天安からアンニョン

日々の思いや韓流情報などをエッセイ風に書きます。韓国からの発信です。

詩心、歌心、絵心

「しごころ」。「うたごころ」。「えごころ」。

こういう美しいことばが日本語にあるっていうことに、感謝の念を禁じ得ません。
外国語に訳すときどういう訳になるのでしょうか。
辞書には「詩心」のことが「ししん」などと出ていますね。
「ししん」ではだめです。
「しごころ」でないと。
「しごころ」といってはじめて、その意味が浮かび上がってきますよね。

「しごころ」。
詩想がまずわいて詩を愛(め)で、詩を吟じ、詩を書こう、詩を作ろうとする気持ちが
ひとりでにわき上がってくるそういう雰囲気、そういう気持ちのことだと思います。

こういったことばたちは、韓国語に訳すのもちょっとたいへんです。
すぐにぴたっとあたる韓国語が見当たりません。
考えて、その意を表す単語(表現)を探さないといけません。
「わび」「さび」なんかもそうですね。
「こもれび」
「はなふぶき」
「しみじみ」
「せみしぐれ」
「さみだれ」
「とおりあめ」
「はるがすみ」
「せんたくびより」の「びより」などということばも美しい語だと思います。

韓国語でこれはと思う語は、
「ワーダンヌンダ」=「心の奥までよく染み透るようにわかる、感じる」、
「カヨプタ」=「かわいそうだ、切ないくらい不敏だ」、
「コッペム」などなどがあります。(もちろん、もっと他にもたくさんあるけど、、)

「コッペム」というのは、「コッ」は「花」で「ペム」は「蛇」ですから、
「コッペム」=「花蛇」ということになりますね。
意味、おわかりでしょうか。
はい。
男にからみついて金をしぼりあげ破滅させる毒を持った女という意味です。
韓国語を知らなくても「コッペム」という発音を聞いただけで
なんとなくそのフンイキが伝わってきてしまう(とわたしには思えるのですが)、
なんとも不可思議な韓国語です。

韓国の人に、これはという韓国語としてこんな「コッペム」なんて語をあげたら、
ちょっと怒りをかってしまうかもしれませんが、私には他意はありません。
その意味をあまりにも端的かつ正確そして強烈に伝えてくれる単語として、
私は韓国語の中でもかなり光っている単語じゃなかと常日頃から思っています。

日本語について、そして韓国語について、
こういうような面をいつも頭において生活しています。
職業柄、自然とそうなってしまってますね。職業病の一つかもしれません。

直感的には、日本語には名詞語(体言表現)にこういうのが多く、
韓国語には動詞語、あるいは形容詞語(用言表現)に、
こういう語が多いような気がしています。

このアイディアをもっと深めていったら、一つの論文なんかになるかもしれません。
(今は時間がなくて、こういうおもしろいアイディアを論文にするような余裕がないですが、、、)

4月末ですね。今年2015年 乙未年(きのとひつじどし)、3分の1が過ぎましたね。
いかがでしたか。満足できる 1/3 でしたでしょうか。


スポンサーサイト

【さようなら原発 米沢のつどい (第23回 発足2周年)】




sayonara23.png
 


 講演会「地域エネルギーによる会津の自立」
 講師: 佐藤彌右衛門さん (会津電力社長、大和川酒造店会長)
 日時: 4月25日(土)14:00~16:00
 会場: 米沢市すこやかセンター 2階会議室 (米沢市西大通1丁目5-60)

「これまで福島県には、エネルギー源として原発以外に水力が数百万kWありました。でも、地元でつくった電気は都会に行き、福島は都会のエネルギー植民地だったのです。原発事故後、そんな状態から自立しなくてはいけないと強く思いました。福島には自然エネルギーがたくさんあります。私は、これを使って地域の力を強くするべきだと考えました。飯舘村の米を使って30年以上お酒を造ってきましたが、放射能によってそれができなくなりました。放射能の影響は何万年も続き、人間がコントロールできません。子や孫たちにとって良い選択をするために、今から種をまくべきだと思います。」

