天安からアンニョン

日々の思いや韓流情報などをエッセイ風に書きます。韓国からの発信です。

上杉鷹山 (15)

鷹山について書くシリーズです。今回はその15回目。2015年8月15日ブログ上杉鷹山(14) の続きです。

○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ 


 鷹山の純粋な社会改革については、ここでは二つ述べるにとどめます。
 公娼の廃止は、鷹山の「仁政」によくかなっていました。廃止すると欲情のはけ口を断たれ、別のもっと凶悪な方法で社会の純潔を危険にさらすという、しばしば聞く反対論に対して、鷹山ははっきりと答えました。「もし欲情がそんなことで鎮まるならば、そのためには数知れない遊郭が必要になろう」。鷹山は公娼を廃止しましたが、廃止によって、なんの社会的不都合も生じていません。


                   ここまで上杉鷹山(15)。『代表的日本人』(内村鑑三)より
スポンサーサイト

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

treenamu

Author:treenamu
韓国在住の日本人で、山歩きやサッカー、リフティングなどが好きです。小説・随筆なども書いてます。鴨長明、ヘッセ、バルザック、モーム、チャンドラーなどが好きです。スローライフがモットーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

韓流 (90)
学生エッセイ (79)
ランの窓 (2)
心と体 (12)
韓国のジョーク (4)
ふるさと (52)
詩 (12)
釜山さむらい (6)
数学 (9)
サッカー (11)
筆者のエッセイ (28)
未分類 (30)

カレンダー

10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索メニュー

RSS リンクの表示

リンク

이 블로그 링크에 추가하기

ブロとも申請フォーム

블로그친구신청

FC2Ad

Template by たけやん

動画ランキング