天安からアンニョン

日々の思いや韓流情報などをエッセイ風に書きます。韓国からの発信です。

ソンダム

冬休みも終りに近づいてきた。2月22日(月)。
武昌浦(ムチャンポ)という海辺にいってきた。
白砂が見渡す限りつづき、モーセの奇跡などと言われる
海が割れる現象がみられるので、
観光客もよく来るポイントである。
しかし、われわれの場合は海が目的ではなく、山が目的。
海のすぐそこから山が立ち上がっている。
山にはいり、薬草を採るのである。
薬草を採取する人のことをこちらではヤクチョ・クン(薬草を採る人)といっている。
またの名をシンマニ。
山ニンジン(サンサム)という一株で数億もするような薬草もあるが、
シンマニはこのサンサムを採るのが専門だ。
しかしサンサムがいつもあるとは限らない。
採れないことのほうが多い。
それでもめげずにサンサムを探し続ける。
それがシンマニの運命でありロマンでもあり実益でもあるわけだ。
日本にはシンマニといわれる職種はない。
サンサムがないからである。
中国のサンサムもカナダやアメリカあたりのサンサムも薬効は弱い。
なぜかここ韓国、朝鮮半島のサンサムだけが、
とてつもない薬効があるのだ。天の恵みであろう。

2月22日は、わたしの友達二人とともに行ってきたのである。
友らは、シンマニというよりはヤクチョ・クンといったほうがいいだろうか。

사진160223_000 ソチョン 生マッコルリ


今回は、海を見て、マッコルリを飲んで刺身を食べて            
ちょっと遊びモードで行ってみようということになったのだが、
白砂遊びを終えて、ちょこっと登った山のすそ野近くで
ソンダムというすごい薬草(ツタ類)が待っていてくれた。

사진160222_007 大物のソンダム(松の木にからみついているものがソンダム)

ソンダムというのは、松の木に寄生するツタ類で、
糖尿病とか関節炎とか血液浄化に薬効があるといわれているすごいもので、
かなり大きなソンダムにめぐりあえた。
遊びモードで山にはいったのだったけれど、
こういうとてつもない贈り物をくださる神様の計らいに
3人みなひざまずいて感謝。
マッコルリを生贄として供え、  

20160225_sanheng_.jpg (この写真だけは参考写真です。)

深いお祈りをささげてからおもむろに採取にかかった。
休みを締め括るにふさわしい大物と出会え、
満足の山行(さんへん)であった。天に感謝。 

사진160222_014  戦利品(感謝品)

1年に数回、この3人で薬草採りに山にいくけれど、
今回のような「大物」は、3年ぶりくらいだ。
自宅で焼酎付けにし、残ったものはネットを通じて必要な人に
ご提供(販売)する予定だ。
山のものは、値段ではないので、
購入する人もたいていは大喜びだ。
店で買うことのできないものだから。
売り上げは、3人の次の出陣のためのベースとなる。

スポンサーサイト

さようなら原発米沢のつどい(第32回) 

さようなら原発米沢のつどい(第32回) 

講演会「福島原発事故対応のまずさと被ばくを避ける権利」


講師 : 福島大学准教授 荒木田 岳さん
日時 : 2016年2月27日(土)14時~16時 入場無料
会場 : アクティ米沢 2F会議室(米沢市西大通1-5-5)




参考サイト(http://www13.plala.or.jp/o-union/oshirase.htm)からの案内文


放射線が必然的に細胞と遺伝子を傷つけるメカニズムを考えれば「放射線は浴びないに越したことはない」という結論に至るほかはない。とすれば「人々が無用の被ばくを避けるにはどうしたらいいか」を考えるのが当然であろう。他人に迷惑をかけても、問題を後世に先送りしても「いまここでの快適な生活」に固執する人々が、消極的には思考停止し、積極的にはそれを容認する政党を支持するのだろう。福島原発にせよ、福島県の放射能対策にせよ、原発再稼動にせよ「我が亡き後に洪水は来たれ」が実行されているように見える。お問い合わせ先 ℡ 0238-21-0191(米沢地区平和センター担当:沼澤)