2013年8月に会津電力株式会社をつくった佐藤彌右衛門さんが、熱く語ってくださいます。どなたもお気軽にご来場ください。

【次回(第24回)の予定】
放射能から子どもを守る講演会 「福島・放射能汚染の現実」 講師:京都大学原子炉実験所 助教 今中哲二さん / 日時:5月22日(金)18:30~ / 会場:米沢市すこやかセンター

(ブログ人、言)さようなら原発米沢のつどい、がんばってますね。会津電力を作られた佐藤さん、これからも自然エネルギーを使って、きれいな電気をたくさん供給していってください。感謝です。それと「米沢のつどい」発足2周年、おめでとうございます。がんばれ。

村上春樹、やっぱ、ニッポンの誇り

もともとハルキのファンだったけど、
こういう認識をもっている人だったとは知らなかったなあ。
やっぱ彼はすごい人だと思う。ニッポンの誇りだ。
隣国に対する認識、および原発に対する認識が、
ものすごく妥当で、無条件賛成。
日本政府はこういう発言を無視する可能性が高いが、
ハルキのこのような発言は、良識ある日本人の心の中に
深く突き刺さっていくだろうと確信するものです。
このような発言を今後もことあるごとに続けていってほしい。
大きなエールをここ韓国の地から送ります。

ハルキの発言のポイントは、
謝罪するにおいては、(オレは)これぐらいやったからもういいだろう、という
のではなくて、
相手国が、
それくらいやってくれたらもうそれでいいです、
というまでしなければならない。つまり、謝罪の度合いは、
自分が決めるんじゃなくて相手が決めること、
という部分だと思う。
この部分に大きく感銘をうけますね。
また、原発に対する発言もすごく納得。
あれは核爆弾と原理的になんのちがいもなく、まさに「核発電所」なのだ。
「核発電所」ということばを使うようになれば、
だれも作りたいと思わなくなるのではないのでしょうか。
こういうハルキに、もう一度雷鳴のような拍手を送りたい。


♦ここから引用♦

世界的作家・村上春樹(66)氏は、
"(日本は)相手国が 'もうそれでいいです' という時まで
謝罪しなければならない"と強調した。

彼は17日報道された共同通信とのインタビューで
"歴史認識問題は非常に重要であり、したがってまともに謝罪することが重要である"、
"相手国が 'すっきりと整理されたわけではないが、
それくらいの謝罪をしてくれたなら、もうそれでいいよ' という時まで謝罪するしかない" 
と語った。

村上氏はさらに、
"謝罪するというのは恥ずかしいことではない"とし、
"細かい事実はいろいろあるものの、(日本が)他国を侵略したという大きな流れは
事実なのだから" と付け加えた。

村上氏が異例的にインタビューに応じて、このように強調したのは、
来る8月の戦後70周年の談話(安倍談話)に '侵略' '植民地支配' '謝罪' 
という言葉を入れることを忌避する安倍晋三首相に
覚醒を促したものと解釈される。

彼はまた、日本と韓国・中国との間の対立について
"今、東アジアでは大きな地殻変動が起きている"、
"日本が経済大国で、韓国と中国が開発途上国だった時代には、
その関係の中で様々な問題が抑えられてきたが、
韓国・中国の国力が上昇してその構造が崩れ、
封印されていた問題が噴出している"
と診断した。

さらに、彼は
"相対的に力が低下した日本には、
一種の自信喪失のためにそのような展開(韓国と中国の浮上)を
素直に受け入れられずにいる"、
"(3国関係が)安定するまで、相当な波乱があるだろう"と見通した。

村上氏はついで、
"核は核爆弾を連想させ、
原子力は平和利用を連想させるという理由で「原子力発電所」と呼ぶ"、
"しかし、これからはまともに「核発電所」と呼ぶべき"
と提案した。


参考サイト:中央日報 


♦ここまで引用♦

米沢牛

わが故郷自慢は、いろいろあるが、一つは何と言っても米沢牛であろう。
とろりとしたあのうまさは、食べてみた人でないとわからない。

米沢牛(よねざわぎゅう)は、山形県米沢市がある置賜地方3市5町で肥育された黒毛和牛が、
一定の基準を満たした場合に呼称される銘柄牛肉。
松阪牛・神戸牛と並んで日本三大和牛に数えられる。
また、松阪牛・神戸牛・近江牛と並んで四大和牛とも言われる。

