆なども書いてます。鴨長明、ヘッセ、バルザック、モーム、チャンドラーなどが好きです。スローライフがモットーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

韓流 (91)
学生エッセイ (80)
ランの窓 (2)
心と体 (12)
韓国のジョーク (4)
ふるさと (53)
詩 (12)
釜山さむらい (6)
数学 (9)
サッカー (11)
筆者のエッセイ (28)
未分類 (31)

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索メニュー

RSS リンクの表示

リンク

이 블로그 링크에 추가하기

ブロとも申請フォーム

블로그친구신청

FC2Ad

Template by たけやん

動画ランキング