天安からアンニョン

日々の思いや韓流情報などをエッセイ風に書きます。韓国からの発信です。

五色の椿

京都の地蔵院は「五色の椿」で有名のようだが、
このつばき、実は420年前に、
韓国・蔚山(ウルサン)から加藤清正がちょっと失敬して日本に持ち帰り、
豊臣秀吉に捧げたのがその起源であるようだ。


♦ここから引用♦

'蔚山(ウルサン)の椿(五色八重散椿 オセクパルチュンサンチュン)'が、
自生地の蔚山鶴城(ハクソン)に戻った。
蔚山椿(= 五色八重散椿)は、
一本の木から五つの色で、花びらが八重になる花を咲かせる珍しい種だ。

蔚山市中区は5月24日、鶴城公園と中区庁広場に蔚山椿を植えたと明らかにした。

20150524UlsanDongB.jpg
蔚山椿(= 五色八重散椿。決して放射能変種ではない。)

蔚山椿は一本の木から、白色、深紅、ピンク色などの花びらが咲く。
散るときも、一般のつばきのように花びらが一度にどっと落ちないで
桜のように一葉一葉落ちていく珍しい椿だ。
それで日本では「五色八重散椿」と呼んでいる。3月下旬から4月まで花が咲く。

当初、蔚山鶴城で自生していたこの椿は、
壬辰倭乱(文禄・慶長の役)の時、
蔚山鶴城を占領した加藤清正が、その華麗な姿に惚れて強奪、
日本に持ち帰って豊臣秀吉に捧げたと伝えられている。

豊臣秀吉はこの椿を京都の地藏院に植えさせた。
この椿が有名になり、地藏院は「つばきの咲くお寺」という意味で
「椿寺」と呼ばれるようになった。
本拠地 蔚山では、文禄・慶長の役以降、姿を消した。

当時、日本に渡った椿 1世は、1983年に枯れて死んでしまったが、
樹齢100年前後の 2、3世の椿 10本余りがこの寺で育っていた。
1992年、当時、当地を訪問した蔚山(ウルサン)地域文化界の関係者が
蔚山椿の '子孫' が育っているのを発見した後、
三中(サンヂュン)和尚など多くの関係者の努力によって
3世の苗木を持ち込むことができるようになった。
略奪されてから400余年ぶりのこと。

当時、蔚山市庁と忠清南道 天安(チョナン)独立記念館、
慶尚南道 泗川 朝明軍塚にそれぞれ植えたが、
現在は蔚山(ウルサン)市庁の庭に植えた木だけが育っている。

蔚山市中区関係者は
" 京畿道(キョンギド)義王(ウィワン)市のある種苗会社が、
2011年12月に個人的に日本から持ち込んで育てていたものを蔚山市が購入し
鶴城公園に6本、中区庁広場に5本それぞれ植えた "、
" 今年は、光復70周年であり、2016年は、加藤清正により蔚山椿を強奪されてから
420年になる年であるだけに意味が大きいため(市で買い取った) “
と話した。

参考サイト:segyeilbo


♦ここまで引用♦
でも、よかったよかった。
生まれ故郷に帰ることができて。

文禄・慶長の役は、こちらでは
「壬辰倭乱(イムジンウェラン)および「丁酉再亂(ヂョンユヂェラン)
といっている。
1592年と1597年に豊臣秀吉の軍が韓国に戦争を吹っ掛けたもの。

今 KBS1の土日ドラマで「懲毖錄(ジンビロク)」というドラマをやっているが、
これがちょうど加藤清正、小西行長などが出てくる
文禄・慶長の役を描いたドラマである。

こういうドラマは、日本の悪辣さがあまりにも如実に描かれるため、
見るに忍びない。最初のころ数回は見ていたが、
だんだん加藤清正、小西行長らの悪辣さおよび秀吉の異常さが
ドッとクローズアップされて描かれるため、
最近は全然見ていない。(見れない。)

こういうドラマ(日本の悪辣さがポイントのドラマ)は
あんまりやってくれるなと思うが、
史実なのでどうしようもない。

スポンサーサイト

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

treenamu

Author:treenamu
韓国在住の日本人で、山歩きやサッカー、リフティングなどが好きです。小説・随筆なども書いてます。鴨長明、ヘッセ、バルザック、モーム、チャンドラーなどが好きです。スローライフがモットーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

韓流 (93)
学生エッセイ (80)
ランの窓 (2)
心と体 (12)
韓国のジョーク (4)
ふるさと (54)
詩 (12)
釜山さむらい (6)
数学 (9)
サッカー (11)
筆者のエッセイ (28)
未分類 (31)

カレンダー

04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索メニュー

RSS リンクの表示

リンク

이 블로그 링크에 추가하기

ブロとも申請フォーム

블로그친구신청

FC2Ad

Template by たけやん

動画ランキング