ショッピング _ 学生エッセイ68

学生エッセイシリーズ、今回は68回目で男子学生 J J G さんの作品です。

<ショッピング>
 私はショッピングするのが好きだ。ショッピングは女性ちが好きなことだと考えられるが、男の私が女性よりもショッピングが好きかもしれない。ショッピングを好きになった理由はファッションに関心を持つようになった後だ。中学校、高校の頃には運動しか知らなかったので、ファッションのようなものは考えてみたこともなかった。ただ、制服(せいふく)と運動服が最高だと思っていたし、たまに気に入った運動靴を買えば、1年間ずっとその運動靴を履いた。服はただ着やすければそれで良かった。大学に入学して新しい友達とたくさん会ったが、彼らのなかにファッション感覚が優れている友達がいた。彼ははじめから目立った。すごく派手な服もよく着て平凡な服もさっぱりと着こなしている点がどこか違っていた。周りの人たちも彼のファッションを誉めたし、彼はとても人気があった。私も彼が素敵に見えた。その友達と私は住むところが近かったため一緒に通学しながら親しくなり、専攻は異なるけれど、一緒に授業も聞きながら一番親しい友達になった。
 この友達と一緒にすごしながら、私もファッションをたくさん学ぶことになった。前はいつも母が買ってくれた服しかなかったが、友達と一緒にショッピングをしながら、新たにファッションの趣きを知るようになった。生まれて初めて自分を飾ることがとても楽しくなった。人びとの視線を受けるのもいい。私と同じファッションに関心のある人々と会って話をして共感することが幸せだった。だからといって浪費したわけではない。学生がバイトとしてもらえるお金は多くないため、使うことができる限度内で趣味を楽しめるぐらいだった。流行が急速に変わるため高価な服より安くて素敵な服を捜し回った。
    今の私はファッションに対する熱情が少し冷めたけど、友達はファッションのほうで仕事を探して熱心にしている。私もまだ着こなすことが好きなので友達と一緒にショッピングによく行っている。二人が会ってショッピングをすると、10時間は基本だ。朝から晩まで一か所にとどまらず、いろんな場所を見てまわる。いつもソウルでショッピングをするのだけれど、ガロスギル(並木道)から始まり、狎鴎亭(アプクヂョン)、弘大(ホンデ)、明洞(ミョンドン)などによく行く。服を見物しておなかがすいたらご飯を食べて、再び見物をして、足が痛むとカフェでコーヒーを飲みながらおしゃべりをする。私と友達はお酒も飲まずタバコも吸わず、カフェでおしゃべりするのが一番楽しい。休んでからは再びショッピングを始める。服はいくら見ても見飽きることがなく、いつも新ただ。友達がファッションについて知っていることも多く情報が早いために私をコーディネイトしてくれる。友達の選択は常に正しい。ショッピングをすることも楽しいが、人の見物をすることがもう一つの楽しみだ。人びとがとても多い繁華街を歩くためにさまざまな人たちやファッションを見ることができる。たとえその日何か買っていなくても、目が楽しかったから満足だ。ショッピングはただ何かを買うのではなく、新しい出会いであり、一つの学びだと思う。

