天安からアンニョン

日々の思いや韓流情報などをエッセイ風に書きます。韓国からの発信です。

韓国とのゆかり

最近の日本、韓国の関係は最悪の状況です。
でも、日本と韓国は昔からお隣さんとして仲よく暮らしてきました。
朝日新聞からです。


♦ここから引用♦

韓国中西部の公州(コンジュ)は、6世紀の日本に仏教を伝えたとされる百済の古都だ。
町を流れる錦江そばの丘陵に武寧王陵がある。

天皇陛下が2001年、誕生日前の記者会見で
「桓武天皇の生母が百済の武寧王の子孫であると続日本紀に記されていることに
韓国とのゆかりを感じています」と 語った王の墓だ。

その王陵から出土した宝物を展示する国立公州博物館で、
元小学校長の黄圭馨(ファンギュヒョン)さん(88)は、
訪れた日本人に、なめらかな日本語で、日本とのつながりも深い百済文化を解説している。

黄さんは日本の植民地支配下で教育を受け、国民学校の教員をした。
校長は日本人で「どれだけ日本人化しているか」で評価された。
徴兵もされ、旧満州(中国東北部)で日本の敗戦を迎えて故郷に戻った。

「どうせ学ばなければならないのなら徹底して」と身につけた日本語でいま、
日韓の交流に尽くす。

黄さんは解説の最後をこう締めくくる。

「韓国と日本には最近、異様な雰囲気が漂っていますが、
1500年前にさかのぼれば、仲むつまじく過ごしていました。
私は、韓日交流のための飛び石になりたい。
飛び石は時に洪水に流されるが、いつかは石の上にどんな流れにも耐えられる橋をつくりたい」

「歴史認識」をめぐり、日韓関係はこじれている。
だが、東京とソウルの政治家の間で交わされる言葉の応酬を追うだけでは、
大事なことを見落としてしまう。

韓国各地には、歴史を題材に地道な日韓交流に努める人がいるという事実だ。
その心の大きさには学ばされる。

日本海を見渡す南東部蔚山(ウルサン)の西生浦倭城(ソセンポウェソン)。
16世紀末の豊臣秀吉の「朝鮮出兵」で加藤清正が築いた城跡だ。

そこで、日本人の研究者や観光客らを案内する
解説士の金青子(キムチョンジャ)さん(60)は
「痛ましい歴史の現場で交流ができ、幸せな時代に生きていると感じます」と語った。
加藤清正を縁に、蔚山市と熊本市は友好協力都市になった。

金さんは韓国南部に残る城跡のほか、日本各地の城も訪ねて知識を磨く。
「互いに相手の歴史も知り、歴史をありのまま受け入れることが大切では」と話す。

日本と朝鮮半島の間には「痛ましい歴史」もあれば、「仲むつまじい時代」もある。
いにしえからの、深く長いつながりを意識しながら、互いの歴史を知る努力を重ねたい。

典拠:朝日新聞 http://digital.asahi.com/articles/DA3S11078770.html?_requesturl=articles%2FDA3S11078770.htmlamp


♦ここまで引用♦


黄さんのような方をわたしも数人知っております。
80代から90代の方々ですが、植民地時代に日本語をマスターし、今でも流暢に
日本語を操れる方々です。

中には、日清戦争のときの日本軍の英雄の銅像を
再興しようという考えをもってる方もいらして、
日本に対するプラスの感情がものすごく高い人もあまたおられます。

お互い日本、韓国の歴史を知り、相手を思いやる気持ちを
育てていきたいものです。



エッセイ集『おしょうしな 韓国』。お隣りさんを知るユーモアエッセイ集です。Amazonから閲覧可。

書評

通じ合えること _ 学生エッセイ0027

韓国の若者、大学生がどんな文章を書くのか。
学生エッセイシリーズは、韓国の日本語学科の学生らが書いた文章を紹介するコーナーです。
今回はその27回目で、女子学生IJHさんの作品です。
(違和感のある部分は、ブログ管理者が適当に直してます。)