米沢牛はまた「米沢のABC」とも言われ、地域の特産品の一つになっている。
米沢のABCとは、Apple(舘山りんご)、Beef(米沢牛)、Carp(米沢鯉)の頭文字を取ってのもの。
りんご、牛、鯉が米沢を代表する食べ物といっていいだろう。

以下はウィキペディアより抜き出したものである。
米沢にお越しの際にはぜひ一度ご賞味いただければ幸いである。
ウィキペディアの内容は、尾崎仁(著)『米沢牛物語』(エル書房 2010)を参考にしているようだ。


米沢牛の定義

下記の条件をすべて満たしたものを米沢牛と認めて、枝肉に証明印を押印し、
トレーサビリティーの番号を表示した米沢牛の証明書を発行する。
ここで枝肉とは、頭部,尾,四肢端などを切取り,皮や内臓を取除いたあとのと肉体をいう。
トレーサビリティ(traceability)は、物品の流通経路を生産段階から最終消費段階あるいは
廃棄段階まで追跡が可能な状態をいう。日本語では追跡可能性とも言われる。

1. 山形県置賜地方3市5町(米沢市、南陽市、長井市、高畠町、川西町、飯豊町、
白鷹町、小国町)に居住し、米沢牛銘柄推進協議会が認定した飼育者が、
登録された牛舎において18か月以上継続して飼育されたもの。

2. 肉牛の種類は、黒毛和種の未経産雌牛または去勢牛とする。

3. 米沢牛枝肉市場若しくは東京食肉中央卸売市場に上場されたもの又は
米沢市食肉センターで屠畜され、社団法人日本食肉格付協会の格付けを受けた枝肉とする。
ただし、米沢銘柄推進協議会長が認めた共進会、共励会または研究会に地区を代表して
出品したものも同等の扱いとする。

4. 生後32か月以上のもので社団法人日本格付協会で
定める3等級以上の外観並びに肉質及び脂質が優れている枝肉とする。

5. 山形県の放射性物質全頭検査において放射性物質が「不検出」※であるものとする。
 ※定量下限値25Bq/kg 2011年12月より。


歴史
1871年(明治4年)に米沢藩は英国と条約を結び、
上杉鷹山が開校した藩校(興譲館)に横浜に居留中の貿易商、チャールズ・ヘンリー・ダラスを
英語教師として招いた。

当時米沢では四つ足の動物は食べないとされていたが、故郷を懐かしんだダラスが
一緒に連れてきたコックの万吉に牛肉を調理させ食べたのが食用としての米沢牛の始まりである。

その牛肉のあまりのおいしさに驚いたダラスは任期を終え米沢を離れる際に、
牛を1頭を横浜に連れて帰った。そして仲間たちに振舞ったところ大好評で、
それがきっかけとなり米沢牛は全国に広まっていったとされる。

迷信 _ 学生エッセイ0048

学生エッセイシリーズは、韓国の日本語学科の学生らが書いた文章を紹介するコーナーです。
今回はその48回目で、CSLさんの作品です。
(違和感のある部分は、ブログ管理者が適当に直してます。)


<迷信> 
高校時代の私は、迷信をかなり信じるほうだった。韓国で伝来してきた話かどうかはわからないが、試験の前日にわかめ汁を食べると試験で滑るとか、試験当日に髪を洗うと水に流されるように試験にも落ちてしまうといった話。赤いペンで人の名前を書くと不吉だとか、死んだ人の名前を書くときにやるのであるってことを本当のことと信じてしまったために、いつも試験の当日には髪を洗わずに行った記憶がある。今考えるとちょっと笑ってしまうが、その当時はかなり深刻に考えて絶対に髪を洗わず脂でべたべたした髪で学校に行った。女子高だったから、学生全体がみんな長い髪だったが、高校はだいたい試験を4日連続でやるために、ある友だちは本当に4日間、べたべたの髪を結って学校に登校する場合もよくあった。私はそれほどではなかったが、その当時のことを考えてみると、私たちはかなり努力よりは運をもっと信じていたんじゃないだろうか。24歳、今の私に「試験は運にまかせろ!」と誰かが言うならば、韓国語で「미쳤어!?」( ミッチョッソ =   頭がイカれたんじゃないの)  と言うのではないだろうか。あの時の、純粋だった私たち。高校の同級生たちにとても会いたい夜だ。


