天安からアンニョン

日々の思いや韓流情報などをエッセイ風に書きます。韓国からの発信です。

おめでとう、ノーベル物理学賞!

今年もノーベル賞の季節になったと思ったら、
さっそくきょう10月7日(火)、夕方、
「ノーベル物理学賞に日本人3人」の報が入りました。
20世紀中の開発は無理とさえいわれた青色LEDに関する研究の成果が認められ、
名城大学教授の赤崎勇さん、
名古屋大学大学院教授の天野浩さん、
カリフォルニア大学教授の中村修二さん、
以上日本人研究者3人が選ばれました。
物理学賞は6年前の2008年に受賞した南部さんと益川敏英さん、小林誠さんの3人以来で
湯川秀樹からあわせて10人となります。
日本の物理学のレベルを世界に知らしめるすばらしい成果です。
心からお祝いしたい気持ちです。

♦ここから引用♦
ノーベル物理学賞に日本人3人
10月07日 18時59分ことしのノーベル物理学賞の受賞者に、青い光を放つLED・発光ダイオードの開発に成功し、フルカラーの大型画面の実現など様々な応用への道を開いた、名城大学教授の赤崎勇さんと、名古屋大学大学院教授の天野浩さん、カリフォルニア大学教授の中村修二さんの日本人研究者3人が選ばれました。
赤崎さんは鹿児島県出身の85歳。
京都大学を卒業後、当時の松下電器の研究所を経て、昭和56年に名古屋大学の教授になり、現在は、名古屋市にある名城大学の教授を務めています。
天野さんは静岡県出身の54歳。
名古屋大学を卒業した後、名城大学理工学部の教授を経て、平成22年から名古屋大学大学院の教授を務めています。
中村さんは愛媛県出身で60歳。
徳島大学大学院で半導体の研究を行ったあと、昭和54年に徳島県の化学メーカーに入社し、14年前からはカリフォルニア大学サンタバーバラ校で教授を務めています。
3人は、LEDの中でも製作が技術的に難しく、20世紀中の開発は無理とさえいわれた青色LEDの開発に取り組みました。
当時、結晶の素材としてほとんど見向きもされていなかった窒化ガリウムに注目し、赤崎さんが昭和60年に青い光を出すのに必要な高品質の「窒化ガリウム」の結晶化に世界で初めて成功しました。
さらに中村さんが平成5年、独自に開発した装置を使って、極めて明るい青色LEDの開発に世界で初めて成功し、世界中の研究者を驚かせました。
3人の成果によって、赤・緑・青の光の3原色のLEDがすべて揃い、組み合わせによってあらゆる色が出せるようになりました。
このため、フルカラーのディスプレイなど、さまざまな分野でLEDの実用化の可能性を広げました。
波長の短い青い色を出す技術は、DVDなどの記憶容量を大幅に増やすことができるブルーレイディスクの開発にもつながり、大量の情報をやりとりする現代社会において欠かせない技術となっています。
こうした業績で赤崎さんと中村さんは、平成10年に世界の電子工学の優れた研究者に贈られる「ジャック・A・モートン賞」を受賞したほか、赤崎さんは、平成16年に文化功労者を、中村さんは、平成14年にアメリカのノーベル賞といわれる「ベンジャミン・フランクリン・メダル」を受賞しています。
また、天野さんは平成10年にイギリスの「ランク賞」を受賞しています。
日本人がノーベル賞を受賞するのは、アメリカ国籍を取得している南部陽一郎さんを含め、おととしの山中伸弥さんに続いてあわせて22人になります。
物理学賞は6年前の平成20年に受賞した南部さんと益川敏英さん、小林誠さんの3人以来であわせて10人となります。
NHK:http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20141007/4816471.html

♦ここまで引用♦

物理学賞は、ノーベル賞の中でもなんといっても中心的な賞。
これを日本人がもらうとなると、ひとりでにうれしさがこぼれてきてしまいます。
韓国の人には悪いんですが、
ノーベル賞は韓国からはまだ出ていません(平和賞という特別枠は1人います、科学関係賞はいません)。
だから、韓国人と話すとき、ノーベル賞の話になると
たいていの人はあまりいい気持ちがしないんですね。
なるべくその話は避けたい、そういう無言のオーラがいつもあります。
そのうち韓国からも必ず出てくるものと思われますが、
いまのところはまだいません。
候補になるような学者はあまたいるようですが、
まだ現実のものとなって結実していませんね。
オリンピックだのワールドカップだのといろいろ世界の注目を浴びるイベントはありますが、
ノーベル賞ほどインパクトのあるイベントはないですね。
このノーベル賞で世界を驚かすのが一番の愛国者だと思います。
ヘイトスピーチをして外国人出て行けと叫び、心を傷つけるのが愛国者ではありません。
愛国者などという枠組み自体、わたしの好みではありませんが、
百歩譲っていい意味で使うとすれば、上のようなことになろうかと思う次第です。
とまれノーベル賞の3人の方々に心より祝福のことばをお送りいたします。
おめでとうございます。
また来年も日本からノーベル物理とか化学とか医学とかでるといいですね。

スポンサーサイト

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

treenamu

Author:treenamu
韓国在住の日本人で、山歩きやサッカー、リフティングなどが好きです。小説・随筆なども書いてます。鴨長明、ヘッセ、バルザック、モーム、チャンドラーなどが好きです。スローライフがモットーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

韓流 (91)
学生エッセイ (79)
ランの窓 (2)
心と体 (12)
韓国のジョーク (4)
ふるさと (52)
詩 (12)
釜山さむらい (6)
数学 (9)
サッカー (11)
筆者のエッセイ (28)
未分類 (30)

カレンダー

09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索メニュー

RSS リンクの表示

リンク

이 블로그 링크에 추가하기

ブロとも申請フォーム

블로그친구신청

FC2Ad

Template by たけやん

動画ランキング