天安からアンニョン

日々の思いや韓流情報などをエッセイ風に書きます。韓国からの発信です。

つけ麺 _ 学生エッセイ70

学生エッセイシリーズは、韓国の日本語学科の学生らが書いた文章を紹介するコーナーです。
今回はその70回目で、男子学生 I G N さんの作品です。

「つけ麺」

  つけ麺をはじめて味わったのは軍隊を終えてから行った日本旅行だった。高校の時から親しい友だちと一緒に冬の関西地方を旅行することになった。これが私のはじめての海外旅行だった。ちょうど京都で大学に通っている友だちがいて、案内してもらって宿泊も解決した。
  初日は京都市内を観光した。清水寺、祇園町など遅い時間まであちこち巡り歩いて夜ご飯は友だちの提案でラーメンを食べに祇園にある小さいラーメンやに入った。店は以外に狭かった。10人あまり座れるカタカナのコの字のようなテーブルがあって真ん中には店員さんがラーメンを作っていた。店員がひとりしかいないので、カウンターの人が必要なはずだったが、それのためにお愛想は自動販売機で払うシステムだった。不思議で人手が必要ないとても斬新なことだと思った。(韓国でみたことがなかった。)
  座ってつけ麺が出るのをまつあいだに向うの客がたばこを吸っていた。食堂でたばこを吸うことが私には新鮮なカルチャーショックだった。食堂での喫煙が喫煙者にはいいことかもしれないが、'吸わない人にはどう思われるのか'とひとりでぼんやり考えている間にいよいよつけ麺が出た。たれと麺が別で出てきたが、友だちが'麺をたれにつけて食べるんだ'と説明してくれた。一口食べたら最悪だった。塩のたれかと思った。しょっぱすぎてたれに水を入れたらすこし味が落ち着いた。たぶん韓国人にはつけ麺のたれはみんなしょっぱすぎだと思われるはずだ。麺は韓国の麺よりふとくて美味しかった。量が多すぎて結局全部食べられなく、美味しく食べる留学生の友だちの顔に満足して戻ってきた。
  つけ麺を経験して韓国に帰ってきたが、ずっとつけ麺の強烈なしょっぱい味があたまのなかから消えなかった。食べる時にはちゃんとたべられなかったが、もう一度食べたくなった。それで夏に東京に行ってつけ麺をたべた。今回はしょっぱく感じるのではなく、とても美味しかった。東京のつけ麺と大阪のつけ麺を両方とも食べてみたという征服感になんとなく気分がよかった。1年後私は大阪でワーホリに行ってつけ麺の有名店をさがし、週一回はかならずつけ麺のツアーに行った。今でも忘れない店は、心斎橋にある'スズメ'という店だった。留学生に一食で1000円を使うのは贅沢だと思うが、外国で頑張っている自分に与える慰め(ご褒美、ごほうび)と思って気楽に食べた。つけ麺をたべたら量が多すぎてお腹いっぱいだし、いつも美味しかったから疲れがとれた。シドニーへワーホリで行って働いて疲れていたとき、タウンホール駅のジョジストリートにある日本ラーメン屋でつけ麺をたべた。シドニーで食べたつけ麺の味はうまくなかったが、つけ麺をたべたことに満足した。いつの間にかつけ麺は私が一番好きな食べ物の中のひとつになっていた。外国生活のとき、うれしいにつけかなしいにつけいつも一緒に走ってきた友だちみたいな存在だった。

