天安からアンニョン

日々の思いや韓流情報などをエッセイ風に書きます。韓国からの発信です。

【さようなら原発 米沢のつどい(第41回)】

facebook_com_20170122.jpg 



                                                  【さようなら原発 米沢のつどい(第41回)】


  学習会「これからますます増える小児甲状腺がん

  ○日時 2017年1月28日(土)14時~16時
  ○会場 アクティー米沢2F


 原発(核)事故による被害者は子どもも大人も甲状腺を含めて恒常的な低線量被曝の
(外部被がい・内部被がい)環境下に置かれ続けています。
  甲状腺がんの多発は、もはや論争の対象ではなくリアルな現実なのです。
検討委員会でも「多発」を認めざるを得なくなりました。ならばきちんと放射線の影響がないか検証しつつ、がんへの対応を早急に取り組むのが当然です。
  放射能被曝は、人間や社会がいかに無視しても消えるものではなく、命や健康被害、そして遺伝的影響という形で私たちをむしばんでいきます。『避難・保養・治療』の原則に立って放射能や被曝の警戒を緩めてはなりません。
  昨年(2016年)、10月13日には、「甲状腺検査の維持」を要望する請願が福島県議会で全会一致で
採択されました。県民の意思は「縮小ではなく拡充」だとはっきり示されました。
  小冊子(福島の甲状腺検診を縮小)をもとに「子どもと放射線がん」について学習会をひらきます。
情報等をもちより、みなさん是非ご参加して下さい。
 次回、2月のつどいは民間パワーを紹介する「災害時における民間の力」、「電力の小売り事業」ついて講演予定です。

  お問合せは tel 0238-21-0191(平和センターへ) 裏面もご覧ください。


スポンサーサイト

邦人はどうなっちゃうの

韓国はチェ・スンシルゲート問題で今も落ち着かない日々をすごしている。
そんな中、釜山大使館の前に出現した少女像問題を受けて、
長嶺安政駐韓日本大使が1月9日、日本に帰国した。

日本人としては当然、あの少女像は目障りだ。
あんなものは早くとっぱらってほしい。

しかし、あの少女像は、民間団体が作って釜山大使館の前においたものだ。
韓国は、国としてはあの少女像には何もできないのだ。

日本政府がいくら声を張り上げて少女像の撤去を叫んでも、
韓国の民間団体が動いてくれなければ、少女像は撤去されないだろう。

韓国に対して抗議するのは日本としては当たり前とはいえる。
しかし、だからといって、「駐韓日本大使」を引き上げさせるというのはどういうことなのか。

大使というのは、邦人のために邦人を守るためにそれぞれの国に配置されている公務員だ。
大使を自国(日本)に引き上げさせる、これじゃ、残された邦人(わたしのようなもの)は
どうなるのだ。

有事の場合、最後まで残って邦人のために尽力し守りサポートしてあげたあと、
最後に引き上げるのが大使の役割ではないのか。

それを一等先に自国に帰る。
こんなことが当たり前のように行われているのは、どう考えてもおかしい。

韓国にはすでに数万人単位の日本人が住んでいる。
少女像問題が惹起されたからといって、
これらすべての日本人が危険に晒されることはないのだけれど、
日本政府のやりかたには、大きな疑問を感じた次第だ。

数年前のイ・ミョンバクのときにも一度同じことがあった。
政治的な問題が発生したとたん、駐韓大使を帰国させたのだ。
抗議の方法がまちがってんじゃないの。
今後同じような問題が生じた場合、
大使を帰国させるというやりかただけはやめてほしいものだ。
大使は最後まで残るべきだ。
命を張ってでも邦人を守る。それこそが大使としてのありかたではないのか。

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

treenamu

Author:treenamu
韓国在住の日本人で、山歩きやサッカー、リフティングなどが好きです。小説・随筆なども書いてます。鴨長明、ヘッセ、バルザック、モーム、チャンドラーなどが好きです。スローライフがモットーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

韓流 (94)
学生エッセイ (81)
ランの窓 (2)
心と体 (12)
韓国のジョーク (4)
ふるさと (55)
詩 (12)
釜山さむらい (6)
数学 (9)
サッカー (11)
筆者のエッセイ (28)
未分類 (31)

カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索メニュー

RSS リンクの表示

リンク

이 블로그 링크에 추가하기

ブロとも申請フォーム

블로그친구신청

FC2Ad

Template by たけやん

動画ランキング