天安からアンニョン

日々の思いや韓流情報などをエッセイ風に書きます。韓国からの発信です。

∼てもらう _ 筆者のエッセイ0028

2013年12月7日にアップした学生のエッセイ(学生エッセイ0006)がある。
「お越しいただけますか」というタイトルでアップしたもの。

この学生が書いているように、日本語の「_てもらう」と言う表現は、
日本を理解する上でポイントになる表現なのかもしれない。

「_ てもらう」と書いても、普通一般の人にはなんのこっちゃ?と 首をかしげるがいるかもしれない。
これは「何々してもらう」ということで、
例えば「貸してもらう」「書いてもらう」「行ってもらう」「やってもらう」など、
動詞に「もらう」のついた形の表現を指している。

日本人ならなんでもない表現なのだが、韓国人にしてみると、これがかなり難しいのだ。
というのはこの表現と同一の表現が韓国語ではないから。

意訳して用を済ませることになろう。
例えば「わたしは友だちに行ってもらいました」という表現は、
韓国語では「(わたしのために)友だちが行ってくれました」と意訳することになる。

一見何の違いもないように見えるかもしれないけれど、この2つにはかなりちがいがある。

「友だちに行ってもらいました」というほうは、
言わずもがな友に対する「感謝」の念がにじんでいる。
「感謝」と「申し訳なさ」とでもいうようなものが自ずと文の中に含意されているわけだ。

これに対して「友だちが行ってくれました」のほうは、
少しは友に対する感謝の念は感じられるが、それほど強くはないと思う。
友が行った、という「事実」をかなり機械的に言っているニュアンスだ。
(この部分は、人によって感じ方が多少違う可能性があるけれど、、、。)

なので、韓国語で言う場合は、
「友だちが行ってくれました。それでわたしはとてもうれしかった。」とか
「友だちが行ってくれました。それで友に感謝している。」などの付加的な部分をつけて
その意が十分に伝わるようにするわけだ。

このように日本語の「_ てもらう」という表現は、
それだけで相手に対する「有り難み」や「申し訳なさ」を言わずもがなことばの中に滲ませながら、
さりげなく感謝の意を表わす、にくらしいほど「日本的」な表現なのだ。
すばらしい表現なんだよね。

日本語の奥ゆかしさとでも言いましょうか。

こういう繊細な表現に富んだ日本語。
そういう奥ゆかしい心が土台にあるからこそ、こういう言い回しが生まれて来たものと思われる。
そういう心をわたしたちは持ち続けているだろうか。
永久(とわ)に持ち続けていきたいものだ。

スポンサーサイト

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

treenamu

Author:treenamu
韓国在住の日本人で、山歩きやサッカー、リフティングなどが好きです。小説・随筆なども書いてます。鴨長明、ヘッセ、バルザック、モーム、チャンドラーなどが好きです。スローライフがモットーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

韓流 (93)
学生エッセイ (80)
ランの窓 (2)
心と体 (12)
韓国のジョーク (4)
ふるさと (53)
詩 (12)
釜山さむらい (6)
数学 (9)
サッカー (11)
筆者のエッセイ (28)
未分類 (31)

カレンダー

07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索メニュー

RSS リンクの表示

リンク

이 블로그 링크에 추가하기

ブロとも申請フォーム

블로그친구신청

FC2Ad

Template by たけやん

動画ランキング