天安からアンニョン

日々の思いや韓流情報などをエッセイ風に書きます。韓国からの発信です。

女 VS 男 _ 学生エッセイ0028

韓国の若者、大学生がどんな文章を書くのか。
学生エッセイシリーズは、韓国の日本語学科の学生らが書いた文章を紹介するコーナーです。
今回はその28回目で、女子学生KDIさんの作品です。
(違和感のある部分は、ブログ管理者が適当に直してます。)


<女 VS 男>
中学の時からたくさんの日本のドラマを見てきた。一番基本のドラマと言われる「ごくせん」は私が日本のドラマを見始めた頃一番流行っていたドラマだった。かっこいい男子の俳優がたくさん出ていて、わがままな所があったけど、面白かったドラマだった。

私が学んだほとんどの日本語はドラマを見ながら習ったもので、発音もドラマで聞いてマネするのが一般的だ。韓国とは違って日本語は男と女が使える言葉が区別されている。たとえば、「僕」は男が自分をさす時使う。女は「私」あるいは「あたし」を使う。これは本でも説明しているから、あまり特別な事ではなかった。私と同じ世代の若い人たちが使う言葉に興味があったが、よく聞く言葉では「うまい」が一番言いやすかったことばだった。簡単でなんかかっこよく感じれる発音の「うまい」「うめー」は、「おいしい」の意味で男が使うことばだと言う。韓国では「マシッダ」と言うけど、性別とは関係なくみんな使う言葉だ。若い人たちのなかでは「すごくおいしい」の意味で「デバク マシッダ」、「ジンジャ マシッダ」、「ワンジョン マシッダ」とは言えるが、男女で区別される部分はない。でも、日本で「うまい」は男のニュアンスが強いから、女は使わないと日本の友達から聞いたことがある。

それ以外にも「~なの?」「~かしら」「~ぜ」など、ことばの最後になにを使うかによって、女らしくも男らしくも聞こえる話し方がある。私が日本の友達とメッセージをした時、友達から「○○チャンはきれいな日本語で言うよね」って聞いた。それがなんのことかわからず何でだろうかと思った。「~しようよ、~したらどう、~ね」が私がよくメッセージの最後で使う言葉だけど、無意識のうちにインドネーションが強くない言葉を使っていたのかも。

外国人が韓国語を習う時「ヌン」が「目」、「雪」の両方の意味で使われることにこんがらがってしまうように、私がドラマを見て学んだ日本の言葉も同じだろう。女が男みたいな言葉をつかう時、日本人はどれくらいおかしく思うのかは今でも気になる部分だ。私には「おいしい」より、「うまい」がもっといいやすいけど。


スポンサーサイト

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

treenamu

Author:treenamu
韓国在住の日本人で、山歩きやサッカー、リフティングなどが好きです。小説・随筆なども書いてます。鴨長明、ヘッセ、バルザック、モーム、チャンドラーなどが好きです。スローライフがモットーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

韓流 (91)
学生エッセイ (79)
ランの窓 (2)
心と体 (12)
韓国のジョーク (4)
ふるさと (52)
詩 (12)
釜山さむらい (6)
数学 (9)
サッカー (11)
筆者のエッセイ (28)
未分類 (30)

カレンダー

04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索メニュー

RSS リンクの表示

リンク

이 블로그 링크에 추가하기

ブロとも申請フォーム

블로그친구신청

FC2Ad

Template by たけやん

動画ランキング