<通じ合えること>

留学のため日本に行ってまだ時間があまり経っていなかったとき、
学校で学園祭があり、留学生たちは申請をしたうえで学園祭に参加することになりました。

学園祭に参加する留学生たちを集めチームを分け代表を選びました。
私がいたチームではみんなの意見で私が代表になりました。
日本語を学ぶために集まった留学生たちはさまざまな国からきていて、年齢の幅も広かったです。
そういう留学生たちを一つにまとめるには結構努力が必要でした。

それぞれの言葉を使う留学生たちとの疎通は、目を見ながら私の意見を伝えることから始めました。
はじめは一人ひとりに伝えていたことが、まもなくチームメート12人にすぐ伝わるようになりました。

学園祭では多少ありふれた焼き餃子を売ることになりました。
当時、他のチームではこれを売りさえすれば1位まちがいなしということで有名だった
ヨーロッパのおやつ「スーモア」、韓国のチヂミ、ホットケーキなどを売ることにしていました。

私のチームは販売順位では1位は狙わず、忘れられない思い出を作ろうということで
チーム全員が学園祭に参加しました。
三日間の学園祭。私は裏側で必要なお皿を持ってきたり、足りないところを補いながらみんなをサポートしました。

焼き餃子では上位進出は無理だと全員思っていましたが、その予想は見事に裏切られ、なんと2位になりました。
はじめは1位ではないからみんな失望するかもと心配しました。
しかし、学園祭が終わってもチームメートはみんな楽しかったと語り、
他のチームの人とは違って留学の1年間の間ずっと学園祭の話を口にしました。

みんなが楽しんだ学園祭となったわけです。
そして、完全な1位になるためには結果だけでなく過程も大事であることや、
いくらいい結果を得ようとしてもお互いの心の疎通が少なければ
関係はそれほど長く続かないことなどに気づきました。

実際には1位ではありませんでしたが、成功するための方法を教わったと思います。

通じ合うというのは、単に言葉のやり取りだけでなく互いの感情のやり取りだと思いました。
言葉が違うと情報を得ることが大変ですが、
通じ合えば言葉で表現できない何かプラスアルファのようなものが生じるものだと思います。



 

大韓民国が瓦解するんじゃないかと心配です

中央日報の記者のところに送られてきた一通の手紙。
70代のお年よりがしたためた手紙の内容が中央日報に載ってました。
ご紹介します。

♦ここから引用♦

「桜のように美しい子供達が無知な大人たちと罪深い世界のために、雪花のように散ってしまうとは…。」

5月2日金曜日、退社の直前。地下鉄2号線の事故のためすぐ帰れそうにない。
定時に帰るのはあきらめていた矢先だった。突然、自筆の手紙が一通到着した。
「なにこれ?」。
A4用紙3枚。
注意深く捲っていく。
著者は自分を70歳の引退老人と紹介しつつ、今回のセウォル号事故を通して感じた心情を淡々と書きつづってあった。
怒りと申し訳なさ、残念さなどだった。

「あまりにも虚しく崩れていく韓国の現実を見ながら、経済大国、韓流文化、強大国防を叫ぶ大韓民国が、
一瞬にして崩れるんじゃないかと心配です。」

「本当に恥ずかしいです。犠牲となった花のような子供たちに恥ずかしくて、
その泥沼の中でも輝いた義人たちに頭を上げることもできません。」

著者は毎年のように起こる大事故に、感覚の麻痺したこの国(韓国)のことを心配する。

「これでもう何回目ですか? 西海フェリー号事件、慶州リゾート惨事、忠州湖船上火災、大邱地下鉄火災など、
その時その時に安全不感症を反省して新たなマニュアルを作って約束をしたけど…、
大韓民国は総体的な手抜き工事の共和国という汚名を返上できていません。」

何度経験しても対処するときにはおろおろしていてまともに行動できない公務員に対する
失望と怒りも盛り込まれている。

「国民のためを標榜しながら、一生を公務員という遊び場でよく遊びよく食べよく生きてきたらそれで十分ではないか。
退職してまで自分一人さらにいい暮らしを望み新しい遊び場を作って何でも独占しようとするなんて…。」

手紙を読んで胸がつかえてつうんときた。
著者は最後のページに子供たちのための詩を書いている。
次の生があるなら、子供たちを守ってくれる良い場所に生まれてきてほしいと…。