<미신>
고등학교 시절의 나는 미신을 꽤나 믿는 편이었다. 우리나라에서 전래되어 내려오는 이야기인지는 확실하지 않지만, 시험 전날에 미역국을 먹으면 시험에서 미끄러진다던지, 시험 당일엔 머리를 감으면 물 떠내려가듯 시험도 떨어진다, 라는 이야기. 빨간색으로 사람의 이름을 쓰면 불길하다. 죽은 사람의 이름을 쓸 때나 쓰는 것이다, 라는 것을 진짜인 마냥 믿어버렸기 때문에 항상 시험 당일에는 머리를 감지 않고 갔었던 기억이 있다. 지금 생각하면 조금 웃기긴 하지만 그 당시에는 꽤나 심각하게 생각하여 절대 머리를 감지 안호 기름진 머리채로 학교로 갔었다. 여고를 나왔기 때문에 학생전부가 긴 머리였는데, 고등학교는 대체로 시험을 4일을 연속으로 보기 때문에 어떤 아이는 정말로 4일내내 기름진 머리를 묶고 학교에 등교하는 경우도 종종 보았다. 나는 그 정도는 아니었지만 그 당시를 생각해보면 우리는 꽤나 노력보다는 운을 믿지 않았나 생각된다. 25살, 지금의 나에게 “시험은 운에 맡겨!”라고 누군가에게 듣는다면 우리말로 “미쳤어!?” 라고 말하지 않을까. 그 때의 순수했던 우리. 고등학교 동창생들이 무척이나 보고 싶어지는 밤이다.

白頭山の噴火に備え…韓中、共同探査

0403Cheonji.png
白頭山 天地(チョンジ)

北朝鮮と中国の国境にある白頭山(ベクトゥサン 2750m)。
韓民族の心の故郷とも言われている山です。
いまは中国が白頭山の5分の3ほどを持っている状況のようです。
(北が中国に売ったわけですね。中国名、長白山)

この白頭山が噴火するんじゃないかというニュースで、
久しぶりに白頭山噴火に関するニュースがKBSで出ました。(1年ぶりくらいかな。)
富士山が先か白頭山が先か、っていうかんじになってますね。

この前の白頭山の噴火は、西暦920年から930年ぐらいの間にあったものと推定されています。
いろいろの文献を見ても、はっきりした年代がわからないようです。
日本の場合だと、いついつ地震があったかなどは、
いろいろの文献に今もはっきりと残っているのですが、
このあたり、ちょっと日本とはちがうのでしょうか。

もちろん韓国も記録の文化が非常に発達していたことは事実ですし、
歴史書も多いですが天変地異に関してはあまり関心を置かなかったのかも。
中国の歴史書にも、白頭山噴火の記録は見当たらないようです
(わたしの知っているかぎりでは、ですけど)。

この白頭山が噴火するようなことになれば、
北はそのときに自動的に崩壊することになるだろうと思います。

この前の爆発のときには、渤海(ぼっかい)という国が、
この爆発によって滅亡した、とも言われています。

♦ここから引用♦ 

<アンカーコメント>
白頭山の火山爆発の憂慮が高まっています。
このところ火山が爆発する前に現れる地質学的な兆しを見せています。
韓国と中国の地質研究チームが共同探査に乗り出すことに合意しました。
李ウンジョン科学専門記者が報道します。

<レポート>
2002年以降、急に白頭山で地震がそれまでに比べて数十倍も多く観測されました。火山活動が開始された証です。学界では、白頭山が噴火する場合、アイスランド火山噴火の10倍規模になるものと見ています。表面上は平穏に見える白頭山が危険な理由は、地下のマグマのせいです。地下10kmから下のほうに4つのマグマ層があるものと推定されていますが、地中情報は非常に不足しています。
韓国地質資源研究院は、中国科学院とともに今年の夏、白頭山国際共同探査を実施することで合意しました。共同研究チームは、まず地下12km地点、直径50km範囲を探査し、3次元マグマの地図を作る予定です。2018年には直接ボーリングで穴を開けて、1300℃を超える液体状態のマグマ部に接近します。
火山噴火を起こすマグマを研究すれば、白頭山がいつ爆発するか予測することができます。

