天安からアンニョン

日々の思いや韓流情報などをエッセイ風に書きます。韓国からの発信です。

カムホンシ( 熟した柿 ) _ 筆者のエッセイ0018

こちらで生活していて「あれっ」と思うことがままあるが、熟した柿が商品として八百屋の棚にちょこんとおいてあるのを見たときにはさすがに驚いたものだ。はじめは、八百屋のおやじが、商売がうまくいかないために、柿があんなにぶよぶよになるまでほったらかしておいてあるものと思っていた。ところが、秋のその季節になると、どこの八百屋にも熟したが柿が並ぶのである。おかしいな、それにしてもやる気のない八百屋が多すぎやしないか。どうも不思議に思い、妻に聞いてみた。韓国生活三年目ぐらいだったかと思う。

 「あれはれっきとした商品よ。カムホンシ、おいしいじゃない。」

 「ええ!? あれ、売り物なんだ」

 たしかに食べたらおいしかろう。しかし想像だにしていないことだった。日本では柿の熟したのは商品価値がなくなってしまうはずだ。わたしの米沢あたりだったら、家の庭の柿が熟しても家族みんなでおいしくいただくということはあるにはあるが、八百屋の棚に並ぶことはないだろう。しかし考えてみればこれもおかしなことである。食べておいしいものなら、店で売っていてもおかしくないんじゃないの。
 以来わたしは、カムホンシ(熟した柿)の大ファンになり、毎年欠かさず食べている。とろっとしてまろやかで甘みがあってコクがあり、赤みがかったオレンジのその光沢も、おいしさに拍車をかける。カリカリする柿にはない独特の味わいがある。こんなおいしいものを日本では捨てているのだろうか。もったいない。捨てる前に韓国にもって来てほしい。いっしょに食べるなり、いい値で売るなりしようではないか。
 話はちょっと飛んでしまうが、ふと「カチバプ」ということばを思い出した。「カチ」というのは辞書を見ると「カチガラス」と出ている。日本ではほとんど見られない鳥だと思う。少なくともわたしの米沢にはいなかった。黒と白の模様を持つカラスのような大きさの鳥である。韓国では山にもいるし、家々の近くにも住む非常に親近感のある鳥である。「バプ」というのは「ごはん」のことである。したがって「カチバプ」というのは、「カチの食べるごはん」という意味になる。晩秋、柿を収穫するわけだが、木になった柿の実を収穫するときに、実のすべてを収穫するのではなく、二,三個から数個、木にそのまま残しておくのである。これは「カチ」たちがひもじい思いをしないように「さあ、お食べ」という気持ちで残しておく習慣があるというので
ある。これを「カチバプ」というのであるが、なんと美しい心根(こころね)であろう。高麗大での韓国語勉強のときの教科書に載っていた内容であるが、非常に強い印象としてわたしの頭の中に残っていて、今でも毎年秋のおわり、熟れた赤い柿の実を見ながら、「カチバプ」ということばを一人口ずさんでみるのである。


                      『おしょうしな韓国』より)

続きを読む »

スポンサーサイト

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

treenamu

Author:treenamu
韓国在住の日本人で、山歩きやサッカー、リフティングなどが好きです。小説・随筆なども書いてます。鴨長明、ヘッセ、バルザック、モーム、チャンドラーなどが好きです。スローライフがモットーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

韓流 (93)
学生エッセイ (80)
ランの窓 (2)
心と体 (12)
韓国のジョーク (4)
ふるさと (54)
詩 (12)
釜山さむらい (6)
数学 (9)
サッカー (11)
筆者のエッセイ (28)
未分類 (31)

カレンダー

04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索メニュー

RSS リンクの表示

リンク

이 블로그 링크에 추가하기

ブロとも申請フォーム

블로그친구신청

FC2Ad

Template by たけやん

動画ランキング