天安からアンニョン

日々の思いや韓流情報などをエッセイ風に書きます。韓国からの発信です。

上杉鷹山(7)

米沢を代表する人といえば、この人「上杉鷹山」。このブログのカテゴリに「ふるさと」を入れてありますので、鷹山についてちょっと書くシリーズです。今回はその7回目。
7月7日ブログ上杉鷹山(6) の続きです。

○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ 

 この三つの役目は、驚くほどうまくかみあって機能しました。一般行政上の政策は、郷村頭取と郡奉行の手で実行されました。しかし鷹山は、「教育のない民を治めるのは手間がかかり効果もあがらない」と言って、そのような教育が教導出役によってほどこされ、「すべての人々に生命とあたたかい血を通わせ」ました。だが、その教育も規律を欠けば、やはり効果が上がりません。それで、もっとも厳しい警察制度によって、教育をより効果的に、慈悲をより目立つようにはかりました。このような民の統制制度を作り上げることのできた若き藩主は、おそらく、人間性についてよほど深い洞察力をもっていたに違いありません。
 この新体制は5年間、他からなんの妨害にあうこともなく実施されました。秩序が現われはじめ、絶望視された社会にも回復の希望がよみがえりました。そこへ、もっとも手痛い試練が訪れました。鷹山でなかったら、きっと挫けていたことでしょう。保守派が台頭したのです。彼らは私腹を肥やすわけではないが、旧態にそのまましがみつく人々でした。改革にはどんな形でも反対する人々でした。
 ある日、7人の重臣は、若き藩主のもとに来て不満を訴え、新体制の即時撤回の口約束を強要しようとしました。藩主は答えませんでした。藩主は、自分の評価を民に託すつもりでした。もしも人々が新体制に反対なら、その地位をゆずり、もっとすぐれた有能な人物に代わってもらう考えでした。


ここまで上杉鷹山(7)。『代表的日本人』(内村鑑三)より


スポンサーサイト

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

treenamu

Author:treenamu
韓国在住の日本人で、山歩きやサッカー、リフティングなどが好きです。小説・随筆なども書いてます。鴨長明、ヘッセ、バルザック、モーム、チャンドラーなどが好きです。スローライフがモットーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

韓流 (91)
学生エッセイ (79)
ランの窓 (2)
心と体 (12)
韓国のジョーク (4)
ふるさと (52)
詩 (12)
釜山さむらい (6)
数学 (9)
サッカー (11)
筆者のエッセイ (28)
未分類 (30)

カレンダー

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索メニュー

RSS リンクの表示

リンク

이 블로그 링크에 추가하기

ブロとも申請フォーム

블로그친구신청

FC2Ad

Template by たけやん

動画ランキング