天安からアンニョン

日々の思いや韓流情報などをエッセイ風に書きます。韓国からの発信です。

Kポップスター・シリーズ3

韓国のテレビ局SBSで、「日曜日が好き=Kポップスター・シリーズ3」という番組があります。
全国数十万の応募者の中から歌で1等を決めるオーディション番組です。

テレビに出るのは、20チームくらいに絞られてからです。
20チームから10チーム、そして次の週には8、次週に7といった感じで
週を追うごとにだんだん生き残りが少なくなっていきます。
まさにサバイバルゲームですね。

3月30日(日)には、生放送でトップ3が決まりました。
4チームが出て、1チームが脱落。3チームが残ったわけです。
来週はまた1チーム脱落して2チームが残り、再来週に1チームの優勝者が決まります。
優勝者は即歌手デビューできることになってます。
賞金も3億ウォン(約3千万円)という破格の待遇。

去年の4月15日ごろ、「アクドンミュージシャン」という兄妹について
別のブログに書いたことがあります。

「日曜日が好き=Kポップスター・シリーズ2」で、
10代の兄妹グループが優勝しました。(2013年4月7日)。

モンゴルに住んでいるようで、小さい頃に韓国からモンゴルに住むようになったようです。
父親の仕事の関係かと思いますが、詳しくはわかりません。
この兄妹。毎週、自作の歌を作って登場し、ミゴト優勝してしまいました。
歌の歌詞とメロディが、尋常ではありません。
プロ中のプロが作ったかと思われるような、ものすごい曲をひっさげて登場します。
主に妹が作詞、兄が作曲をしているみたいですが、詞も曲も、ともに天下一品です。
番組が終わるとすぐにネットはこのアクドンミュージシャンに対するカキコであふれんばかりです。
優勝し、歌手への道が開かれましたが、
彼らなら、もしも優勝の栄誉を逃したとしても、
まちがいなく歌手になることができるだろうと、誰しもが思うほど、
歌も上手で曲作りも申し分ありません。
ネットのカキコは、「天才」だというものが圧倒的に多いです。
わたしも彼らは天才だと思います。
どうしてあんなすばらしいメロディが、毎週毎週生まれるのでしょうか。
詞もそうですが、曲がまたすばらしいです。

去年シリーズ2での優勝者「アクドンミュージシャン」が
同じ番組で今度はプロとしてデビューするそうです。
たぶん、このシリーズ3の優勝者が決まる4月13日(日)でのデビューが濃厚です。

今回のシリーズ3での優勝者はだれになるでしょうか。
グォン・ジナ(10代少女)、セム・ギム(10代男子)、バーナード・バク(20代男子)の
3人の中から優勝者が決まります。

審査委員が「バク・ジニョン」、「ヤン・ヒョンソク」、「ユ・ヒヨル」の3人です。
それぞれプロの歌手や作曲家で、3人とも企画会社の社長でもあります。

彼らの審査評が、この番組の人気の一つでもあるようです。
歌を離れても聞き応えのある評をします。つまり、人間として学びになるようなことを
いつも言うんですね。韓国の中ではこのシリーズがはじまるとかなりの人気で
多くの若者をはじめオバサン、オジサンもかなり見ていますね。
毎週この番組がおわる午後6時15分ごろになると、ネットの中に多数のカキコが登場します。
「すごかった」「感動した」「誰々さんを残して」「涙で歌が聞けなかった」などなど。

若者の番組ですが、われわれオジサン世代にも感動的な番組です。


スポンサーサイト

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

treenamu

Author:treenamu
韓国在住の日本人で、山歩きやサッカー、リフティングなどが好きです。小説・随筆なども書いてます。鴨長明、ヘッセ、バルザック、モーム、チャンドラーなどが好きです。スローライフがモットーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

韓流 (90)
学生エッセイ (79)
ランの窓 (2)
心と体 (12)
韓国のジョーク (4)
ふるさと (52)
詩 (12)
釜山さむらい (6)
数学 (9)
サッカー (11)
筆者のエッセイ (28)
未分類 (30)

カレンダー

02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索メニュー

RSS リンクの表示

リンク

이 블로그 링크에 추가하기

ブロとも申請フォーム

블로그친구신청

FC2Ad

Template by たけやん

動画ランキング