天安からアンニョン

日々の思いや韓流情報などをエッセイ風に書きます。韓国からの発信です。

イ・セドル、コンピュータに負ける

   20160310_sedoL.jpg 


3月10日(木)、イ・セドル9段とコンピュータ・アルファ碁との第二戦目が終了した。
イ・セドル9段の完敗。アルファ碁の完勝。
きのう3月9日につづき、アルファ碁の2連勝となった。

イ・セドルは日本の囲碁ファンもご存じのように
世界ランキングでもたぶん1位。
2015年度の「テレビ囲碁アジア選手権戦」の優勝者だ。

アルファ碁から世界第一人者に挑戦状がつきつけられたのであった。
よしきた!とうってでたはいいのだが、
きのうにひきつづききょうで2連敗となってしまった。
しかもきょうの負け方は、非常にダメージの大きいものだった。
序盤、中盤とずーっと有利そうにみえたイ・セドルが
終盤の数手で、あっという間の大逆転で負けたからだ。
テレビ解説者も、ずっとイ・セドルの碁が有利だと言っていた。
イ・セドルの負けが決定したときも、解説者はぼーっとしたまま。
なんにも言えないような状況だった。

1996年のチェスの戦いは今も覚えている。
ガスパロフとIBMのディープブルーの対戦。
96年はカスパロフが3勝1敗2引き分けで勝利したのだが、
翌1997年の対戦では、1勝2敗3引き分け。
僅差であったが「コンピュータが世界王者のカスパロフに勝利した」と報道された。
ガスパロフが頭をかかえて呻吟する絵が印象的だった。
いよいよチェスではコンピュータが人間を凌駕したかと思ったものだった。

あれから9年。
いまやコンピュータでは決して勝てないと言われていた碁の世界で
世界の第一人者が(コンピュータに)敗北を喫してしまった。
人工頭脳の進歩は恐ろしいほどの勢いである。
「恐るべし、コンピュータ」である。

イ・セドル対アルファ碁の対戦は5回行われることが決まっている。
すでに2回は終わり、イ・セドルの2連敗が決まっている。
残り3回でどう挽回できるのだろうか。
でも、きょうのアルファ碁の勢いからすると、
イ・セドルの勝ちはかなり希薄だ。
明日休んで3月12日、13日、そして15日の最終戦へと続く。

手に汗握るとは、まさにこういうことを言うのだろう。
わたしは、碁はあんまりできないけれど、
コンピュータ対人間の対戦は、興味が尽きない。

日本の将棋の世界では、一流の棋士対コンピュータの対戦って、
どのくらいまで進んでいるんだろうか。
取った駒がまた使える将棋は、碁よりもさらに複雑さが多様で
コンピュータでは、あの羽生を負かすことはできないように思えるのだが、、、。
とりあえず、韓国での世界的対戦、「イ・セドル対コンピュータ」は
イ・セドルの2連敗で進行中。 写真はOSENより。


ちょっと広報ですいません。
アンニョン お隣さん』という第二弾エッセイ集、 OTONARISAN_amazon_20160310.jpg
好評発売中です。よろしく。

スポンサーサイト

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

treenamu

Author:treenamu
韓国在住の日本人で、山歩きやサッカー、リフティングなどが好きです。小説・随筆なども書いてます。鴨長明、ヘッセ、バルザック、モーム、チャンドラーなどが好きです。スローライフがモットーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

韓流 (91)
学生エッセイ (79)
ランの窓 (2)
心と体 (12)
韓国のジョーク (4)
ふるさと (52)
詩 (12)
釜山さむらい (6)
数学 (9)
サッカー (11)
筆者のエッセイ (28)
未分類 (30)

カレンダー

02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索メニュー

RSS リンクの表示

リンク

이 블로그 링크에 추가하기

ブロとも申請フォーム

블로그친구신청

FC2Ad

Template by たけやん

動画ランキング