「원문」
    츠케멘을 처음 맛을 본 것은 군대를 제대하고 처음 간 일본 여행에서 였다. 고등학교 때부터 친했던 친구와 함께 겨울의 간사이지방을 여행하기로 했다. 이것이 나의 첫 해외여행이었다. 마침 교토에 대학교를 다니고 있는 친구가 있어서, 가이드도 받고 숙소도 해결되었다.
    첫날 우리는 교토시내를 관광했다. 기요미즈데라, 기온거리 등 여러군데를 어두워질때까지 돌아 다녔고, 친구의 제안으로 저녁을 먹기 위해 기온에 있는 작은 라면집에 들어갔다. 이 때 처음 일본라면집을 들어갔는데 생각보다 좁았다.10명 남짓 들어갈 수 있는 히라가나 コ모양으로 테이블이 있었고 중앙에서는 점원이 라면을 만들고 있었다. 점원이 한명이다보니까 계산을 할 수 있는 여유가 없었는데, 그 때문인지 계산은 자판기에서 할 수 있는 시스템 이였다. 신기하기도 하고 인력을 줄일 수 있어서 굉장히 참신한 아이디어라고 생각했다.
    자리에 앉아서 츠케멘이 나오기를 기다렸는데, 기다리는 동안 맞은편을 보니 손님들이 담배를 피우고 있었다. 식당에서 담배를 피우는 것 자체가 나에게는 또 새로운 컬쳐쇼크였다. 식당에서의 흡연이 흡연자에게는 좋은 일일지 몰라도 ‘비흡연자에게는 어떻게 생각될까?‘ 라고 혼자서 생각하는 찰나에 드디어 츠케멘이 나왔다. 국물과 면이 따로 나왔는데, 친구가 면을 국물에 찍어서 먹는것이라고 먹는방법을 설명해주었다. 그래서 먼저 한입을 먹었는데, 처음 맛을 본 츠케멘은 최악이었다. 소금국에 면을 찍어먹는 줄 알았다. 너무 짜서 국물에 물을 타서 먹으니, 조금 나아졌다. 아마도 모든 한국인에게 처음 츠케멘을 맛보여주면 거의 모두 짜다고 말 할 것 같았다. 면은 두꺼워서 맛이 있었다. 양이 너무 많아서 결국 다 먹지못하고, 맛있게 먹는 유학생의 친구 얼굴만 구경하고 나왔다.
    그렇게 츠케멘을 경험하고 한국에 돌아왔는데, 계속 츠케멘의 강렬했던 짠맛이 머릿속에 멤돌았다. 먹을 때 당시에는 짜서 많이 먹지못했는데, 돌아와보니 다시 한번 더 먹어보고 싶은 생각이 강하게 들었다. 그래서 그 해 여름에 도쿄에 가서 츠케멘을 먹었다. 이번에는 짜게 느껴지지 않고 정말 맛있었다. 도쿄의 츠케멘과 오사카의 츠케멘을 둘 다 먹어보았다는 정복감이 들어서 왠지 모르게 기분이 좋았다. 1년 후 나는 오사카에서 워킹홀리데이를 하며 츠케멘이 유명한 집을 인터넷에서 찾아내 일주일에 한번은 츠케멘을 꼭 먹으러 투어를 다녔다. 지금도 잊을 수 없는 집은 신사이바시에 있는 스즈메라는 곳이었다. 알바가 끝나고 지친 몸으로 집에가서 밥을 하기 귀찮을때에는 이곳에서 츠케멘을 먹고 갔다. 유학생에게 한끼에 천엔을 쓴다는 것은 비쌌지만, 고된 노동으로 수고한 나에게 주는 위로라고 생각하고 사먹었다. 츠케멘을 먹으면 양이 많아 배도 부르지만, 항상 맛이 있었기 때문에 스트레스가 날아가는 기분이 들었다. 시드니에 워킹홀리데이를 갔을 때에도 항상 고된 노동으로 지쳐있을 때, 타운홀역의 조지스트릿에 있는 일본라면가게에서 츠케멘을 시켜서 먹었다. 시드니에서 먹은 츠케멘은 맛은 별로였지만 가게에 들어서면 일본에서 먹는 분위기를 낼 수 있다는 점에서 기분전환이 되었다. 언제부터인지 츠케멘은 내가 가장 좋아하는 일본음식이 되어있었고, 외국에서 생활 할 때 즐거울때나 힘들때나 항상 같이 해왔던 친구같은 존재였다.

スポンサーサイト

「国際ブッカー賞」に韓国の小説家・韓江氏

権威ある英文学賞ブッカー賞の国際版で翻訳作品も対象とした
「国際ブッカー賞(Man Booker International Prize)」の受賞者に16日、
小説『菜食主義者(The Vegetarian)』を執筆した韓国人作家、
韓江(Han Kang)氏(45)が選ばれた。
韓国人で同賞を受賞したのは同氏が初めて。(アジア圈ではじめて。)
賞金5万ポンド(約790万円)が授与される同賞は今年、作者と翻訳者が初めて共同で受賞した。
翻訳者のデボラ・スミス(Deborah Smith)氏(28)は、
韓国語の勉強を始めてからわずか3年後に本書の翻訳を手掛けたという。
韓氏は、韓国ですでに成功を収めている作家で作文教師。同賞を受賞したことで、
海外での作品の販売部数が急増しそうだ。
AFPの取材に応じた韓氏は、「とても光栄」と述べ、
「人間性の闇の部分から自身を救うために、人間であることを捨て、植物になりたいと願う主人公」を描いたこの小説について、
「この極端な物語を通じて、人間であるという難題を問いかけることができたと感じる」と語った。
AFPBB News


