天安からアンニョン

日々の思いや韓流情報などをエッセイ風に書きます。韓国からの発信です。

日本語が原動力 _ 学生エッセイ0031


韓国の若者、大学生がどんな文章を書くのか。
学生エッセイシリーズは、韓国の日本語学科の学生らが書いた文章を紹介するコーナーです。
今回はその31回目で、KGTさんの作品です。
(違和感のある部分は、ブログ管理者が適当に直してます。)


< 日本語が原動力 >
 私が日本語を本格的に習い始めたのは高校2年生からだ。その前は趣味で日本ドラマや映画、アニメを見て、高校2年生になって第2外国語として日本語を選んで勉強するまで平仮名も良く知らない文盲だった。
 初めて平仮名から習ってあいさつや基本的な会話をする時まで楽しく勉強していた。しかし楽に勉強することができるのはそこまでだった。単語と漢字を覚え始めると、勉強するのが難しくなった。単語は日本ドラマや映画で見たのを記憶して知っていることがあってよかったが知っている単語の中で発音を間違えて覚えたものもあるし漢字はよく知らなかったためにたいへんだった。
 学生たちは試験を受けてからいつも勉強がよくできる友だちの周りに集まって問題の答え合わせをする。私の成績は中間ぐらいだった。そして中間テストを受けてからクラスで勉強ができる友だちに行って問題の答えがあっているか確認する方だった。しかし日本語の試験は私が聞きに行った友だちが私に来る科目だった。勉強ができる友だちが私に、この問題は合っているかと聞いてくるときはなんとも勉強した甲斐があったなあと感じられたものだ。それでそういう気分をほかの科目でも感じたくて勉強をがんばってした記憶がある。いまは私より日本語をよくできる人が多くいるから私が聞く立場だが、いつかほかの人が聞きに来る人になりたい。


< 일본어가 원동력 >
 내가 일본어를 본격적으로 배우기 시작한 것은 고등학교 2학년부터이다. 그 전까지는 취미로 일본 드라마나 영화, 애니메이션을 봤었고, 고등학교 2학년이 돼서 제 2 외국어를 일본어를 선택해 공부하기 전까지는 히라가나도 제대로 모르는 문맹이었다.
 처음 히라가나부터 배우고 인사말이나 기본적인 회화를 할 때 까진 편하게 공부했었다. 하지만 편하게 공부할 수 있었던 것은 거기까지였다. 단어와 한자를 외우기 시작하면서 공부하는 것이 힘들어졌다. 단어는 일본 드라마나 영화에서 본 것을 기억해서 알고 있는 것이 있어서 괜찮았지만 알고 있는 단어 중에서 발음을 틀리게 외운 것들이 있었고 한자는 잘 몰랐기 때문에 힘들었다.
 학생들은 시험을 치르고 나면 언제나 공부 잘하는 친구들 주위에 모여서 문제의 답을 맞춘다. 나의 성적은 중간정도였다. 그래서 중간고사를 보고 난 다음엔 반에서 공부 잘하는 친구한테 가서 문제의 정답이 맞는지 확인하는 쪽 이었다. 하지만 일본어 시험은 내가 물어보러 간 친구가 나에게 오는 과목이었다. 공부 잘하는 친구가 나에게 이 문제가 맞냐고 물어볼 땐 왠지 공부한 보람이 느껴졌었다. 그래서 그런 기분을 다른 과목에서도 느끼고 싶어서 공부를 열심히 했던 기억이 있다. 지금은 나보다 일본어를 잘하는 사람이 많기 때문에 내가 물어보는 입장이지만 언젠가 다른 사람들이 물어보러 오는 사람이 되고 싶다.


スポンサーサイト

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

treenamu

Author:treenamu
韓国在住の日本人で、山歩きやサッカー、リフティングなどが好きです。小説・随筆なども書いてます。鴨長明、ヘッセ、バルザック、モーム、チャンドラーなどが好きです。スローライフがモットーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

韓流 (90)
学生エッセイ (79)
ランの窓 (2)
心と体 (12)
韓国のジョーク (4)
ふるさと (52)
詩 (12)
釜山さむらい (6)
数学 (9)
サッカー (11)
筆者のエッセイ (28)
未分類 (30)

カレンダー

04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索メニュー

RSS リンクの表示

リンク

이 블로그 링크에 추가하기

ブロとも申請フォーム

블로그친구신청

FC2Ad

Template by たけやん

動画ランキング