天安からアンニョン

日々の思いや韓流情報などをエッセイ風に書きます。韓国からの発信です。

相手に気を使う _ (学生エッセイ0018)

韓国の若者、大学生がどんな文章を書くのか。
学生エッセイシリーズは、韓国の日本語学科の学生らが書いた文章を紹介するコーナーです。
今回はその18回目で、oyj さんの作品です。

<相手に気を使う>
よく見る日本のドラマとかアニメでふしぎなところは
韓国と違って日本人は相手のことについて神経をたくさん使うということ。

たとえば相手が話しているときには、必要以上のリアクションを使う。
韓国では普通相手が話しているときには相手の目を見ているとか、
適当にあいづちをうったりするのだが、
日本では韓国の対話法とちがって相手の話をよく聞きながら
韓国人が見るには負担とも思われるリアクションを使う。
まるで一文章が終わるたびにしているようだ。

そして、自分の意見や言葉を言うことがある場合、
しゃべっている途中ではなく話が全て終わった後で話す。

韓国人と異なりしゃべるのより聞くのをたくさんしているように思う。
そして話をする時にも、自分の考え方をどのように示すかということより、
相手の機嫌を取ることのほうにウエイトがおかれる時がある。

専攻科教授にたくさん聞く話に、
日本人は普通自分を下げる傾向が多いと言うことがあるが、
それは行動でもたくさん見られるし、話をする時にもたくさん見られるようだ。


<한국어 원문>
잘 보는 일본 드라마나 애니메이션에서 이상한 것은 한국과 달리 일본인은 상대에 대해서 신경을 많이 쓴다는 것. 예를 들어 상대가 얘기해 있을 때에는 필요 이상 반응을 사용한다. 한국에서는 보통 상대가 얘기해 있을 때는 눈을 보고 있거나 적당히 호응을 하거나 하는데, 일본에서는 한국의 대화 법과 다르게 상대의 말을 잘 들어 한국인이 보기에는 부담에 반응을 사용한다. 마치 한 문장이 끝날 때마다 하는 것 같다. 그리고 자신의 의견이나 말을 하는 것이 있다면 이야기가 모두 끝난 뒤에 한다. 한국인과 다르게 말하는 것보다 듣는 것을 많이 하는 것 같다. 그리고 말을 할 때에도 자신의 생각을 어떻게 사람에게 보여 줄 것을 목적으로 하는 것이 아니라 상대의 비위를 맞추기로 표시되는 때가 있다. 전공과 교수님으로부터 많이 듣는 이야기로 일본인은 자신을 보통 낮추는 경향이 많다고 하는데 행동도 많이 보이는데 이야기를 할 때에도 많이 보는 듯하다.

スポンサーサイト

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

treenamu

Author:treenamu
韓国在住の日本人で、山歩きやサッカー、リフティングなどが好きです。小説・随筆なども書いてます。鴨長明、ヘッセ、バルザック、モーム、チャンドラーなどが好きです。スローライフがモットーです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

韓流 (90)
学生エッセイ (79)
ランの窓 (2)
心と体 (12)
韓国のジョーク (4)
ふるさと (52)
詩 (12)
釜山さむらい (6)
数学 (9)
サッカー (11)
筆者のエッセイ (28)
未分類 (30)

カレンダー

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索メニュー

RSS リンクの表示

リンク

이 블로그 링크에 추가하기

ブロとも申請フォーム

블로그친구신청

FC2Ad

Template by たけやん

動画ランキング