天安からアンニョン

日々の思いや韓流情報などをエッセイ風に書きます。韓国からの発信です。

金日成は平和主義者だった?

「ソウル市民の皆さん、白頭山・金日成(キムイルソン)がやってきました。
北朝鮮はけんかが強く、南朝鮮は裕福です。
この二つを合わせれば、わが民族は世界のどこに行っても怖いものはありません。」

この演説は誰がやったのか?
なんとキムイルソンが「やろうとしていた」演説文なのだ。
1994年7月に平壌で予定されていた南北首脳会談。それを終えて、
その返礼訪問としてソウルを訪問したときにやろうとしていた演説文だという。

首脳会談が近づいたある日、金イルソンは天津製鋼所のギ社長に電話をかけ
「あす、あさってには統一だよ。わたしがソウル市民らに一言演説すれば統一だ。
必要なら大統領のポストも譲ってやってもいいさ」と語ったというのである。

このとてつもない内容は、北朝鮮の統一前線部に勤務していて
2004年に韓国に脱北した金日成綜合大学出身のヂャンヂンソン(張真晟)詩人が
日本の文芸春秋に公開した内容だ。
演説文は、金日成が眠っている錦繍山記念宮殿に展示されているらしい。

ここまで準備されていたのに、
息子のキムヂョンイル(金正日)が反対し

「北朝鮮のない地球なんて意味がありません。
 地球を爆破してしまいます」

としながら、政権維持のために核開発に強くのめり込んでいくことになる。

1994年7月8日午前2時に脳梗塞で金日成は突然死亡する。
その死亡は、金正日(チョンイル)によって画策されたものではないかという見方を
上掲の張詩人が試みているわけである。

1994年といえば、ブログ筆者が韓国に渡ってきて6年目ごろのこと。
ニュースははっきりと覚えている。
突然死亡したのか? 変だな、という気持ちは今も覚えているが、
その裏にこういうミステリがあったとは知らなかった。
韓国のとある新聞に最近載ったコラムからの内容であるが、
なかなか説得力はあると思う。

それにしても惜しい。
金日成がこれほどまでに統一を願い、平和を望む平和主義者だったというのか。
張詩人の暴露も、一つの「説」に過ぎないわけだが、
金日成綜合大学出身で北の統一前線部に勤務していたというその経歴から見て、
いたずらに否定せずともよいのではないかと思える。
その詩の才能により「御用詩人」として金正日に尊重されていたらしい。
あるミスによって粛清の危険を感じとり、南に脱北してきた人間のようだ。

歴史に if はないとはよく言われることだが、
このとき金日成が死なず南北首脳会談が実現していれば
ここ朝鮮半島の情勢は今とは180度異なったものになっていたかもしれない。

スポンサーサイト

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

treenamu

Author:treenamu
韓国在住の日本人で、山歩きやサッカー、リフティングなどが好きです。小説・随筆なども書いてます。鴨長明、ヘッセ、バルザック、モーム、チャンドラーなどが好きです。スローライフがモットーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

韓流 (94)
学生エッセイ (82)
ランの窓 (2)
心と体 (12)
韓国のジョーク (4)
ふるさと (55)
詩 (12)
釜山さむらい (6)
数学 (9)
サッカー (11)
筆者のエッセイ (28)
未分類 (31)

カレンダー

06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索メニュー

RSS リンクの表示

リンク

이 블로그 링크에 추가하기

ブロとも申請フォーム

블로그친구신청

FC2Ad

Template by たけやん

動画ランキング