韓江(ハンガン、1970年11月27日〜) は、光州広域市で出生、大韓民国の小説家。
1970年韓国・光州生まれ。 延世大学国文学科を卒業。
1993年季刊「文学と社会」に詩が、翌年ソウル新聞の新春文芸に短編小説「赤い碇」が当選し文壇にデビューした。
デビュー後、地道に作品を書き下ろしており、現在ソウル芸術大学文芸創作学科で教授として在職中。
2005年審査委員7人の全員一致の評決で、彼女の作品《モンゴル飯店》が李箱文学賞に選ばれた。
李箱文学賞の歴史上1970年代生まれの作家として最初の受賞者であるハンガンは、
他の70年代生まれの文人とは違って、慎重な文章と奥ゆかしい世界認識で93年デビュー以来、
早くから'次世代の韓国文学の旗手の一人'と名指されてきた。
文学評論家 李御寧(イ・オリョン)は、この作品について、
"ハンガンの《モンゴル飯店》は奇妙な素材と独特の人物設定、
そして込み入った話の展開が変なふうに流れてしまう可能性もあったが、
レベルの高い象徴性と優れた作法により、小説を読む楽しさを教えてくれた"と評価している。
2016年5月、ハンガン《菜食主義者》にこの本を英語に翻訳したデボラ・スミスと共に、
国際ブッカー賞受賞者に選定された。


ブッカー賞とは:
英国のマンブッカー賞は、ノーベル文学賞やフランスのゴンクール賞と共に、世界3大文学賞と言われている。1969年に英総合物流流通会社であるブッカ―グループが制定して「ブッカー賞」と呼ばれていたが、2002年、金融投資会社であるマングループが後援することになり、今の名前に変わった。
この賞は、本賞と国際賞とに分けられている。
本賞は英国を始め英連邦作家を対象にしていたが、2014年から国籍とは関係なく英語で書かれ、英国で出版されたすべての文学書を対象にしている。韓江(ハン・ガン)が受賞した国際賞は2005年に制定され、現在は英語外の言語で書かれた小説と翻訳者に共同で授与している。昨年まで、国際賞は作家の作品世界全体を評価して隔年制で表彰してきたが、今年から作家の一つの作品を対象に、毎年表彰する形に変わっている。英語圏出版関係者の推薦を受けた小説を対象に、評論家や小説家、学者で構成された選定委員会が受賞作を選ぶ。国際賞候補にノミネートされるためには、非英語圏作品でも英語で翻訳され、英国で出版されなければならない。
(参考 東亜日報 http://japanese.donga.com/List/3/08/27/534299/1)

家族といっしょに北海道へ _ 学生エッセイ69

 学生エッセイシリーズは、韓国の日本語学科の学生らが書いた文章を紹介するコーナーです。今回はその69回目で、男子学生 CJL  さんの作品です。


  『家族といっしょに北海道へ』

  私の人生の中で最も面白かったのは、日本の北海道に家族旅行に行った時です。一人でなら以前にも何度か日本旅行をした事もありましたが、家族と一緒に海外旅行に行ったのはその時が最初めてだからです。家族旅行を一人で計画することもすごく楽しかったけど、何よりも普段近くにいながらも、なかなか話す機会のなかった家族と話すことや、思い出を一緒につくること自体が本当に楽しかったです。

  仁川空港から出発した僕の家族たちは、二時間三十分ほどかかって北海道に到着しました。北海道にある「新千歳空港」に到着した時は、日本に来たなあという実感があまり湧かなかったけど、電車に乗って札幌に移動すると、小さいがきれいな家や派手ではないけど日本語で書かれた目立った看板を見ると僕たちは「ああ!日本に本当に到着したんだ」と実感できたのでした。

  伝統的な日本旅館に泊まれなかった残念でしたが、家族と過した洋風のホテルは思ったよりも部屋が広くて落ち着いていてとても良かったです。

  二泊三日の短い日程なので日本に到着してすぐ観光に出かけました。初日に家族と行ったところは、札幌近くにある海岸沿いの町の一つである小樽です。小樽は毎年冬に開かれる雪花祭りの期間に一人で来たことがあったんですが、家族と行った時は秋で、秋らしい高い空と青い海が溶け合っていて素晴らしい景色を楽しむことができました。

  それだけではなく、海岸沿いにあるオルゴールの店から聞こえる懐かしいクラシックの音と潮風がとてもよく似合っていて家族と忘れえない思い出を作れました。

  二日目には韓国では珍しい路上電車に乗って「藻岩山」に行きました。山の入口から運行しているロープウェイも久しぶりに乗って見て良かったけど、山頂にあるレストランで食べたハンバーグはまだ記憶に残っています。

  その後、知人が予約してくれた札幌ビール博物館のジンギスカンの店で夕食を食べました。ジンギスカンも美味しかったんですが札幌だけでしか飲めないさまざまのビールを一緒に楽しむ事ができてほんとうに良かったです。

  最後の帰国の日は、空港の近くにある支笏湖にしばらく立ち寄ったのですが、行く途中霧が多くて心配しました。でも実際に到着して見たら霧のおかげで素晴らしい景色を見ることができました。きれいな湖の水と霧のおかげで、神秘的な気持さえ感じることができました。今もときどき旅行に行ったときの写真を見ると、旅行に行った時の状況が見えて、感じられて、味わえた思い出が生き生きとよみがえってきます。