<雪花が美しいのは…>
風よ、もうちょっと静かに吹いてくれ。
雨よ、もうそれくらい降ればいいじゃないか。
私、重くて今にも落ちてしまいそう。
私ね、この花(雪花)を咲かせるために
長い冬の北風も寒さも堪えてきたのに。

この世は、あんまりにもつれなくて憎らしい。
きのうは満開のわたしを見て美しいと言い
きょうは地に落ちそうな私を見て嘆声をあげ
感嘆も今や忘れ、踏みつけてしまう。
むしろ花なんか咲かせず、
かわいくもない木の枝や木の葉にでもなっていたらよかったのかも。

春の花よ 悲しく泣かないでおくれ
君が美しいのは 永遠ではなく
葉をほころばすために 散るゆえなのだから。  (翻訳筆者)


参考サイト:中央日報 http://joongang.joins.com/article/278/14597278.html?ctg=1200&cloc=joongang|home|newslist1


♦ここまで引用♦

今回の沈没事故で17歳、高校2年生の数百人が命を落としました。
高校2年生を花とたとえ、雪花とたとえて詩にしています。

いかなる意味があるのかはまだわかりませんが、
なんらかの大きな意味を持つ事故だと思います。
雪の花のように散っていった若い命たちよ、安らかにお休みください。



權なにがしの屈辱 _ 韓国のジョーク002

クォン(權)なにがしの屈辱


ある日、安なにがしが、道行くお坊さんを呼びとめた。

「お坊さん、ちょっとお聞きしたいことがありまして」
「はい、どんなことでしょうか?」
「私は、安なにがしといいますが、
    隣りに住む權なにがしという者が、ことあるたびに冗談に
「女が笠をかぶった姓 (安のこと) といいながら私をばかにし、こけにするんですよ。
    私もこの權なにがしをコケにする方法はないものでしょうか」

權なにがしには、他人の姓の揚げ足をとり、笑い物にしてはこけにするという
悪い習慣があったのである。

「しからば、日を決めて權なにがしを自宅に招待してくだされ。
    さすれば、わたくしめがあなたの家の前を通り過ぎますから、
   小生をお呼びくだされ。そのあとはわたくしめがよきように計らいます。」

安なにがしは、お坊さんからこのように約束をとりつけてもらった。 


約束の日、お坊さんが安なにがしの家の前を通りすぎようとしていた。

「もしもし、もしもし、大和尚様」

安なにがしが大急ぎでお坊さんを呼びとめた。

「はい。どうかなさいましたか」
「こちらに来て、酒でも一杯いかがですか」

お坊さんが安なにがしの応接間に入り、
お酒を飲みはじめた。
同席していた權なにがしがお坊さんに尋ねた。

「高僧様、姓はなんとおっしゃいますか」
「はい、わたくしめ、姓がちょっと複雑でございます。
    母がわたくしめを妊娠したとき、4人の男と関係を持ちまして
    小生の姓を知るのが困難となりまして、
    4人の男の姓であるイ(李)氏、ノ(盧)氏、オム(嚴)氏、チェ(崔)氏を
    すべて合わせて小生の姓を作ったと申しておりました。」
「ほう、それでその姓とは?」
「申し上げるのも恥ずかしいかぎりです。
    李氏からは、「木」の字を一つ取り、
    盧氏からは、草かんむりの艸を一つ取り、
    2度関係を持った嚴氏からは、口の字を二ついただき、
    崔氏からは、ふるとりの字(隹)を一つ取り、
    みんな合わせてクォン(權)氏の姓となったと申しておりました。」

自らの姓氏をばかにするお坊さんの話を聞いていた權なにがしは怒り心頭に発し、

「ええい、きさま、天下のアホウ家門、權氏だったのか」

といいながら、お坊さんに悪態をつき、自分は顔を火照らせるのだった。

すると久かたぶりに權なにがしをこてんぱんにした安なにがしは胸のつかえがとれ、
權なにがしにさらなる寸鉄を浴びせた。

「君と同じ家門(宗氏)の関係なんだね」

權なにがしは顔をひきつらせた。

その後、權なにがしは人の姓に対して
バカにしたりケチをつけたりいいがかりをつけたりする悪癖がなくなったそうな。

めでたしめでたし^^。


参考サイト:http://blog.daum.net/heeg1209/1181/ 
ちなみに、上のジョークは、特定の家門の悪口ではありません。一つの笑い話としてお受け取り下さい。