<쇼핑>
    나는 쇼핑하는 것을 좋아한다. 쇼핑은 여자들이 좋아하는 것이라고 생각할 수 있지만 남자인 내가 여자들보다 더 쇼핑을 좋아할 지도 모른다. 쇼핑을 좋아하게 된 이유는 패션에   관심을 가지게 된 후 부터이다. 중학교, 고등학교 시절에는 운동밖에 모르고 살았기 때문에 패션 같은 것은 생각해 본 적이 없었다. 그저 교복과 운동복이 최고라고 생각했고, 가끔   마음에 드는 운동화를 사게 되면 1년 내내 그 운동화만 신었다. 옷은 그냥 편하면 좋았다. 대학교에 입학해서 새로운 친구들을 많이 만나게 되었는데 그중에 패션 감각이 뛰어난 친구가 있었다. 그는 처음부터 눈에 띄었다. 굉장히 화려한 옷도 잘 입었고 평범한 옷도 깔끔한 것이 뭔가 달랐다. 주변 사람들도 그의 패션을 칭찬했고 그는 아주 인기가 많았다. 나도 그가 멋있어 보였다. 그 친구와 나는 사는 곳이 같았기 때문에 같이 통학을 하며 친해졌고, 전공은 서로 달랐지만 같이 수업도 들으며 가장 친한 친구가 되었다. 
    이 친구와 함께 지내다보니 나도 패션을 많이 배우게 되었다. 전에는 항상 엄마가 사주는 옷밖에 없었는데, 친구와 함께 쇼핑을 하며 새롭게 패션의 멋을 알게 되었다. 태어나서 처음으로 나 자신을 꾸민다는 것이 너무나 즐거웠다. 사람들의 시선을 받는 것도 좋았고, 나와 같은 패션에 관심 있는  사람들과 만나 얘기하고 공감하는 일들이 행복했다. 그렇다고 과소비를 했던 것은 아니다. 학생이 아르바이트로 받는 돈은 많지 않기 때문에 쓸 수 있는 한도 내에서 취미를 즐기는 정도였다. 유행이 빠르게 변하기 때문에 값비싼 것 보다는 싸면서 멋진 옷을 찾아다녔다.
    지금의 나는 패션에 대한 열정이 조금 식었지만, 친구는 패션 쪽으로 일을 찾아 열심히   하고 있다. 나도 아직 꾸미는 것이 좋기 때문에 친구와 같이 쇼핑을 자주 간다. 둘이 만나 쇼핑을 하면 10시간은 기본이다. 아침부터 저녁까지 한 곳에 머무르지 않고 여러 장소를  둘러본다. 항상 서울에서 쇼핑을 하는데 가로수길에서 시작해 압구정, 홍대, 명동 등을 자주 간다. 옷 구경을 하다가 배가 고프면 밥을 먹고, 다시 구경을 하다가 발이 아프면 카페에서 커피를 마시며 수다를 떤다. 나와 친구는 두 사람 모두 술도 마시지 않고 담배도 피우지  않기 때문에 카페에서 수다 떠는 것이 가장 재미있다. 충분히 쉬면 다시 쇼핑을 시작한다. 옷은 아무리 많이 봐도 질리지 않고 늘 새롭다. 친구가 패션에 대해 아는 것도 많고 정보가 빠르기 때문에 나를 코디해준다. 친구의 선택은 언제나 옳다. 쇼핑을 하는 것도 즐겁지만 사람구경 하는 것이 또 하나의 즐거움이다. 사람들이 아주 많은 번화가를 가기 때문에 다양한 사람들과 패션을 볼 수 있다. 굳이 그날 뭔가 사지 않았더라도 눈이 즐거웠으니 충분히 만족한다. 쇼핑은 단지 뭔가를 사는 것이 아니라 새로운 만남이자 하나의 배움이라고 생각한다.

