天安からアンニョン

日々の思いや韓流情報などをエッセイ風に書きます。韓国からの発信です。

アンニョンW杯

2014ブラジルW杯が終わった。
これで寝不足の乱調生活から解放されそう。ある意味、うれしい。

W杯ってものがあるってことは昔から知ってたけど、
日本にいたころは、W杯を見たことなかったなあ。
日本が参加してなかったからだったんだろうな。

見はじめたのは1994年のW杯あたりからだった。
1994年といえば韓国に住んで数年たっていた。

1994年の6月のある日。テレビを見ているとなんでもアメリカでW杯があるという。
韓国は1994年のW杯にも参加していたため、テレビでもW杯を扇る雰囲気が大だった。

サッカーは、小学、中学のころに学校のクラブでいちおう選手としてやっていたため
関心はかなりある。今でもリフティングなら500回くらいは楽にできる。
ボールをくるっと廻すリフティング(この技術、何て言うのかわからないけど)もできる。

何十年ぶりかでサッカーの血がさわぐのを感じ、いつからはじまるのかを調べてみた。
6月17日から1か月くらいかけてあるという。

家で見るのが基本だけど、
この時は、韓国が試合をするときは仕事場(三星グループの綜合研修院)でも見れた。
アメリカでの開催なので、時差があるわけだけど、
記憶では、午前の10時くらいだったか、仕事場では全社員がいっせいにテレビの前に座り
韓国の応援をすることになった。いやあ、おもろい。仕事よりもサッカーか。
韓国っていい国だなあって芯から思ったなあ。

今年2014年は、日本も韓国も1次リーグ敗退という辛い結果となった。
実力がやっぱまだまだだなあと思う。
ゴール前に斬り込める選手がいないのがツライところだ。

ドイツを見ていて思うのは、世界レベルのスターはいないのかもしれないけど、
(でも、今となってはクローゼ、ミュラー、ゲッチェ、キーパーなどは世界レベルのスターだったということがわかったけど)

全員プラス控えの選手までもすべてメッシ、ロナルドの90%以上のレベルのサッカーマンだということ。
一人だけ突出した選手がいても、そのチームは勝てないみたいだ。
全員、まんべんなく突破もできるしゴールもできるし守備もできる、っていうチームが
勝てるみたいだな。メッシくらいじゃなくてもその70から90%くらいの選手で構成されていれば。

それにしてもブラジル、おもしろい結果を残してくれたものだ。
ブラジルでも7対1なんていうスコアで負けることもあるんだと知って、
かなり安堵感につつまれている。

コートジボアールに立て続けに2点くらった日本だったけど、
ブラジルの5点よりは100倍もマシじゃないか。ドンマイドンマイだ。元気を出そう。

サッカー王国ブラジルといえば、点を取るロボットあるいは必ず勝つロボットがやっているような気がしてたんだけど、
そうじゃなくてサッカーってのは、やっぱ生身の人間がやっているんだなってことがよーくわかった。

気持ちが切れてしまうと、さしものブラジルでも立て続けに5点も7点も食らってしまうんだってことがわかって
なんとなくうれしい。

やっぱ人間ってのは、気持ちが第一であって、その次に体ってことなんだろうなと思う。
霊性(心)が第一であってその次に体という構造になっていることがすごくよくわかった。
ブラジルよ、ありがとう。

2014年W杯でのいちばんの収穫は、わたしの場合、今書いたように、
人間ってのは、霊性(心)が第一であり、その次に体という構造になっている
ということをはっきり理解できたことだと思う。(ちょっと大袈裟かな)

ちなみに、ここ韓国。
韓国は昔からW杯に出てたんですね。驚きです。

表にして示しておきます。関心のあるかたはご覧下さい。

韓国のW杯の歴史  出場9回 (5勝 17敗 9分)
1954 1次リーグ敗退
1986 1次リーグ敗退
1990 1次リーグ敗退
1994 1次リーグ敗退
1998 1次リーグ敗退
2002     4位
2006 1次リーグ敗退
2010   ベスト16
2014 1次リーグ敗退
(2002年の4位が光ってますね)


日本のW杯の歴史  出場5回 (4勝 7敗 3分)
1998年:1次リーグ敗退
2002年: ベスト16
2006年:1次リーグ敗退
2010年: ベスト16
2014年:1次リーグ敗退

ちなみにきょうのタイトルのアンニョンW杯は、
「さらばW杯よ」、「W杯よまたね」、「W杯よ、また会おう」などの意です。



スポンサーサイト

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

treenamu

Author:treenamu
韓国在住の日本人で、山歩きやサッカー、リフティングなどが好きです。小説・随筆なども書いてます。鴨長明、ヘッセ、バルザック、モーム、チャンドラーなどが好きです。スローライフがモットーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

韓流 (91)
学生エッセイ (79)
ランの窓 (2)
心と体 (12)
韓国のジョーク (4)
ふるさと (52)
詩 (12)
釜山さむらい (6)
数学 (9)
サッカー (11)
筆者のエッセイ (28)
未分類 (30)

カレンダー

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索メニュー

RSS リンクの表示

リンク

이 블로그 링크에 추가하기

ブロとも申請フォーム

블로그친구신청

FC2Ad

Template by たけやん

動画ランキング