  旅行にいってきて家族と一緒に思い出を共有し楽しい時間を過したことも良かったのですが、何よりも「日本語を一生懸命に勉強しよう!」というやる気が出てきたのが僕にとって一番大切なことだったと思います。次にまた機会があれば、もう一度家族といっしょに日本の旅行に行ってみたいです。

 

-원문-

  제 인생에 있어 가장 재미있었던 것은 일본 홋카이도에 가족여행을 갔을 때 일 것이다.그전에도 몇 번 혼자서 여행을 간적은 있었지만, 가족과 해외로 여행간 것은 그때가  처음이기 때문이다. 일본가족여행을 혼자 계획하는 일도 굉장히 즐거웠지만, 무엇보다 평소 가까이  있으면서도 이야기하기 힘들었던 가족들과 이야기와 추억을 공유한다는 자체가 정말 기대됐다.

인천공항에서 출발한 가족은 2시간 30분가량 걸려 일본 홋카이도에 도착했다. 일본 홋카이도에 있는 ‘신치토세공항’에 가족들과 도착 했을 때에는 별로 실감이 안 났지만,전차를 타고 삿포로로 이동하자, 작지만 어여쁜 집들 과, 화려하지는 않지만 주목을 끄는 일본어로 된 간판을 보자 가족들과 나는 ‘아! 일본에 정말 도착한 거구나’ 라고 실감을 느꼈다.일본의 전통적인 료칸스타일 숙소에서 지내지 못한게 아쉽지만, 가족들과 지낸 서양식 호텔은 생각 했던 것 보다 방이 넓고 편안해 무척 좋았다. 

 2박3일의 짧은 일정이기에 일본에 도착해 바로 관광하러 나갔는데, 첫날 가족들과 간곳은 바로 삿포로 근처에 있는 해안마을중하나인 오타루였다. 오타루는 겨울마다열리는 눈꽃축제기간에 혼자서 와 본적이 있었는데 가족들과 갔을 때에는 가을 특유의 높은 하늘과 푸른 바다가 어울려져 멋진 경관을 즐길 수 있었다.

  그 뿐만 아니라 해안가에 늘어선 오르곤 가게에서 들리는 은은한 클래식 음악과 바닷바람이 섞여 가족들과 잊지 못할 추억을 만들었다. 두 번째 날에는 한국에서는 희귀한 노상전차를 타고 ‘모이와산’을 갔었는데 산 입구에서부터 운행하는 로프웨이도 오랜만에 타봐서 좋았지만, 산 정상에 있는 레스토랑에서 먹은 함박스테이크는 아직도 기억에 남는다.

  그 뒤로 지인이 예약해준 삿포로 맥주박물관에 있는 징기즈칸 가게에서 저녁을 먹었는데, 징기즈칸도 맛있었지만 삿포로에서만 판매되는 여러 종류의 맥주들을 같이 즐길 수 있어서 좋았다. 

  마지막 귀국날에는 공항근처에 위치한 시코쓰호에 잠시 들렀는데, 가는 도중 안개가 많아 걱정했지만, 막상 도착하여 보니 오히려 안개덕분에 멋진 경관을 즐길 수 있었다. 맑은 호수물과 안개가 어울려서 신비스러움 마져 느낄 수 있었다. 지금도 가끔씩 여행갔을 때 직은 사진을 보면 여행가서 보고, 느끼고, 맛봤던 추억들이 생생하게 느낄 수 있습니다.
 
  여행을 다녀와서 가족들과 추억을 공유하고 즐거운 시간을 보낸 것도 좋았지만, 무엇보다 ‘일본어를 열심히 배우자’ 라는 의욕이 생긴 것이 제게 있어 가장 중요한 점입니다. 다음에도 기회가 된다면 가족들과 또 일본여행을 다녀오고 싶습니다.

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

treenamu

Author:treenamu
韓国在住の日本人で、山歩きやサッカー、リフティングなどが好きです。小説・随筆なども書いてます。鴨長明、ヘッセ、バルザック、モーム、チャンドラーなどが好きです。スローライフがモットーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

韓流 (94)
学生エッセイ (81)
ランの窓 (2)
心と体 (12)
韓国のジョーク (4)
ふるさと (55)
詩 (12)
釜山さむらい (6)
数学 (9)
サッカー (11)
筆者のエッセイ (28)
未分類 (31)

カレンダー

04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索メニュー

RSS リンクの表示

リンク

이 블로그 링크에 추가하기

ブロとも申請フォーム

블로그친구신청

FC2Ad

Template by たけやん

動画ランキング