天安からアンニョン

日々の思いや韓流情報などをエッセイ風に書きます。韓国からの発信です。

朝を愛す  室生犀星

朝を愛す    室生犀星 



僕は朝を愛す
日のひかり満ち亙(わた)る朝を愛す
朝は気持が張り詰め
感じが鋭どく
何物かを嗅ぎ出す新しさに餓ゑてゐる。

朝ほど濁らない自分を見ることがない、
朝は生れ立ての自分を遠くに感じさせる。

朝は素直に物が感じられ
頭はハッキリと無限に広がってゐる。
木立を透く冬の透明さに似てゐる。
昂奮さへも静かさを持って迫って来るのだ。
朝の間によい仕事をたぐりよせ、
その仕事の精髄を掴み出す快適さを感じる。

自分は朝の机の前に坐り、
暫らく静かさを身に感じるため、
動かずじっとしてゐる。
じつとしてゐる間に朝のよい要素が自分を囲ひ、
自然のよい作用が精神発露となる迄、
自分は動かず多くの玲瓏たるものに烈しく打たれてゐる。



ムロウサイセイの「朝を愛す」という詩です。
この朝の感覚はじつにわかります。
わたし、早朝、近くの太祖山(テジョサン)に登ることが多いんですが、
朝の山歩きは、とてつもなく気持ちいいものです。往復1時間半ぐらいです。

数年前、あるいはここを引っ越さねばならぬか、という状況になったことがあります。
そのとき、いちばん名残惜しいと思ったのは、
この山を去ることでした。
この山の朝歩きができなくなるのでは、ということでした。
わたしは、太祖山の一つの峰で落涙しました。
お前と別れたくないけど、遠くへ引っ越さないといけなくなるかもしれないよ、って言って。
その峰にはベンチがあり、鉄棒があり、七メートル四方の平らな場所があるんですが、
その場所を何十ぺんも回りながら
涙がとめどなく流れてくるのです。
そばには人はだれもおらず、わたし一人でのことだったのですが、
とても深く切ない思いにかられたものです。
結局は引っ越しせずともよかったのですけど。

サイセイの詩は、別に山に行かなくとも、朝そのものの素晴らしさを
感じ、とらえ、いつくしんでいるものだと思います。
朝そのものも もちろん素晴らしいのですが、
山の朝は、また格別であることをお伝えしたいと思い、こんな文章になっています。


2015年も明日を残すばかり。今年一年の総括をされている時期かと思います。
2016年もみなさまのご健康とご発展を心よりお祈りいたしながら。

                 
アデュー2015。& ウェルカム2016(丙申ひのえさる)年
スポンサーサイト

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

treenamu

Author:treenamu
韓国在住の日本人で、山歩きやサッカー、リフティングなどが好きです。小説・随筆なども書いてます。鴨長明、ヘッセ、バルザック、モーム、チャンドラーなどが好きです。スローライフがモットーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

韓流 (93)
学生エッセイ (80)
ランの窓 (2)
心と体 (12)
韓国のジョーク (4)
ふるさと (54)
詩 (12)
釜山さむらい (6)
数学 (9)
サッカー (11)
筆者のエッセイ (28)
未分類 (31)

カレンダー

11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索メニュー

RSS リンクの表示

リンク

이 블로그 링크에 추가하기

ブロとも申請フォーム

블로그친구신청

FC2Ad

Template by たけやん

動画ランキング