<インタビュー>、李允洙(イ・ユンス)(韓国地質資源研究院博士):
「活火山はいつかは爆発するようになるものであり、多くの地元の専門家らによると、白頭山はいつ噴火してもおかしくない」
2012年から中国と接触して共同研究を成功させた韓国チームは今後、日本も働きかけ、韓中日3国プロジェクトに拡大する計画です。

KBS: http://news.kbs.co.kr/news/NewsView.do?SEARCH_PAGE_NO=&SEARCH_NEWS_CODE=3049403

♦ここまで引用♦

Ai―Girls(アイガールズ)

0401AiGirls.png 

わが故郷米沢のガールズグループ「アイ ガールズ」をご存じでしょうか。
たぶん、ご存じないですよね。

2013年のデビュー以来、今回5曲目のリジナル曲をお披露目することになったとことです。
わたしは、個人的に好きなグループなので、応援の目的でここにアップしました。
みなさん、どうぞ、曲を聞いてみてください。
みんなかわいくて、曲もいい曲です。
ちなみに本ブログと同年のデビューですね;;;;)


♦ここから引用♦

米沢発の社会貢献アイドルグループ「Ai―Girls(アイガールズ)」の
新曲発表会が28日、米沢市の置賜総合文化センターで開かれ、
5曲目のオリジナル曲「so sweet~君と」を披露した。

ご当地アイドルソングを手掛ける作詞家菊池諒さん(千葉県船橋市)から昨年10月、
「楽曲を提供したい」とメールでオファーがあり、オリジナル曲が制作されることになった。

作曲・編曲は、菊池さんと付き合いのある作曲家八木雄一さん(新潟市)が手掛けた。
発表会では、メンバー11人が「so sweet」のサビ部分の歌詞に合わせて
勢いよく跳びはねたり、ハート型にフォーメーションを組んだりと、
息の合ったダンスと歌を披露し、会場のファンを魅了した。

同市などの中高生を中心に構成するアイガールズは2013年4月、
市協働モデル事業に採択され、補助金を受けてデビューした。

15年度から補助はなくなるが、
地元イベントのステージ出演や福祉施設への慰問活動は継続する。

Ai―Girls育成プロジェクトの塩川智子代表は
「活動体制は変わるが、全国にファンを増やし、米沢をPRしていきたい」と
話していた。


参考サイト:山形新聞 http://yamagata-np.jp/news/201503/30/kj_2015033000674.php


♦ここまで引用♦

社会貢献アイドルグループというコンセプトのようですが、
これがどういう意味なのかは今のところわたしにはわかりません。
でも、社会貢献を目的としたグループということなんだろうと思います。
老人ホームとかいろいろの施設などへの慰問活動などにけっこう力を入れて
やっていくということなんだと思います。
なかなかの気構えじゃないですか。
こういう健康的な芸能人って、ほとんどないと思います。

米沢発のガールズグループ「Ai―Girls」。
がんばってほしいですね。

名前の「Ai―Girls」の、武将・直江兼続(なおえかねつぐ)公の
「愛と義」(Ai)と(Gi)をテーマにした、Ai-Girls(アイガールズ)ということだそうです。
すごいですね。
韓国の空の下から応援してまっせ。


デビュー曲をYoutubeでご覧になれます。
Youtube→ https://www.youtube.com/watch?v=prr05fb_NuY&feature=share&list=UUnlwk_VeNrkCZO-c0wwyzRw

(米沢日報サイトでも見られます http://www.yonezawa-np.jp/



 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

treenamu

Author:treenamu
韓国在住の日本人で、山歩きやサッカー、リフティングなどが好きです。小説・随筆なども書いてます。鴨長明、ヘッセ、バルザック、モーム、チャンドラーなどが好きです。スローライフがモットーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

韓流 (90)
学生エッセイ (79)
ランの窓 (2)
心と体 (12)
韓国のジョーク (4)
ふるさと (52)
詩 (12)
釜山さむらい (6)
数学 (9)
サッカー (11)
筆者のエッセイ (28)
未分類 (30)

カレンダー

03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索メニュー

RSS リンクの表示

リンク

이 블로그 링크에 추가하기

ブロとも申請フォーム

블로그친구신청

FC2Ad

Template by たけやん

動画ランキング