済州島旅行 _ 学生エッセイ67

今回は、日本からの留学生のエッセイをご紹介したい。筆者はKTY君(3年男子、日本人)。

<済州島旅行>

 僕は、韓国に来た頃から済州島にいつか行ってみたいと思っていた。しかし、実際に行く機会がなく、韓国に来て2年という月日がたっていた。ある日、大学が入試の為、1週間ほど休みの日があった。僕はもともと週末は寮で一日中過ごすというのが苦手で、毎週末どこかに遊びに行く。1週間ほどの休みの前に僕もわからないのだが急に済州島に行こうと思いついた。僕は、思いついたらすぐに行動に移す人間だ。韓国に留学に来たのもそうだし、夏休みに長崎旅行に行ったのも急な思いつきだ。済州島までは飛行機で行こうと思っていた。しかし、問題がある。まず航空チケットの値段だ。値段が20万ウォンを越していたらこの旅は諦めようと思っていた。しかし平日ということもあり、実際には往復8万ウォンほどでチケットを取ることに成功した。次に宿泊施設の確保だ。なるべくお金を使わないで旅をするのが僕の旅のモットーだ。ゲストハウスが一番安いと聞き、インターネットで探していた。すると1件いいゲストハウスがあった。2泊3日で一人約4万ウォンほどだったのでインターネットで予約し、銀行に行って入金した。出発の4日前になり、うれしい出来事があった。僕と日本人のルームメイトと行く予定だったが、韓国人の友達も行けるようになり、済州島旅行は3人で行くことになった。
 10月6日(2015年)、僕と友達は金浦空港、国内線で待ち合わせしていた。待ち合わせ時間になっても韓国人の友達が来ず、心配していた。電話をしてみると国内線と国際線を間違えたらしく、少しパニックになっていいた。国内線で友達と合流し、チェックインを終え、保安検査も通過した。僕はなぜか知らないけれど毎回、保安検査で引っかかる。済州島までは約1時間ほどのフライトだった。あっという間に済州国際空港に到着した。到着し、ある人と待ち合わせをしていた。SNSでよく連絡を取り合っていた方が、済州島で仕事をされていて初めてお会いする事ができた。その方と一緒にバスに乗って、サムギョプサルを食べに行った。実際に済州島市内を歩いてみるとメニューには中国語、聞こえてくる言葉も中国語と韓国語だった。サムギョプサルは済州島産の豚肉を使用しており、いつも食べているお肉の何十倍ほどもおいしい味だった。
 食事を済まし、その方と別れ、僕たちはインターネットで調べた有名なアーティストが経営しているカフェに行った。そのカフェまでは空港から約1時間ほどのところにある。バスに乗り目的地に到着すると、奇麗な海がありものすごく興奮したのを覚えている。そのカフェに行った最大の目的は夕日だ。夕日が沈むまでカフェでゆっくり過ごし、夕日が沈むのを楽しんだ。ものすごく綺麗だった。韓国にもこんな綺麗なところがあるんだなと思った。夕日を見た後、ゲストハウスまで1時間をかけて戻った。ゲストハウスについてみると部屋も奇麗でオーナの方もすごくいい人でこのゲストハウスを選んでよかったなと思った。部屋で少し休み、友達とお酒を飲みに行った。普段、寮の門限が10時30分までなので、その日は時間を気にすることなく12時近くまで飲んだ。その後、ゲストハウスに戻り、一日目が終わった。
 10月7日、済州島旅行2日目。2日目は、バスで城山・日出峰(イルチュルボン)、天地淵瀑布(滝)に行き、島を半周する予定だ。まず、ゲストハウスからバスターミナルまで歩いて向かう。バスターミナルに到着し城山日出峰まで行くバスに乗る。城山日出峰まではバスで約2時間ほどだ。長いバス旅になってしまったが、バスから見る済州島の風景を見ていたらあっという間に城山日出峰まで到着した。バスを降りお腹が空いたので、インターネットで調べた海鮮鍋が有名な店に向かった。私は、海鮮アワビ鍋を注文した。日本ではあまりアワビを食べたことがなかったが身がプリプリしており、とても美味しかった。ご飯を食べ終え、城山日出峰へ向かった。城山日出峰は、頂上まで約30分ほどで登ることができる。10月に行ったのだが、その日はとても天気が良くて頂上に着くころにはすでに汗だくだった。頂上から見る光景はとても美しかった。風も気持ちよく、済州島の自然を感じることたできた。その後、予定にはなかった牛島(ウド)へ向かった。牛島は、済州島から船で約15分ほどの小さな離島だ。船からはさっき登った城山日出峰が違う表情を見せていた。牛島に到着するとレンタルサイクリングがあったので、島を一周することに決めた。島は一周、約1時間ほどで周れると聞いたので早速電動自転車をレンタルした。電動自転車と言ってもほぼバイクみたいな乗り物だった。まず有名なビーチへ向かった。このビーチは砂浜が全てサンゴ礁だった。足だけ海につかり奇麗な海の風景を楽しんだ。その後、海沿いをサイクリングしながら小腹が空いたので、手作りホットドックが食べれるお店を偶然見つけたのでそのお店に入った。どうやら牛島の名物がピーナッツらしく、ピーナッツ、手作りソーセージなどが入った大きなホットドックを食べた。ピーナッツの旨味と同時に、ソーセージの中に入っていた、ハーブの香りも口の中に広がり美味しかった。その後、島を一周し、島を離れた。島を離れた後、天地淵瀑布という滝を見に向かった。天地淵瀑布までは、城山日出峰から約2時間ほどだ。またしても長いバスの旅になってしまった。17時ぐらいにバスに乗り到着したのは19時過ぎだった。正直、暗くて何も見えないのではないかと思っていた。しかし営業時間が22時までと旅行本に書いてあったので少しの期待をしながら天地淵瀑布まで向かった。バスが着いたのは、天地淵瀑布からタクシーで20分ほどのターミナルだった。近くに済州ワールドカップスタジアムがあったので行ってみたが、暗くて何も見えなかった。その後、タクシーに乗り天地淵瀑布へ向かった。行ってみると駐車場には多くの車と多くの人がいた。入場券を買い、滝まで5分ほど歩いた。滝に近づくにつれ、滝の音が聞こえてきた。滝はライトアップしており、とても神秘的な光景だった。滝を見終え、ゲストハウスまでバスで2時間ほどかけて戻った。済州島の2日目はとてもハードな日程になってしまったがとても楽しかった。
 10月8日、済州島旅行3日目。最終日だ。飛行機が10時の飛行機だったので、最終日は観光することができなく、ゲストハウスから空港まで直接行った。お世話になったゲストハウスのオーナーに別れを告げ、済州国際空港へ向かった。空港で飛行機を待っていると、初日にサムギョプサルを食べた方が空港で働いており仕事中にも関わらず会いに来てくれた。その方とも挨拶をし、金浦空港行きの飛行機に乗った。金浦空港に到着し、昼ご飯を食べる為に、国内線から国際線へ向かった。済州島にいた時は、日本語はまったく聞こえなかったのだが、国際線へ入った瞬間日本語がたくさん聞こえてきた。国際線で友達と昼ご飯を食べながら、旅の思い出などを話ながら天安行きのバスに乗り、済州島旅行は無事に終わった。
 3日間様々なことがあった。もちろん、迷ったこともたくさんあった。済州島をバスで周ったのだが、移動時間がものすごくかかってしまう。タクシーレンタルもできると聞いていたが値段が高い。これらの面はとても不便だった。またバスは複雑で、乗る前に行き先を言わなければいけないらしく、戸惑っていたら運転手から怒られたこともあった。しかし、これらのことより済州島で感じた、人の温かさや、自然の趣きなどが、今回の旅行の絶品だったと思う。今のルームメイトとはあと1か月ほどしか暮らすことができないし、一緒に行った韓国人の友達も日本に交換留学に行く為、バラバラになり寂しくなってしまう。そんな時は済州島に行った時の頃を思い出し、また会える日を楽しみにしたい。

