天安からアンニョン

日々の思いや韓流情報などをエッセイ風に書きます。韓国からの発信です。

老眼


私たちはだれも年老いる。肌の弾力性は落ち、脂肪がたまり、しわは増えていく。目もまた例外ではない。誰も老眼を避けて通ることはできない。そうはいってもお手上げでばかりはいられない。老眼とその対処法について江南聖母病院眼科の金星煥(キム・ソンファン)院長に聞いた。

Q1. 老眼の原因は?
老眼は老化の一種だ。年を取るほど眼球調節力が減少するが、これは水晶体や水晶体の屈折力を調節する周辺の筋肉(毛様体)の弾力が落ちて現れる現象だ。もちろん若い時は毛様体の弾力が優れている。近い距離にある事物を見る際には毛様体が収縮して水晶体が厚くなることで屈折力が増加する。物事をはっきり見ることができるということだ。しかし年を取るにつれて毛様体の弾力が落ちて近い物を見る時も水晶体の屈折力が増加しない。ゆえに遠い距離はよく見えるものの、近い距離にある事物はぼやけて見えるようになる。老眼は遺伝的要因とは関係がなく、環境的要因とは関連がある。同じ40代半ばでも、個人に応じて偏差が大きいが、運動をやって老化に備えた人は、確かに老眼も遅く訪れる。

Q2. 老眼の主な症狀は?
近距離にあるものがよく見えないのはもちろん、時によって視界が悪くなるなどの症状が現れる。遠いものと近いものを交替で見るとき焦点の転換が遅れて本を読む時に目が疲れやすくなる。頭痛がでることもある。照明が暗い所で文章を読む時や小さな字を見るとき症状がひどくなる。見たい対象が遠くにあるほど比較的目が楽だしよく見える。

Q3. 老眼になる時期がだんだん早まっているということですが?
老眼は一般的に40代前半に始まり、50代に最も速く進行するものと知られている。しかし最近はパソコンやスマートフォンなどの使用が増え、老眼発生年齢が低くなっている。30代後半から老眼を経験したりする。老眼は性別とは無関係であるが、社会生活をたくさんする男性たちがどうしても家事をする女性より症状を早く感じる。
老眼の増加率2006年と2011年に患者800人を対象に調査した結果、最近5年の間老眼患者が急速に増加していることが分かった。

Q4. 老眼を豫防する方法はないのか?
老眼を防ぐ医学的方法はない。老けて行くのを防ぐことができないのと同じ論理だ。ただ目の健康に良いとされるホウレンソウ、カボチャ、ニンジン、ブルーベリー、ビタミン、オメガ3などを摂取することが役に立つ。世間に出回っているルテイン成分の目の栄養剤もいい。こうしたものが老眼の進行を少しは遅めてくれる。治療剤ではなく補助剤というわけだ。良い食べ物を摂取しながら着実に運動することが最善だ。
老眼の予防に向けた10つの心得
①過度な喫煙と飲酒は避ける。
②強い紫外線を避けてサングラスの着用で目を保護する。
③目にいいルテインとビタミンが豊富な緑黄色野菜と果物、タンパク質を十分摂取する。
④インスタント食品や過度に甘い食べ物は避ける。
⑤暗い照明で本を読むことを避けて適切な照度(白熱灯一つにスタンド蛍光灯を一緒に使用した程度)を維持する。
⑥バスや地下鉄のような揺れるところで本を読まない。
⑦TVは必ず電気をつけて見る。
⑧長時間作業をする時には、1時間ごとに5分ほど休憩をとる。
⑨コンピュータでは30センチ以上離れて作業する。
⑩40代以降からは1年に1~2回眼科検診を受ける。

Q5. 老眼を矯正する方法は?
一般的に老眼鏡を着用する老眼鏡は一番簡単な老眼矯正方法である。老眼の初期から中期、後期まで自分の状態に適合した眼鏡のレンズを選択することができるという長所がある。しかし、水晶体の調節力が減少するごとに眼鏡の度数を上げなければならないという点やレンズの部分部分の矯正の差に関して適応が必要だという点は短所だ。最近は老眼矯正術も多くある。この老眼矯正術は根本的に老眼を取り除く手術ではない。「20代の目」に完全に帰ると誤解するむきもあるがそうではない。手術後にも時々老眼鏡の助けをかりなければならない時もある。ただ、生活はずっと楽になる。手術は社会活動が活発な40代後半から50代が最も多い。手術の副作用としては、レーシック(LASIK)・ラセック(LASEK)手術と似ている。眼球乾燥症や夜間光のにじみなどの症状が現れることもある。

Q6. 最近脚光を浴びている老眼矯正術は?
老眼矯正術は、原因である水晶体はそのままにしておいて角膜に手を加え老眼鏡をかけるような効果を与えるのが原理だ。手術法は大きく3つに分けられる。

手術法は大きく3つに分けられる。
ウソンアン(主に使用する目)は遠い距離を、ビウソンアン(副次的な目)は近い距離がよく見えるように合わせるモノビジョン、それぞれの目から遠い距離と近い距離を分けて見られるように角膜を切削するマルチフォーカス、そしてドーナツの形をしたレンズを挿入して遠い距離、近い距離、中間距離ともよく見られるようにするカメラインレイなどだ。

現在一番好まれる手術法はマルチフォーカスだ。モノビジョンより費用が2倍ほどかかるが、両眼の視力差のために生じるめまいなどを防止することができる。モノビジョンとマルチフォーカスが一度で終わる手術に翌日のすぐ回復されれば、カメラインレイは計2回手術を進行して回復期間も3ヶ月程度で比較的長い。費用も3~4倍も高い。しかし、老眼に以降、ある程度進行されると言っても見ることに問題はない。以前にレーシック手術をした場合ならカメラインレイの手術を受けることができる。

白内障と老眼が同時に生じれば、混濁した水晶体を除去して人工水晶体を移植する手術を受けなければならない。既存の水晶体があった場所に焦点眼内レンズを挿入して遠い距離と近い距離がよく見えるようにする。この老眼矯正手術は方法によって10~40分程かかる。目の状態や職業、ライフスタイルなどを考慮した上で専門医と相談して手術法を決定するのがいい。


出典:朝鮮日報 http://premium.chosun.com/site/data/html_dir/2014/05/02/2014050201183.html?csmain


韓国も日本もだいたい同じような方法でやられているものと思います。

スポンサーサイト

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

treenamu

Author:treenamu
韓国在住の日本人で、山歩きやサッカー、リフティングなどが好きです。小説・随筆なども書いてます。鴨長明、ヘッセ、バルザック、モーム、チャンドラーなどが好きです。スローライフがモットーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

韓流 (90)
学生エッセイ (79)
ランの窓 (2)
心と体 (12)
韓国のジョーク (4)
ふるさと (52)
詩 (12)
釜山さむらい (6)
数学 (9)
サッカー (11)
筆者のエッセイ (28)
未分類 (30)

カレンダー

04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索メニュー

RSS リンクの表示

リンク

이 블로그 링크에 추가하기

ブロとも申請フォーム

블로그친구신청

FC2Ad

Template by たけやん

動画ランキング