長寿には次の食べ物を避けるべし

缶詰のトマト、トウモロコシ牛肉、ポップコーン、ジャガイモ、養殖サケ、牛乳、りんご、 の7種の食べ物に注意をという朝鮮日報の記事です。
 0416tabemono.jpg


米国の医療専門家エバーリン・ヒギンズ博士が「口にすべきない食べ物7種」を発表しました。食べ物に注意するだけでも他の先進国より2倍も多くの医療費のかかる米国の現実を矯正することができるという主張。内科医師であり作家でもあるヒギンズ博士は、ダイエットおよび健康問題を扱ったラジオ番組の司会者として有名です。

彼が選んだ「バッドフード」の一番は缶詰のトマト。缶の中に入った環境ホルモン「ビスフェノールA」が酸性のトマトと反応して、生殖障害、心臓病、糖尿病などを誘発すると明らかにした。今すぐ瓶入りトマトに変えよと助言します。

トウモロコシや豆を飼料にした牛も警戒の対象。米農務省研究調査の結果、草を食べさせて育てた牛肉はビタミンE、オメガ3等がはるかに多く、「トウモロコシ牛肉」は栄養価が相当に落ちるといいます。

電子レンジで加熱しさえすればすぐ食べられるポップコーンは便利ですが、UCLA研究陣が実施した動物実験では、袋の中に入っている化学成分が肝臓、膵臓、男性生殖器などにガンを誘発するという結果が出ました。彼は「ポップコーン自体はカロリーがなく、とても良い食べ物だが、我々が幼い頃に学校でやったように、鍋で揚げた伝統的な作り方で作って食べるのが最高」と話します。

有機栽培でないジャガイモは最悪のよう。ジャガイモのような根菜類は農薬をそのまま根から吸収するため、いくら洗っても化学物質が除去されない。彼は「ジャガイモだけはすこし高くても有機栽培のものを選択すれば、後々よくやったなと考える時が来るはず」と述べました。

養殖サケは発がん性物質の多い魚飼料で育てているのが問題。飼料の中にはブロム処理された内縁材、殺菌剤、ダイオキシン、殺虫剤などが入っています。アラスカの天然物のサーモンが心臓を強くする魚油が豊富で、栄養価もあると助言しています。

ヒギンズ博士によると、牛乳をもっと多く生産するため、再調合された成長促進剤を乳牛に注射しているのが現実。このような成長促進剤は乳牛の乳房感染を増加させ、インシュリン様(insulin-like)成長因子と呼ばれるホルモンの数値を引き上げて乳房癌、前立腺がん、大腸がんなどの原因になるという調査結果があります。

りんごは他の果物よりいろいろの理由で農薬をさらに散布します。残留物に何の問題もないと果樹園側は言うけど、果樹農場労働者たちのがん発生率が他の職種より高いという研究結果があります。ジャガイモと同じように、有機栽培を食べたほうが真に価値のあることとヒギンズ博士は言います。

あまり神経質になるのもなんですが、こういうアドバイスに耳を傾ければ、明るい未来が待っているのではないでしょうか。

参考サイト:朝鮮日報  http://premium.chosun.com/site/data/html_dir/2014/04/16/2014041600206.html?csmain





« 新しい日記に行く  | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

treenamu

Author:treenamu
韓国在住の日本人で、山歩きやサッカー、リフティングなどが好きです。小説・随筆なども書いてます。鴨長明、ヘッセ、バルザック、モーム、チャンドラーなどが好きです。スローライフがモットーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

韓流 (93)
学生エッセイ (80)
ランの窓 (2)
心と体 (12)
韓国のジョーク (4)
ふるさと (54)
詩 (12)
釜山さむらい (6)
数学 (9)
サッカー (11)
筆者のエッセイ (28)
未分類 (31)

カレンダー

04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索メニュー

RSS リンクの表示

リンク

이 블로그 링크에 추가하기

ブロとも申請フォーム

블로그친구신청

FC2Ad

Template by たけやん

動画ランキング