整理整頓 _ 学生エッセイ66

学生エッセイシリーズは、韓国の日本語学科の学生らが書いた文章を紹介するコーナーです。
今回はその66回目で、男子学生 L G U さんの作品です。


< 整理整頓 >
  日本に行ってきたことを土台として、韓国と日本の違う部分に関して話してみようと思います。
韓国は道路に不法駐車されている車が多いです。駐車空間が少なく人びともほとんどが有料駐車場を利用するより、たんに道路に駐車するのが一般化されてしまいました。日本の場合は道路に駐車されている車はほとんどなく、道路がきれいになっています。ほとんどの車は有料駐車場を利用していて駐車場もいろんなところにあります。
 韓国の場合、街にはだいたい大きなゴミ箱があるだけできちんと分別収集されていません。
 日本の場合はカン、ビン、プラスチック、燃えるゴミなどゴミ箱に分別収集できるようになっています。ほとんど自販機の周辺にゴミ箱が置かれていて、かなり楽に分別回収することができます。
 韓国ではあまり見ることのない‘駐輪場’も私にとってはかなり印象的でした。韓国では自転車を置くための場所は特にないんですが、日本の場合バイクや自転車を置けるように駐輪場があって駐車場みたいに道路管理がかなりよくできているという感じがしました。


< 정리정돈 >
제가 일본을 다녀온 뒤 한국과 일본의 차이점에 대해 이야기하고자 합니다.
한국은 도로에 불법주차 된 차량이 굉장히 많습니다. 주차공간이 매우 협소하고 사람들도 대부분 유료주차장을 이용하기 보다는 그냥 도로에 주차하는 게 일반화 되어버렸습니다. 일본의 경우에는 도로에 주차된 차량이 거의 없고 도로가 깨끗합니다. 대부분의 차량은 유료주차장을 이용하고 주차장도 여러 곳에 잘 배치되어있습니다.
한국의 경우 길거리에 있는 쓰레기통의 경우 대부분 큰 쓰레기통이 있을 뿐 제대로 분리수거가 되지는 않습니다.
일본의 경우에는 캔, 병, 플라스틱, 일반 쓰레기 등 쓰레기통이 분리수거가 가능하게 되어있습니다. 대체로 자판기 주변에 쓰레기통이 놓여있어 상당히 편하게 분리수거를 할 수 있습니다.
한국에서는 잘 보지 못한 일명 ‘주륜장’ 도 저에게 있어서는 상당히 인상적이었습니다. 한국에서는 자전거를 놓기 위한 장소가 따로 있지 않습니다만. 일본의 경우 오토바이와 자전거를 주차할 수 있도록 주륜장이 있어 주차시설처럼 도로관리가 상당히 잘 돼있다는 느낌을 받았습니다.

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

treenamu

Author:treenamu
韓国在住の日本人で、山歩きやサッカー、リフティングなどが好きです。小説・随筆なども書いてます。鴨長明、ヘッセ、バルザック、モーム、チャンドラーなどが好きです。スローライフがモットーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

韓流 (89)
学生エッセイ (78)
ランの窓 (2)
心と体 (12)
韓国のジョーク (4)
ふるさと (51)
詩 (12)
釜山さむらい (6)
数学 (9)
サッカー (11)
筆者のエッセイ (28)
未分類 (30)

カレンダー

01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

検索メニュー

RSS リンクの表示

リンク

이 블로그 링크에 추가하기

ブロとも申請フォーム

블로그친구신청

FC2Ad

Template by たけやん

動画ランキング