天安からアンニョン

日々の思いや韓流情報などをエッセイ風に書きます。韓国からの発信です。

ビビンパプ _ 筆者のエッセイ0007

これまで、「西野カレン」「なべもの」とエッセイ的なものを書いてきました。このスタイルは、これからもときおり登場する予定です。折をみて、気が向いたとき書いていきます。
きょうは「ビビンパプ」と題するエッセイです。

< ビビンパプ >

日本では普通「ビビンパ」と呼ばれているが、本当はビビンパプ。
「パ」の次に「プ」という音が小さくついている。
これをパッチムというのだが、この概念はちょっと音韻論的に難しいのでここではこれくらいにとどめておく。

「プ」という音と書いたが、これも本当は「P」という子音だ。あくまでも「プ」=「PU」ではなく「P」である。

韓流ブームのおかげで、最近はビビンパプを知らない日本の方はいないかもしれない。
ご飯にいろいろの野菜や牛挽き肉を入れ、目玉焼きを乗せてあとは韓国独特のコチュジャンをたっぷり入れてかき混ぜる。
あ、そうそう、胡麻油もちょっぴり入れて。

スッカラク(スプーン)でまぶして食べるのだが、まぶしかたによって味も違ってくるといわれている。
上手な人がかき混ぜれば見た目にもうまそうだし、実際食べてみてもおいしい。
下手な人がやると、見た目もまずそうだが食べてみてもこれまた不思議とおいしくない。

結婚して数年間は家でビビンパプを食べるときはいつもかみさんがかき混ぜてくれた。
わたしのかき混ぜる様子があまりにも不器用に見えたらしい。
パッと微笑みを見せたかと思うと、わたしの器をすっと持ち上げ、鮮やかな手並みでかき混ぜてくれるのだ。

スッカラク(スプーン)の持ち方も独特だ。
親指と残り四本指でスッカラクをぎゅっとにぎる。
このときもちろん小指側にスプーンのアタマ部分が来るように持つ。
野球でグラブを手にはめるとき、中指を抜いたり小指を抜いたりするのがよく見られるが、
あれ式で、薬指と小指をスッカラクの下にもぐりこませ、
これでスッカラクの角度をある程度自由に調節できるようにして力を込めてご飯をまぜる。

わたしの感覚としては、そんなに力を込めたらご飯つぶが潰れてしまうんじゃないのかと思えるのだが、
ご飯つぶが潰れてぐじゃぐじゃになることはもちろんなくて、
短時間でほどよい加減に野菜とコチュジャンとご飯が混ぜ合わさり、出来上がりとなる。

ものの一分もかからないくらいだ。わたしがやると五分やってもうまく混ぜ合わせられない。

この愛のこもったビビンパプ。
ご飯どんぶりに野菜とコチュジャンを入れてかき混ぜるだけなので、わたしはこの料理は簡単な料理だと考えていた。

もうすこし言うと、いろんなおかずを作るのを省略するための一つの便法つまり手抜き料理(これは言い過ぎだが)と
思っていた。

ある集まり(モイム)で、「うちでよくビビンパプ食べてるよ」と言った。
他の家でも休みの日などにはよく食べてるものと思って。

ところがなんと女性連の言うことには、「ええっ! あんなに手のかかるのをよく食べてるんですって!」ときたもんだ。
「うちもよ」といったこたえを想像していたわたしとしては、まったくもって驚きのこたえだった。
ええっ? ご飯に野菜だけ入れてかき混ぜるだけのあの料理の、どこが手の込んだ料理なんだ?

女性連の言うには、ご飯はいいんだけど、野菜がたいへんなんだそうだ。
そういえばビビンパプに入る野菜は、にんじん、もやし、ほうれんそう、わらび、ぜんまいなどなど、
五種類も六種類も入る。
いざとなれば七種類くらい入るかもしれない。

その一つ一つを、まず買ってきて、洗って手入れをして、フライパンで炒めて、とやるのは、
女性にとってかなりの労働だというのである。
一つの「便法料理」などとまで思っていたわが浅はかさに、思わず顔の赤くなるのを感じた。
かみさんのことが、またひとつ好きになってしまったのは言うまでもない。(スイマセン)

戦争中、逃げたり隠れたりと時間のないときに、
大きな器にご飯さえあれば、あとは何でもぶっこんで、コチュジャンでかき混ぜてパッと食べて逃げる。
そのときの料理がビビンパプの起源だと聞いている。

起源はそうかもしれないけど、現代のビビンパプはまったく次元を異にしていたのである。

いちばん単純な料理だと思っていたビビンパプが、
実はそうではなく、むしろけっこう複雑な種類に属するものだと知ったときの驚きは、
このエッセイの仲間として(このシリーズの仲間として)十分にその資格を有するものだ。

思いが覆されるっていうのは、場合によっては落ち込む元になることもあるかもしれないけれど、
こういう驚きはむしろわれとわが身を明るくしてくれようというもの。

「えっ、そうなんだ」と驚く。
通信料金で払わなくてもいいようなものを払い続けていた。
こういう場合はちょっとショゲルが、「今気づいただけでもよしとしよう」と持ち直す。

ネアカ、生来の楽天家、もしくはテンネンということなのかもしれない。
はたまたこれはB型のなせる業なのかもしれない。いずれにしても天に感謝ではある。



スポンサーサイト

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

treenamu

Author:treenamu
韓国在住の日本人で、山歩きやサッカー、リフティングなどが好きです。小説・随筆なども書いてます。鴨長明、ヘッセ、バルザック、モーム、チャンドラーなどが好きです。スローライフがモットーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

韓流 (91)
学生エッセイ (79)
ランの窓 (2)
心と体 (12)
韓国のジョーク (4)
ふるさと (52)
詩 (12)
釜山さむらい (6)
数学 (9)
サッカー (11)
筆者のエッセイ (28)
未分類 (30)

カレンダー

05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索メニュー

RSS リンクの表示

リンク

이 블로그 링크에 추가하기

ブロとも申請フォーム

블로그친구신청

FC2Ad

Template by たけやん

動画ランキング