天安からアンニョン

日々の思いや韓流情報などをエッセイ風に書きます。韓国からの発信です。

山形弁

わたしの出身は山形県。
そして米沢市。さらに「スモモヤマ」という地名。
スモモヤマ。わたくしにとっては誇り高いこの地名ですが、
考えようによっちゃ、田舎の中のさらにド田舎だべ。

ダニエル・カールというアメリカ人がいますね、0703Daniel.jpg

みなさんよくご存じかと思います。
彼が有名になるころ私はこちら韓国にきてましたので、彼のことはインターネットでしか知りません。

でも、おもしろい人ですね。
山形弁もわたしよりもたっしゃで、すごいと思います。
高校のころから日本に来て、日本のことがシンから好きなんですね。
日本語をマスターして、「さあ、なんでもござれ。どんな日本語も聞き取れるんだよ」と自信満々でいたところ、
あるとき彼に話しかけてくる人があり、
耳を傾けてみるに、日本語は日本語なんだけど、
なんと言ってるのかまったくわからない。
「なんだこれは?」
と思い聞いてみるとそれは山形の人のことばだった。
このことばをマスターしようとして山形に住み着いたというエピソードがあるみたいです。
奥さんもたぶんですけど、山形の女性(ひと)だと思います。


われわれ、本当の出身者は、世の中に出て、山形弁で話すということは、
実際上、ほとんどできません。まず恥ずかしさが先に立ちますので。

なんでなんですかね。
同じ方言でも、大阪弁や京都弁は堂々とできるのに、東北弁はちょっとできない。
九州弁はできるのに、東北弁はできない。

静岡とか茨城あたりの方言もちょっとできない部類にはいるのかな。
やはり京都にみやこがあったころのなごりなのかしらん。
京のちかく、またその西のほうの方言は、都であるから恥ずかしさがないという
誰決めたともつかない固定観念ができあがったということなんでしょうか。
その点、蝦夷地でしたからね、ここ東北の地は。
(蝦夷はしかしながらだんだん脚光を浴びてきている面もあるみたいですよね。)

いちおうは日本語教師の端くれとしてこちらの大学の教壇に立つものとして、わたくし、
山形弁で講義をするわけにもいかなくて、
しょうがなく、(たぶん)ちょっと変な標準語でしゃべることになるわけです。

ダニエル・カール氏のように、堂々と山形弁でやりたいのですが、できません。
それで、さらに彼を応援したい気持ちが沸いてきてしまうわけです。

ダニエル、がんばれ。
山形弁はそれがしにまかせだがらな。


ダニエル・カール氏 youtube:
http://www.youtube.com/watch?v=gJ1pFjseaKk
「どうもす、おばんです、ダニエル・カールです」という挨拶の部分そのものからが「なまって」ますよね。
いいです。完璧な山形弁だべ。感動です。ぜひ見てください^^。
上の写真はyoutubeのものです。


スポンサーサイト

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

treenamu

Author:treenamu
韓国在住の日本人で、山歩きやサッカー、リフティングなどが好きです。小説・随筆なども書いてます。鴨長明、ヘッセ、バルザック、モーム、チャンドラーなどが好きです。スローライフがモットーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

韓流 (91)
学生エッセイ (79)
ランの窓 (2)
心と体 (12)
韓国のジョーク (4)
ふるさと (52)
詩 (12)
釜山さむらい (6)
数学 (9)
サッカー (11)
筆者のエッセイ (28)
未分類 (30)

カレンダー

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索メニュー

RSS リンクの表示

リンク

이 블로그 링크에 추가하기

ブロとも申請フォーム

블로그친구신청

FC2Ad

Template by たけやん

動画ランキング